ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,147
登録商品件数
8,185
Q&A質問数
2,931
Q&A回答数
12,866
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ヘッドとシャフトの相性
1819
現在ts703limDrfubuki60sをしようしてます。45.5です。
以前はtit909d2illima70sでした。
titの時はシャフトもやわらかくしなりすぎに感じてました。
tsもかなりしなりを感じます、悪くは無いが今一納得出来る弾道がでないです。
クチコミを参考にattas3にリシャフト検討中です。
hsは量販店で48から50くらいです。
703limとattas3の相性はどうでしょうか?
45インチで組もうと思ってます、6s,7s,6xでも迷ってます。
アイアンはDGs200を使用中です。
球筋はフックが八割、二割はプッシュスライスです。
宜しくお願いします
 関連用語: アイアン  シャフト  スライス  フック  プッシュ  ヘッド  ライ 
 回答数:1 | 閲覧数:14047質問者:haiji  質問日時:2011/10/10 (月) 13:07 
haijiさんのコメント
GODさん
コメントありがとうございます。

基本的にこのヘッドにあわせるシャフトとしては、中弾道・低スピン特性でつかまりのいいシャフトだろうと見ました


こちらの意見を参考に再検討、試打してみます
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ClubKenAma  回答日時:2011/10/10 (月) 19:38
1809
ゴル友のドライバーでその組み合わせを試打しました。
703リミテッド9.5度でATTAS3 60Sでした。

友人は、スインガーで大きなスイングアークで、上がって右しか行かないとぼやいていた。
フッカーの私ですが、つかまりません、球は上がりますがストレートに出てフェイドというよりスライス12Yぐらでした。飛距離もたいしたことはない、つまりスピン過多系
つかまっていない状態です。使用球はロストボールとコース球。

シャフトは曲型の手元調子でして、このタイプは振動数が上がりません。中間部を硬くしていましたので、ヘッドが遅れて入ってくるのが主因と思います。
手元調子では、この傾向が強くなるので注意が必要でしょう。
ミスは右にすっぽ抜ける。

またヘッドは、低重心にしている左に行かないヘッドスペックです。
結論から申し上げて、貴殿のスイングに合うのかは、現状の情報量からは予想も出来ません。

基本的にこのヘッドにあわせるシャフトとしては、中弾道・低スピン特性でつかまりのいいシャフトだろうと見ました。

つかまらないヘッドにつかまらないシャフトでは、相性はなかなかあいにくそうですよ 典型的なフッカーで高ヘッドスピーダーであればあうと予想します。

高ヘッドスピーダーであれば、このヘッドでは上がりすぎるので、上がりにくい低弾道特性のシャフトがあうはず。
重心高さがかなり低いので属にLCGタイプと呼ばれているヘッド。
操作性がいいヘッドですから、上級者であればシャフトは動きが少ないタイプがあうとみています。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱「JAILBREAKテクノロジー」を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2月17日発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop