ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
28,013
登録商品件数
8,655
Q&A質問数
3,311
Q&A回答数
15,704
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
UTの克服
12212
みなさん!教えて下さい。私はアイアン派でUTが苦手です。練習場ではそこそこ打てますが
いざ本番では、チョロが多く怖くて使えません。

せっかく買ったのに・・・!克服方法をご教示願います。

1)アドレス時のボールの位置はどの辺ですか?

2)はらう様に打ちますか?それとも打ちこみはますか?

よろしくお願いします。
 関連用語: アイアン  アドレス  チョロ  ボール 
 回答数:7 | 閲覧数:38170質問者:mori-7298  質問日時:2011/7/28 (木) 0:33 
mori-7298さんのコメント
たくさんのアドバイスありがとうございました。
早速、練習場に行き皆様のアドバイスを試すべく張り切って行きました。

ところが、練習前のストレッチで悪夢が・・・!

ギックリ腰になってしまい、地獄の苦しみに・・・!

今は、病院でリバビリの毎日です。

誰か、ギックリ腰の克服方法知りませんか?
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. とりあえず  回答日時:2011/7/28 (木) 5:51
1737
この質問からは よくわからないのですが  
アイアンがとくいで、UTが苦手ということですが
FWとか DRはどうなんでしょうか?
ミドルアイアンが打てれば UTも打てるはずなんですが・・・
たぶん 苦手意識がはたらいて 体が固まってしまうのと、はらうとか 
打ち込むとか 気にしすぎてると思います。
アドレスのボール位置にしても、練習場は平らな所ですが、本番は平らな所が 少ないので練習場のようなボールを期待しないほうがいいでしょう。
まずは ハーフスインブというか、スリークウォータースイングで 低い球でいいから打ち始めたらいいと思います
練習場のマットだとすべるので すくい打ちにきおちけてください。
あとは 得意なクラブとUTを交互に打ってみるのもいいと思います。
とにかく 体によけいな力をいれずリラックスして苦手意識をなくしてください。 イメージがよければいい結果がでます。
参考にならなかったかもしれません
ガンバッテください。
2. クリームランド  回答日時:2011/7/28 (木) 7:45
1763
アイアンが打てるならUTも打てるはずです。ボールの位置や打ち方はアイアンと一緒です、フェイス面が縦に分厚いタイプのUTを選択されるとよいかもしれません。もしくはアイアン型UTを検討するのもアリです。
3. しゅん  回答日時:2011/7/28 (木) 8:59
1755
チョロはトップチョロでしょうか?
UT苦手な人は大体が力み過ぎの人が多いと感じます。
どちらかというと飛距離よりボール運ぶクラブですから、優しく運ぶイメージで7分くらいの気分で打つことをオススメします。
ボールの位置は真ん中より左足寄りでしっくり来るところ。
払うか打ち込むかは自由ですが、元々は打ち込む必要が無いクラブだと思います。
4. 8686  回答日時:2011/7/28 (木) 10:34
1729
打ち込むか払い打ちかは、購入されたUTのタイプにもよると思いますが、アイアンが得意との事ですので、まずはアイアンと同じ打ち方で、安定して打てるボール位置を探してみるのはいかがでしょうか?

打ち込むのであればスタンスの中心に寄ってくるでしょうし、払い打つのであれば、若干左足寄りになってくると思います。

また、つかまりすぎるのであれば若干右に、つかまらず右に出てしまうのであれば若干左にと微調整するのもありかと思います。

「得意のアイアンと同じように打てばいいんだ」と思えるようになれば、おのずと力まずにいいスイングが出来るのではないかと思います。
5. toki163  回答日時:2011/7/28 (木) 17:59
1686
飛ばそうと思って、力んでしまっているのでは?
あまり難しく考えず、アイアンと同じ感覚でスイングすれば大丈夫だと思いますよ。
ロングアイアンより簡単!!って思うかもしれません。
ただ気になったのは、アイアンからUTへの重量の繋がりです。
UTが軽すぎたり重すぎたりしていませんか?
軽すぎると、トップしたりポッコンしやすい傾向にあるようです。
逆に重いと、ダフったりする傾向にあるようです。
一度、調べてみては如何でしょうか?
参考になれば幸いです。
6. shingo119  回答日時:2011/7/29 (金) 11:18
1888
私のイメージですが。

UTには色々な種類があります。
ウッドタイプとアイアンタイプ。
グースがあるようなものもあれば,出っ歯のものもあります。
1,2の御質問には,その種類によって変わってくるように思います。
(中には,どのようなクラブでも変わらない方もいらっしゃりますが。)


まずは御自身が構えやすい種類のUTを選ばれるべきだと思います。

様々なUTを使用しましたが,構えたイメージでショットの感覚が全然違います。
たとえナイスショットが出たとしても,構えにくいUTであれば,クラブの流れがとどまります。

私はウッドが好きなので,ウッドタイプのUTを使用したりしてきましたが,
ここ最近は,上達を図るためにアイアンタイプのUTを使用していこうと思っています。

また,すでに記載されていることですが,シャフト重量が合わないために,UT
が打てず苦手になる人もたくさんいらっしゃります。
思っているよりも難しいのがUTですし,思っているよりも簡単なのもUTです。
同じ種類でもロフトによって難易度が極端に違ったりしていますので,打てる範囲のものを選んでいくしかありません。

現在,ロマロのUT(ウッドタイプ)とEPONのUT(アイアンタイプ)を所有しています。
EPON:AF−901,19度,ATTASHY85S40インチ
ロマロ :RayUT ,18度,ATTASHY75S40.25インチ
他,EPON:22度,25度とロマロ:21度,24度も所有。

私はまだまだアイアンタイプのEPONは,ライ角も合わせているものの,構えただけで難しく感じてしまいます。
短いスチールシャフトにしていれば,もう少し流れもできて難しく感じなかったように思います。
ミート率や飛距離などもウッドタイプの方が断然高く,ラウンドではウッドタイプのUTを使用しています。
そして,上達のためにアイアンタイプで練習していこうと思っています。
7. 横浜taka735  回答日時:2011/7/29 (金) 22:01
1666
あくまでも皆さんと違う視点からのアドバイスですので・・
 すべて想像から考えいますので・・・
違っていたらスルーしてください。
 
 全体のセッティングはどのような構成なのでしょうか?
マイページを参照すると
  ●第2打の長い距離を打ちたい。
  ●よってロフトは20度以下ではないでしょうか??
 
 前からよく書いていますが・・・
 HS早くない方・FW打たない方は
  ●この長さのシャフトは長くてよって・・・苦手
  ●HS早くないからボールがあがらない等の弊害でます。

 アイアンの次に長い距離を打ちたいなら。。。
  ●まず難易度の低い24°を購入
  ●次に21°前後を購入してステップアップしたら
   どうでしょうか????

 長々書きましたが・・
 楽しいゴルフライフ送ることをお祈りしております。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
ゼクシオXの最新評価を公開!
12月9日に発売されるゼクシオ10代目モデル『XXIO X』。先行試打会の参加者インプレッションを絶賛公開中! 気になる評価は?
banner
NEW RMX プロ絶賛の理由は?
“勝つために、進化”をコンセプトに開発されたヤマハ新製品『NEW RMX』。藤田寛之、今平周吾らも絶賛するその性能は?
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
待望の『ゼクシオ X』誕生!
「飛びの“芯食い体験”」でゼクシオ史上最大の飛距離を実現。『XXIO X』シリーズ 2017.12.9 発売。10代目ゼクシオの特長は?
banner
今季3勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季3勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop