L字型風のアンサー型

2017031501.jpg

前回、「Oワークス」パターを購入したものの、なんとなくイメージが出ず売却。
もう少し、フィーリングの出そうな「#1W」を書い直しました。ここまでする理由は、やはり「マイクロヒンジ・インサート」。インパクト直後からすっと伸びる転がりの感触をもう少し活かしたいと思ったためです。

「#1W」は昨年、ダニー・ウィレットやジム・フューリックが使用して少し話題になったかもしれません。アンサーっぽい形状でネックがなく、ベンドしたシャフトが装着されてます。

2017031502.jpg

構えると、L字っぽいフィーリングも多少あり。
挙動はL字よりもずっと鈍感ですが、操作しやすい感じがあります。正直この白黒と赤いラインは苦手ですが、まあ良しとします。

スライスラインはひっかけ気味に打ったり、フックラインは押し出したりといろいろ使えそうなこの形状ですが、実際に使うとヘッドが重く感じて、どうも調子でないです。ヘッドが重いせいかと思い、ソールに装着されているウェイトを外したりしましたが、もうひとつピリッとしません。2本めも失敗かと、やや不安になります。

 

2017031504.jpg

純正のグリップは、スーパーストローク。
これが軽いのがどうもしっくりこない原因かなと。スーパーストローク使っている人は多いですが、僕自身は少し苦手。というよりゴムの感触が好きなんですよね。太さとかはいいのですが、もう少し材質が手になじまない感じがします。

2017031505.jpg

この純正グリップは面白くて、グリップエンドにウェイトが装着されていて、これが交換できるようです。このウェイトをより重いものに交換しようかと思いましたが、せっかくなので、マスダゴルフのスリックフィットグリップのパター用にスイッチしました。純正グリップは約50g。交換したグリップは、約90gです。

結果から言うと、これが見事にハマり扱いやすくなりました。
やはり手元よりに重量があると扱いやすいですね。これでようやく操作感が良くなって、意図していたL字っぽい使い方も出来るようになりました。

操作できると、このパター本来のボールの転がりの良さを活かせそうな気がします。
まだほとんどラウンドで使っていないのですが、早めに試そうと思ってます。

 

 

TOP |

過去記事の一覧

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31