準決勝です。勝ち残った4人の勝負です。

相手は、我が鹿島の杜のエース、プラスハンデの兄さまです。

春先から、倶楽部対抗の練習ラウンドなどで一緒にプレーする機会も多いので、

相手のプレー振りはよくよく分かっていますが、相当手ごわい。

なんとなく、前半(準々決勝)の疲れとある意味の達成感、

当日の体調不良なども相まって、

良くも悪くも「なるようにしかならんぜ」と思いながらの開き直りラウンドです。

No.1(395y Par4)

ずーっと相性悪いホール。

なるようにしかならないので、ドライバーで打ったらしっかりフェアウェイ。

120yからピン奥3mナイスオンも下りのパット入らなーい。パーで引き分け。

No.2(568y Par5)

ティショット2UTから、セカンド3Wで横切るバンカーを超えて。

残り140yから、カラー、2パットでパー。相手はバーディパット入らず。引き分け。

No.3(211y Par3)

結構追い風だったのね。4UTで打ったらグリーン奥のエッジ。

二人とも似たようなところ。

変な下りのラインのロングパットで先に打った私のほうが寄ったんだけれども、

相手がいやらしいパーパットを入れてくる。一方私は入らず。ボギー。1ダウン。

No.4(423y Par4)

ティーショットナイスポジションから、

セカンド160y、ピンに対して上りのラインに強気に攻める。

相手はパーですが、私5m位のバーディパット入らず。パー。1ダウン。

No.5(469y Par4)

ティーショット微妙な当たりでセカンドが210y位残る。

セカンド追い目、4UTで手前バンカー。相手も同じバンカー。

ここからのバンカーは私のほうがよって、

相手はボギー、私は2m入れてパー。オールスクエア。

No.6(164y Par3)

このマッチ初のオナー。

さっきと同じ7番で打った。ちょっとスイングテンポ早かった。左に引っ掛ける。

アプローチ寄らずでボギー、相手はバーディチャンスから余裕のパー。1ダウン。

No.7(376y Par4)

ティーショットを右に大きく曲げる。

池には入らなかったがつま先下がりのラフ、からグリーン乗らずグラスバンカー。

結局寄らずでボギー。パーオンしている相手はパー。2ダウン。

(ちょっと何やってるの、という私。)

No.8(525y Par5)

(気を取り直して)

ティーショット・セカンドで残り70y地点。同じところ。

少し相手が遠かったので先に打つ。ピン1mにベタる。

それを参考に打ったつもりだけど、私ショート。相手がバーディパットを入れて。3ダウン。

(気を取り直したタイミングのこのバーディは、効くわ~涙)

No.9(416y Par4)

ティーショット変な当たりだけどフェアウェイ。

から180yのアゲインスト、打ち上げ、ピン手前。

ちょっと引っかかってグリーン奥。

相手もパーオンしないが、私は寄せワン失敗。相手は寄せワン成功。

で、4ダウン。

(厳しい~。)

ちょっと、集中力も体力も残ってない感じではあるけれども、

このままズルズルと、早く終わってしまうのも相手に申し訳ない。

なので、少しでも食って掛らないと、と開き直りの開き直り。

No.10(383y Par4)

ティーショット左ラフから、

つま先下がりのセカンド上手く打ったけど、ピン上でバーディ入らず。

しかし相手が短いパーパット外す。勝ち。3ダウン。

No.11(468y Par4)

ティーショットダグフック。

セカンド230y、超つま先下がりだけど、3Wで無理やりグリーン手前のバンカーまで持っていく。

相手はフェアウェイからだったけど、同じバンカーに。

お互いバンカーショット寄り切らずだけど、相手が先に5m位のパーパット入れてくる。

私入らず。ボギー。再び4ダウン。

(パターうめえなぁ・・・ちきしょー・・・)

No.12(246y Par3)

アゲインスト。

お互いドライバーでティーショット。

グリーン周りからお互い寄らずでボギー分け。4ダウンのまま。

No.13(384y Par4)

ティーショット引っかかって左ラフ、

からうまく打ってピンハイ、

でも大きく右に曲がる難しいライン。

もうプレッシャーもないので気持ちよく打って、

ようやくこんな変なラインのバーディパットが入る。バーディ。3ダウン。

No.14(470y Par4)

ティーショットまあまあも木にあたったか、距離が残る。

色々考えたけど、レイアップ。残り70yからアプローチ5m。

相手もグリーン横からのアプローチ寄らないものの、先にパーパット入れてくる。

私入らず、ボギー。4ダウン。

(ふーっ。ここまでかー、って感じ。)

No.15(571y Par5)※ドーミー

ティーショットマンぶり。

セカンドも3Wだけど、ズンダフ。

でもラッキーなことに、ウェイストエリア前の150yフェアウェイに止まる。

そこからピン横4m位。相手はあわやチップインのパー。

入れないと終わるバーディパットを決める。取り。3ダウン。

No.16(224y Par3)※ドーミー

2UTでピン横5mにオン。

相手はグリーン手前のエッジ。

相手のパーパット2m位あるも、

まあ多分入れないと終わるであろうバーディパットを、今一度ねじ込む。取る。2ダウン。

No.17(492y Par4)※ドーミー

最後の気持ちを振り絞って集中してドライバースイングする。

アゲてるからどうやっても2オンする距離まで行かない。

セカンド2UTでレイアップも右へ。右ラフから90yが4m位だけど、

準々決勝の時に回って知ってるけど、打ってはいけないサイドに行ってしまった。

(2打目をラフに打った時点でアカン。フェアウェイから打たないと。ここは左手前がマストだった。)

もはやここまでか。

強く打っても入るラインじゃないから、イメージだけ膨らまして打ったけど入らない。

相手も入らないけどボギーで引き分け。

2ダウン。

2-1で敗戦!

DSC_2768.JPG

終了~~!!(この右の赤線、私の生命線でした。ぱっつり切れました。笑)

DSC_2765.JPG

(最後はこんな感じで競技委員に見守られながら)

完敗、だなー。

勝ち負けあったけど、

結局、お互いパーオンせずで、

自分がパーセーブできなくて、相手がパーセーブできたホールが4ホール。

しかも、お互いグリーンを外した場所が明らかに差があったとも思えず。

つまり、アプローチの能力と、寄せきれなかった時のワンピン位のパッティングの差、

がモロに出たマッチだったなーと振り返ります。

後半の3バーディはある意味で意地見せた感はなくはないけど、所詮追い詰められた状況ですからね。

結局そんなことする前にパーセーブせーよ、ということは変わらない。

これはマッチプレーでも、ストロークプレーでもアマチュアであれば普遍的なテーマですわ。

所詮平均出せば60%にも満たないパーオン率なわけで、

残りの40%強はパーオンしないわけなので、

その状況からパーなのかボギーなのか、で、

アマなのか、

トップアマなのか、

超トップアマなのか、

だろうよ。と。

DSC_2770.JPG

あー夕陽が目に染みるー(笑)

これにて、今季競技は終了です!

とりあえず満身創痍、競技は来年まで、お休みです!!!!!

競技ゴルフをエンジョイするのではなく、エンジョイゴルフをガッツリエンジョイします!!

インスタ始めました:@hotchi0121

↓ 応援クリックよろしくおねがいします!!


 PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー:

TOP |

過去記事の一覧

プロフィール

ほっち 

1976 年1月21日生まれのA型。父親の影響で幼少時からクラブを握る。高校ではゴルフ部、大学もゴルフ同好会に所属して腕を磨き、08年には所属コースのクラチャンに。でも毎日、仕事に忙殺されている平凡なサラリーマンゴルファーです。「日本アマチュアゴルフ選手権」出場の夢に向かって日々頑張ります。応援宜しくお願いします!

【ドライバー】
本間ゴルフ TW727 455Sドライバー

【フェアウェイウッド】
本間ゴルフ TW727 FW

【ユーティリティ】
ブリヂストンスポーツ ツアーステージ X-UT(2011)

【ユーティリティ】
本間ゴルフ TW-U

【アイアン】
本間ゴルフ TW727Vn

【ウェッジ】
フォーティーン RM-22

【パター】
オデッセイ、VERSA(ヴァーサ) #9 ブラックヴァーチカル

【ボール】
ダンロップスポーツ スリクソン Z-STAR XV(2015)

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ