ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,755
登録商品件数
8,156
Q&A質問数
2,871
Q&A回答数
12,458
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ご意見をお聞かせください
8593
いつも楽しく拝見させて頂いています。
皆さんの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

私、インサイド軌道が強めで持ち球がフックなのですが、左へのミスを嫌いライ角を調整して、左への不安を払拭して球筋はストレートになり何の問題もなくラウンドしているつもりでした。

「つもりでした」というのは、先日の事ですが、ティーショットを右にふかしてしまい(インサイド軌道のフック打ちの宿命ですね)大きな木の真後ろにボールが行ってしまったのです。
スライスよりはフックの方が狙いやすかったのでフックをかけたのですが予想よりかかりが弱くガードバンカーに捕まってしまいました。

自他共に認めるフック打ちである私とすればフックをかけられない事に不満が残って、悔しい思いを・・・
フックを嫌い、ライ角を調整してフックが全く出なくなった事に満足をしていたのですが(逆にスライスが打てる様になった事に喜びさえ感じていました)少し考えてしまいます。

そこで質問ですが、クラブのチューニングとしてこのままストレートの計算が出来るセッティングで良いのか?またはもう少しライ角を起こして左への怪我もあるかもしれないが敢えて左の曲げ球も計算できる様にした方が良いのかご意見をお聞かせください。

現在私のスイングライ角は5鉄=57度で、手持ちのアイアンを5度フラットに調整して使用していますが、一度5度も倒したクラブをまたアップに調整するのは非常に抵抗があるので、買い替えも視野に入れないといけないのかと思うと憂鬱になってしまいます。
 関連用語: アイアン  ガードバンカー  スイング  スライス  ティー  ティーショット  バンカー  フック 
ボール  ライ  ラウンド 
 回答数:9 | 閲覧数:16641質問者:芝刈大好  質問日時:2011/10/20 (木) 0:18 
芝刈大好さんのコメント
補足説明を少々・・・

スイングライ角 = 動態でのライ角(即ちインパクトライ角)であり
静態(アドレス)でのライ角ではありません(アドレスでライ角を測っても何の意味もありませんから)

手持ちのクラブを5度調整したのも、素人判断で闇雲に決めたのではなく、きちんとフィッティングして調整したので、それはそれで数字的には間違いではなかったと判断しています。
5度というと凄くフラットにした感がありますが、マイクラブのタイトは
5鉄 = 62度 ・・・立ち過ぎです。(タイトをオリジナルのまま使う人はあまりいないのではないかと思いますが)

また、スイングを直した方が良いという御意見をいくつか頂きましたが、スイングを直しても軌道を変える事は出来ても、個々の持っているインパクトライ角は不変で変える事はできないのだそうで、ライ角を調整することでスイングも良くなってくるというアドバイスを頂き、フィッティングに踏み切った次第です。
実際にそれを痛感しています。

ただゴルフのスタイルとして、曲がる事(曲げる事)の必要性も必要なのか疑問になったので質問させて頂きました。
私は競技はしないのですが、試合ではないのでわざわざ曲げなくても・・・と思いつつ、いやいや競技じゃないから曲げた方が楽しめるのか?
その辺の所、皆さんの考えが知りたかったのです。


アルシビストさん
フィッティングによって計測された適正なライ角が 5鉄=57度 であり、その為の調整が5度フラットだったのです。素人判断で調整したわけではありません。 そして、調整によりインサイド軌道は改善しつつ進行形です(フラットのクラブを強いインサイド軌道では打てないので自然と改善するとのアドバイス通り)ので、スイング改造は考えていません。ありがとうございました。

しゅんさん
「5鉄57°ってすんごいフラットですね!」  自分では凄いとは思わないですけどね。フラットなものをインサイドからあおったとは一言も書いていませんが?
それにやり過ぎてもいませんよ。スイング改造も全く念頭にはありません。
ただ、球筋を打ち分ける考え方は「あり」だと思いますし、参考になりました。悩むところですね。

clubGDOさん
やっぱり再調整は怖いですよね。
100の件は、タイトの試打会の時に担当から同じ事を言われました。が、この歳で更にハードにセッティングってのも・・・

サンドウェッジマンさん
ストレート打っておいて文句言うんぢゃねー!って叱られそうですね?(爆)

YU-SO-YOさん
すみません。回答の意味が判りませんでした。ライ角は異常ではないし、スイングを直す必要もないのですが?スイングを直してもライ角は変わらないし・・・
狙えない球筋も打ってはいないし、スコアがバラけるとは一言も書いていませんが?

masa☆さん
ハイスピードカメラで撮影してコンピュータ計測してのフィッティングです。
恐らく私と逆の設定にしたのかな?結果は私も良い方向で安定しています。
セッティングはコロコロと変えるつもりはないですけどね。

ヴァルさん
やっぱり「王道」が「正道」でしょうかね?判ってはいるのですが、曲げるのもありかな?という気もしてきたもので・・・

皆さん多くのご意見をありがとうございました。
一部否定的な返事になってしまいましたが、悪意はありませんのでご容赦ください。また機会がありましたらよろしくお願いします。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. アルシビスト  回答日時:2011/10/20 (木) 7:48
1017
 芝刈大好さんの体型とアドレスで適正なライ角とするのがよいでしょう。アドレスで前傾してグリップが体から拳ひとつかひとつ半ぐらい離れて構えた時のクラブヘッドのトゥが10円玉1枚の厚み分浮く感じがよいと言われています。ゴルフ工房で調べてもらえるでしょう。ライ角調整は必要ですが、大幅な調整はいずれスウィングに重大な欠陥をもたらします。
 
 右脇を締め、右ひじが体からなるべく離れないインサイド軌道のバックスウィングは、軌道が安定しミート率も高くなりますが、おっしゃるようにフックボールになりやすいです。ミスはプッシュアウト。プッシュアウトは、ウェイトシフトをしても右膝が前を向いたまま居座る状態のときに起こります。これを防ぐ方法は、インパクトからフォローにかけてウェイトシフトの腰の動きに合わせて左ひざ裏に右膝が入るようなイメージで送り込む動作を取り入れること。これがうまくいくと、骨盤が目標方向を完全に向くようになります。毎回できるようになるには相当の練習量が必要ですが。それでも球筋は、フックの曲がり具合も軽減されブッシュアウトもかなり減ってくるはずです。参考になれば幸いです。
2. しゅん  回答日時:2011/10/20 (木) 10:05
957
5鉄57°ってすんごいフラットですね!
フラットなものをインサイドからあおって打ったら、やはりプッシュしますよね。
ぶっちゃけやり過ぎだと思います。

平均スコアーが80から84ということですが、さらに上を目指すのであれば
 ‥正なライ角のクラブでインサイド打ちを直すか、
◆仝気離薀こ僂北瓩靴謄侫奪を持ち玉にして他の精度を上げるか、

って感じでしょうか。

自分も元々フック打ちで、プッシュアウト、どフックに悩まされましたが、悩んで悩んで練習して掴まったフェード(左に打ち出すフェード)を打てるようになり、ショットのひきだしが増えてゴルフが楽しく(楽に)なりましたよ。

練習して何か新しいものを会得するのも楽しみの一つだと思いますので、
適正なライ角で頑張ってみてはどうでしょうか?
適正なライ角で『フック』『スライス』『ストレート』と打ち分けられたら、フラットなクラブでスライスを打てた時よりも俄然大きな喜びを感じられるような気がします。

生意気なこと書いてすみませんでした。
頑張ってください。
3. ClubKenAma  回答日時:2011/10/20 (木) 12:09
974
正直、スイングを修正するのは難しいので微調整までと思います。やっても直らない人が殆どです。成長過程は除く

事情はわかりましたし、そのライ角で合っていると思います。
私もフッカーで2度ほどフラットですがストレートフェイドになる設定で良いと思います。アイアンの特性上この球筋が最も有効。ストレートドローで合わすのは好ましいとは思っていません。アイアンは止まるのが望ましい。

5度も曲げたら塑性変形までになっているかもしれません。再調整するとリスクが高くなり、折れるまたは使っている内に角度が変わる可能性が高いと思います。私ならそのままで使用しますが、もう1セットはいずれ必要になるので作っておきます。

新たに組むまたは新調する場合は、MBでもCMでも現状の重心距離より少し短めを選択したほうが打ち分けでは望ましい。

重心距離がほんの少し短くすればいいのですが、S200シャフトが思ったよりしなりすぎている場合が考えられます。
もっと確りしたX-100でいいのではと思われます。
S200は先がぶれる可能性が出る場合があるので好きではありません。X-100であれば、重量は上がらず違和感なく移行でき、重心距離を少し短くしてもいけると見ております。
4. サント゛ウェッシ゛マン  回答日時:2011/10/20 (木) 15:39
962
いつも同じスィングが出来ていて、必ず同じ球筋になる、もしくはミスしても同じミスしかでないということでしたら、それは相当な武器ではないかと思います。むしろ、それを磨いた方がいいのではないかと思いますのでクラブも今のままでいいのではないでしょうか。

プロであるなら、様々な条件からバーディー以上最悪でもパーを狙う必要がある以上、色々な球筋を使い分ける必要があるのかもしれませんが…
5. YU-SO-YO  回答日時:2011/10/20 (木) 21:29
928
ライ角が異常な気がします。(調整はせいぜい2度くらいまででは!?)
スイングを直した方が良いでしょう。
今のままでは、狙えない球筋で終わってしまうと思います。
アイアンが狙えるようになるとスコアがまとまるようになりますよ。
6. しゅん  回答日時:2011/10/21 (金) 8:52
919
曲げることは必要な場合もありますし、曲げた方が楽しい場合もあると思います。
右への曲げも計算できるともっと楽しいと思います。
7. アルシビスト  回答日時:2011/10/21 (金) 18:17
1079
 ライ角について、アドレス時にトゥ側を10円玉1枚程度浮くというのは、実際にボールを打つ際に、ゴルファーの左手首のコックが一瞬ほどけてトゥダウンが多少なりとあることを考慮したライ角ということであり、芝刈大好のおっしゃるインパクトライを意味します。
8. タカミ  回答日時:2011/10/21 (金) 19:19
904
どういう機械で計測してフィッティングを行ったかはわかりませんが、私がフィッティングした経験から

私は普通の人に比べて手が短いため必然的にヘッドがフラットになってしまいます。

その為インパクトでストレートインサイド起動でフェースが正しくスクエアにインパクトしてもスライスの弾道でした。

その為自然とフェースを被せてそのスライスを帳消しにしていました。

そこでライ角を3度アップライトにして、
インパクト時をハイスピードカメラで測定してライ角を合わせました。

そこで弾道計測をしてみると左右の回転が収まり、
ほぼ順回転のストレート起動という結果が出ました。

さて、実際コースではどうかというと機械の計測どおりの球筋が出るときもあれば出ないときもあります。

つまり、どれだけ身体に合わせてもそのときの体調やスイングやライの状態、調子によって球筋は変るものであってそれを受け入れゴルフをすることが重要だと思います。

インサイドアウト軌道で右にスッポ抜けるのであればスイング軌道に対して(目標に対してではなく)フェースがスクエアであってフェースコントロールが出来ていないだけではないでしょうか。

ご自分でフィッティングをしたことに間違いが無いと思われているのでればそれはそれで正しいフィッティングでしょうからライ角を5度というのもそれでいいと思います。

実際4度とか調整する人は結構いますので。

まずはアドレス時にフェースを開いたり、閉じたりして弾道がどう変化するかを練習場で確認して
実際のコースでは朝練習するさいにその日の球筋の傾向でフェースコントロールをしたりしながらラウンドすればよいのではないのでしょうか。

いちいちその日の都合でライ角など調整していたらきりがありません。
9. ヴァル  回答日時:2011/10/23 (日) 6:13
869
私としては現在の芝刈大好さんのセッティングの考え方は間違っていないと思います。

クラブセッティングは、「操作を入れないナチュラルな弾道」を軸に考えるべきだと思いますし、大きなフックをかける局面というのは多くある事ではありません。
フッカーとしてフック玉をコントロールしきれなかった悔やみもわかりますが、ゴルフは確率のスポーツです。
スタイミーになり大フックをかけなければならない時点で、次ショットの成功率は大きく下がっていますから、「このミスは仕方ない」と潔く忘れるべきだと思います。

王道意見ではありますが、自信への後押しになればと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop