TOP |

オデッセイ「Oワークスパター R-LINE」パター

「マイクロヒンジインサート」

2017030201.jpg

オデッセイは、毎年のように新しいアイディアのパターを次々出してすごいと思います。定番とアイディア物と両方やれば良いなと思うのですが。今年のモデル「Oワークス」は、ウレタンカバーの上にかぎ爪上の金属製ヒンジを搭載したという「マイクロヒンジインサート」という新しいフェース面を採用しています。

ソールにはウェイトがつき、グリップエンドにもウェイトが装着されているなかなか凝った作りです。「R-LINE」というマレット型パターを購入しました。

2017030202.jpg

これが「マイクロヒンジ・インサート」で、このつぶつぶみたいなのがステンレス製のかぎ爪になっているようです。

打ってみると、インパクト後の最初の転がりからすっと伸びるような感じになります。すぐ順回転になるという触れ込みですが、そのとおりに最初からいい転がりになります。

パターにはロフトがあるので、少しキャリーしてからスキッドして、それから順回転に入ります。そのスキッドの距離が短く感じられるのが特徴かなと。これは、僕のようなアマチュアが打っても明らかに転がりの違いが分かるレベル。僕は昔からパットの転がりがよくないのにコンプレックスが合ったので、この転がりを見て、これはすごいと思い、あまり何も考えずに購入したわけです。

2017030203.jpg

あまり検討もせず、オーソドックスなマレットに見えた、「R-LINE」という形状を購入。
構えた時に見える白いラインどおりに打ち出すイメージが湧きます。

特に短いパットの時に、すっとボールが伸びてくる感覚が良いですね。
転がりが良くなるので、安心感があります。

しかし、このマレット型がイマイチフィーリングが出ない。見かけから真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す感じなのですが、個人的にはアプローチに近いイメージでパッティングを行いたいので、気分よく強く打てない感じなのです。

というわけで、早々と売却決定。
「Oワークス」自体は魅力的なので、他の形状も試してみることにします。

カテゴリー:

TOP |

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オデッセイ「Oワークスパター R-LINE」パター

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mycaddie.jp/mt5/mt-tb.cgi/9964

コメントする

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント