イ・ボミの要望に応えたドライバー

2017021801.jpg

「GBB EPIC」を早々に購入したり、FWやUTが変わったりと、僕のバッグも色々と変化があるのですが、試打もわりとしてます。この季節は室内で計測しながら試打するのが良いですね。

打ったのは年末ですが、特に印象に残ったのが本間ゴルフの「TW737 450」でした。このシリーズは4機種出ていて、もちろんすべて打ちました。同じような見た目と同じようなターゲット層で4機種も出すなんて、と思いましたが、はっきりと個性が別れていて、とても面白かったです。中でも、僕が印象が良かったのが「450」です。

2017021802.jpg

まず、何と言っても見た目がいい。
4機種全ていい顔ですが、なかでも「450」が格別ですね。形状の良さをウリにしてるクラブは少なくないですが、中でも本間のバランスの取れた顔は綺麗に見えます。打感、打音も良くて、適度に弾き感もあるので、打っていて心地よいですね。このあたりは、海外ブランドとくらべても一日の長がある気がします。もっとも、海外では硬めの打感のほうが好まれるのかもしれませんが。

見た目通りの操作性の良さと振りやすさがあります。
こういうクラブって、イマイチ飛ばないことも多いのですが。このクラブは上がってから人伸びしてくれて、飛距離が出ますね。ボールを曲げやすいし、いかにも上級者に好まれそう。そしてなんと言っても飛ぶのが魅力です。

本間の4機種は、プロの要望に応えて作ったということですが、そうしたフィードバックを上手く形にしてるなと。プロたちも流石だなと思います。とても完成度が高いクラブで、もっと評価されても良さそうです。今年のツアーで活躍するかもしれませんね。

購入するには、ちょっと高いかな。調整もできないので、ちょっとリスクを感じます。あと、どちらかというと中上級者向けですね、やはり。

使っていて心地よくて、機能も優れている。また使いたくなる、ボールを打ちたくなるクラブだと思います。
クラブって、そういうところが重要なんじゃないかと。目新しいものは、すぐ飽きられがちですね。

カテゴリー:

TOP |

過去記事の一覧

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28