| TOP |

ナイキ「TW'14」シューズ

2013072301.jpg

 タイガーの優勝を予想した全英オープンでしたが、フィル・ミケルソンが最終日の大まくりで逆転優勝。ミケルソンは、あと全米オープンを勝つとキャリア・グランドスラム達成。ジャック・ニクラウスやゲーリー・プレーヤーといったレジェンドと肩を並べることになります。ミケルソンが全米オープン勝っていないのは意外な感じもしましたが、なんと2位に6回もなっているらしいです。なんだかもったいないですね(笑)
今年は、松山くんも大いに活躍し盛り上がりましたね。

 さて、タイガーが着用していたのがこの7月に新しく発売となっていた「TW'14 」シューズ。タイガーも自身のTwitterで紹介するほど気に入っているようでしたが、僕は前作の「TW'13」の愛用者。それもかなり機能に惚れ込んでいたので、今回の「TW'14 」にとても期待していました。
 というわけで、ほとんど検討することもなく即購入しました。2万円台半ばの出費は結構痛いですが(汗) 早速、ラウンドで使ってみました。ゴルフシューズの良し悪しはゴルフ場でないとわからないですね。


2013072306.jpg

2013072302.jpg
前作「TW'13」の最大の特徴が、足の甲側をぐっと包み込むようなフィット感。あんまり例えはうまくないのですが、最初に履いたときは、草鞋(わらじ)のようなシューズだと思いました。ソールに足をおいて、その両端から締め付けられるような感じです。
?特徴のあるナイキ「フリー」ならではのソールの屈曲性で、足と同化するような心地よさとかなり強いグリップ力で、なんだか忍者になったようなシューズでした。

今回の「TW'14 」は、このアッパーのワイヤー部分が更に進化していて、靴ひもと連動し足を包み込みます。「TW'13」で唯一不満だったのが、アッパー部分のペラペラ感。フラッグシップモデルの割になんだか安っぽい感じがしたのですが、今回の「TW'14」は、アッパー部分がしっかりとした合成皮革素材を採用していて、タイガーのシグニチャーモデルらしい、重厚感が出てきました。


2013072304.jpg
実際のラウンドでの感想ですが。
暑かったり、プレーに夢中だったこともあり、あんまり覚えてないんですよね(笑)
しっかりとしたフィット感があって、疲れを感じることもなく、傾斜でも安定してショット出来ました。シューズがことさらに主張するのではなく、プレーのサポートをしっかりしてくれた感じです。


2013072303.jpg

2013072305.jpg

かなりの猛暑でしたが、シューズ内も快適。足とシューズに遊びがなく、しっかりしたホールド感があって、なおかつ高い屈曲性で足の動きに連動します。新しく通気孔が追加されたり、かかとのホールド感が強化されたりしているみたいですね。このシューズの履き心地は、他では得られないものです。僕も一年間このシリーズを愛用し、すっかり愛着が湧いています。
今は、「TW'13」が型落ちで安くなっているので、それもオススメですね。

もちろん「TW'14」もオススメ。高級感があってシリアスゴルファーに見える効果があります(笑い) タイガーと同じシューズが履けるのも嬉しいですね。ちなみにマキロイは、このモデルではなく「ルナコントロール」というシューズを履いているとのこと。

ナイキネタが続いてしまいましたが、ボール、クラブ、シューズなどナイキも結構いいプロダクトを出してると思います。上級者ゴルファーも先入観にとらわれずに試してみると、いいんじゃないかなと感じます。競技の会場に行くと、ほとんどタイトリスト&フットジョイだったりしますからね。まずは以前の記事で紹介したボールあたりからがいいかなと。

カテゴリー:

| TOP |

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ナイキ「TW'14」シューズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mycaddie.jp/mt5/mt-tb.cgi/6916

コメントする

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント