ディープフェースの硬派なヘッド

2017040401.jpg

オノフの新しい黒ドライバーを打ってきました。
チタンヘッドのスプーンも非常に評判良くて、片山晋呉プロが実戦で多用しているようですが、このドライバーも片山プロ監修ということです。いいという人が多くて気になっていたんですが、ようやく試打できました。

2017040402.jpg

最近のドライバーは、ややシャローで投影面積は大きめ、ヘッド後方は低くなって重心位置が深く低くなっているモデルが主流ですが、このオノフ黒はディープフェースでハイバック、ゲンコツのようなゴツい感じのヘッドです。

フェースに複雑なミーリングが施されていたり、構えたときにはっきりと分かるクラウン部の溝があったり、正統派とは言い切れない感じですが、これだけハードな外観はあんまりない気がします。

2017040403.jpg

実際に練習場で打ったり、1ラウンドしたりしましたが、やはり見た目通りのハードな感じ。ボールは低スピンで飛んで、見た目にも重いボールになります。つかまりはそれほど悪いわけではないですが、ちょっと頑張って振らないといい球が出ない感じです。

シャフトが純正だったんですが、フレックスSは60g台。このシャフトとの組み合わせだと、たしかに楽には打てない感じです。国内メーカーからこれだけ本格派の上級者向けモデルが出るのは、なんだか不思議な気がしますね。男子の使用プロが大勢いるわけでもないので。意外とハードヒッターのニーズはあるのかもしれません。

カチャカチャもないし、弾道調整もないので、このシャフトがハマればいい感じです。調整する必要があると、ちょっと面倒ですね。ヘッドもシャフトも安っぽくなくて、しっかり作ってる感じがします。この作りなら値段は高くないかもしれません。ヘッドスピードがもう少し、速ければハマったかもしれませんね。

カテゴリー:

TOP |

過去記事の一覧

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31