ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,064
登録商品件数
8,323
Q&A質問数
3,037
Q&A回答数
13,653
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
アイアンのタメからリリースについて
5779
アイアンが負のスパイラル、考えすぎでショットが安定せず困ってます。
トップで出来たコックのタメをインパクト以降もリリースしないイメージで打つとハンドファーストで打ててロフトが立ち飛距離もしっかり出るといいますが、自分のスイングをカメラに撮ると必ずコックが早めにリリースされて右ひざ前でインパクトを迎え、すくい打ちで球が高く上がり飛距離が出ません(HS43、#7で会心の当たりで140yd)
そこで質問はダウンスイング〜インパクトにかけて右手を甲側に折って=左手は手の平側に折った状態を固めながらインパクト以降までほどかないのが正解ですか?それとも直前でリリースしてヘッドスピードをあげてインパクトするのがいいのか?皆様のアイアンのリリースのイメージとハンドファーストのコツをご教授ください。
 関連用語: アイアン  インパクト  コック  スイング  ダウン  トップ  ハンドファースト  ヘッド 
ヘッドスピード  リリース  ロフト 
 回答数:5 | 閲覧数:30893質問者:ヨウラー  質問日時:2011/8/21 (日) 7:05 
ヨウラーさんのコメント
皆々様方の丁寧な回答有難うございます。
考えすぎずに『脱力』だけを意識して頑張ります。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. わし  回答日時:2011/8/21 (日) 11:21
1072
タメを意識的に作ったり、調整するのは非常に難しいと思います。右手の親指、人差し指、小指を伸ばして(中指、薬指を引っ掛けているだけ)握り、練習場で打てるようになれば、自然とタメができているようになりませんでしょうか。
2. アルシビスト  回答日時:2011/8/21 (日) 15:26
1145
 リストワークの基本は、柔らかくグリップすることから始まります。こうすることでクラブの重みを感じることができ、ダウンスウィングでのグリップの動きが先行し、クラブがやや遅れてくる結果、コックの入る状態になるとお考えください。
 
 次に打ち急ぐとコックは解けるのも早く、ショットとしては無残なものになります。飛ばしたいときこそゆったりしたトップの切り返しを行うことだと思います。右利きで右打ちなら打ち急ぎで右手の使い過ぎがこのような状況を生みます。

 注意すべきは、スクエアにグリップしてトップでの左手の甲が折れていないかどうか、これはコックそのものと関係ありませんが、甲側に折れるとスライス、甲側が張っているとフックになるケースが多いです。柔らかくグリップしてもトップでの左手の甲がどうなっているかを意識しましょう。
3. サント゛ウェッシ゛マン  回答日時:2011/8/22 (月) 9:56
1123
ハンドファーストでコンタクトすることが正しいと思っています。
私も過去、アイアンがすくい打ちでダフリが多かったことが悩みで色々と手先でハンドファーストでヒットできるよう試してみましたが断念しました。ウェッジ等の短いクラブなら何とか手先でも打てたのですがミドルアイアン以上が手先ではどうしても打てませんでした。
なので、体重移動でテークバックで両手が腰の位置に来たときくらいに左足へ体重を乗せるよう意識した結果、上からヘッドが落ちるようになりました。アドレスした際に100%体重を左足にかけてスィングしてみてください。すくい打つ方が難しいと思いますよ。
4. toki163  回答日時:2011/8/22 (月) 14:18
1120
負のスパイラルにはまってしまっていますね。
私も同じ経験があります。
ご本人の仰る通り、考えすぎです。
スイングする時間は、たったの1〜2秒です。
その間にあれこれ考える方が難しいですよね。
なので、リリースポイントはここ!!なんて考えてもいません。

アイアンでは最下点より手前でボールにコンタクトするので、自然とハンドファーストになるはずなんです。
意図してハンドファーストを作る方が難しいと思いますよ。
それに、手首を痛める可能性が…。

私の場合は、グリップエンドをボールにぶつける意識で練習していました。
そのときはもちろん、ゆったりスイング、グリッププレッシャーはユルユルですよ。
体重も左へシフトするのを忘れてはいけませんよ。
ヘッドアップにも気を付けて。
気を付ける点はいくつもありますが、
そうすれば自然とヘッドが上から降りてきてくれるはずです。

絶対克服できます!
頑張って練習あるのみです。
5. 神の子  回答日時:2011/8/22 (月) 16:57
1327
ハンドファーストインパクトやっているつもりでも中々出来ていないのが現状ですよね。(汗)
私の場合気を付けているのはトップからハーフェイダウンに移行する時に右肘の絞りだけを意識しています。
そうすることで右脇も強烈に締まっているはずですしトップでのコックも自然と溜まったままダウンからインパクトを迎えれますよ。
但し、右肘を絞り込むときに右肩が下がらないように注意しないといけませんけどね・・・。
後は、皆さんが仰るように基本部分はしっかりと押さえておくことが前提です。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
QP&鹿又さんN.S.トークショー
N.S.PROジャパンゴルフフェア2017レビュー公開!QPさんと鹿又さんによるトークショーや2人の試打インプレッションもお届け!
banner
【特集】FJフィッティング体験レポ
本当の足のサイズをご存知ですか?皆さんはゴルフシューズをどのように選んでいますか?これを読んでからの購入をオススメします!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop