| TOP |

ダンロップスポーツ展示会の模様

中学2年の甥っ子が「リアル中2病なんだよねー」というゴルミ姉の嘆きとともに、こんな画像がLINEで送られてきました。

IMG_0154.JPGさすがはゴルミの甥っ子。漢字の間違いすら非常に味わい深い。自室の壁にこんなものを貼っているようですが、まあ、ゴルフやってるし、ゴルフやってる奴は「ワル」になる暇はないので大丈夫でしょ。

ということで、本題。

ただいま各社の新製品発表会シーズンですが、ダンロップスポーツの展示会にも行ってきました。

20170122a.JPGまだ正式発表になっていないこちらのドライバー、SRIXON Z565 TGドライバー。TG=チタングレーってことで、カラーがグレーなんです。

20170122b.JPGで、どんなドライバーかと言いますと、スリクソンなのにヘッドスピード40m/s前後のゴルファーが対象。ヘッド体積は変わらず460㏄で、重量はSRで299gほど。そして、シャフトは新開発の軽量・Miyazaki Melas IIが入っています。価格は68,000円+税。4月22日発売予定です。とても構えやすい顔で、つかまりがいい感じがします。ノーマルタイプのスリクソンがちょっとハードだなーという方に最適。カラーリングひとつでも易しくみえていいね。そのうち正式発表となりますので詳細はお待ちください。

20170123t.jpg

そして、キラーン。何やら高級そうなこちらのボールは3月10日発売の「XXIO SUPER SOFT X」。ボールって硬いほうが飛ぶイメージですよね? でもこのボールはつぶして飛ばすという、新たなコンセプト。「スーパーやわらかい!」と謳っているんです。コアが10%、ミッドが36%もソフトになっており、ドライバーでもパッティングでもソフトさを実感できます。ダンロップ社の担当者は常にあたりまえのように、さらに呪文のように「外剛内柔」(がいごーないじゅー)と話してくるのですが、これがさらに高まっているんだとか。さらに大小5種類で構成されている338個のディンプルが超緻密に配置されているらしく、揚力の大きさとかにかかわってくるんですよ。普段、ボールなどまじまじと見ませんが、あらためて見るとなんか結構複雑に配置されてるんですよね、ディンプル。まあ、そう力もなく飛距離が欲しいゴルファーは、ツアー系ボールではなく、こっちのボールのほうがいいのは間違いなし。

20170123p.jpg

2月18日に発売されるのが、ローテックス3代目となるクリーブランド「RTX-3」。ブレードとキャビティタイプ仕上げ別にそれぞれ2種。こちら結構な人気シリーズなんですよ。従来モデルよりフェースの溝の本数が増えて、1つの溝の幅が狭く、深くなって、よりスピンがかかりやすくなったみたい。あとネックの部分も短くなってヘッドに余剰重量がいって重心の位置がセンターに近くなったのでフェースの挙動も安定するんだそうです。そして、なにより価格がサテンでもブラックでも15,000円+税とお求めやすい価格がいいね。ブラックのほうがコストがかかるので、結局サテンのほうが人気だけどほんとはブラック買ったほうがお得なんですよ。


・・・と、なんだかものすごく説明いただいた方々の熱意を感じ、たくさん書いてしまいましたが、間違ってるかもしれないので詳しくはダンロップ社のページでみてください 笑。新製品、是非皆様もお試しください!

ランキング参加中!ポチっと御願いできればと↓

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

カテゴリー: メーカーイベント

| TOP |

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mycaddie.jp/mt5/mt-tb.cgi/9942

コメントする