ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,543
登録商品件数
8,402
Q&A質問数
3,116
Q&A回答数
14,170
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ウッド!
2672
アイアンのシャフトはDG のs 200を使っていますが、
それにあうシャフトってどんなのがありますか?
ちなみにヘッドはツアーステージのX- drive を使っています。
皆さん解答お願いします。
 関連用語: アイアン  ウッド  シャフト  ヘッド 
 回答数:2 | 閲覧数:12387質問者:NOGA  質問日時:2011/11/29 (火) 22:55 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ClubKenAma  回答日時:2011/11/30 (水) 22:04
1350
そのドライバーは重心距離が短めで重心高さが比較的高いヘッド

入れるシャフト特性は、
撓り幅が少ないタイプ
元調子系
バッド剛性が高いもの

アヒナ73Xか白マナ73Xでもいいと思います。
もっと落ち着かせるのであれば、S83Xを入れるといいでしょう。

アイアンでS200では、アンダースペックだと思います。
終盤に自然と気合が入る場合ではフックが出てしまいそう
X-100を入れたらと思います。

個人的な意見として
2. shingo119  回答日時:2011/12/1 (木) 0:29
1324
私は下手ですが,個人的な意見としては。

様々なプロがアイアンでDGを使用しているにもかかわらず,ウッドのシャフトはそろっていません。
体格やスイングタイプが同様の(または目指されるスイングの)プロを参考にされることが近道のように思います。

若くてヘッドスピードが速く,パワーゲームとのことですので,体幹を使用したスイングを目指される方がよさそうに思ってしまいます。

ClubGODさんの御意見と同様,
元調子系のシャフトを選ばれることが前提になるかと思いますし,記載されているヘッドスピードであれば,アイアンはX−100で問題ないと思います。
硬さが気になるようでしたら,重さを持たせたS−400になるような気がします。

スイングのタイプによりますので,必ずXが良いとは限りませんが,Xが合う条件がそろっていますので,Xを試されてみることが近道なように思います。

回答にはなっていませんが,DGを振ることができる方は,(先調子系?などの一部を除いた)ほとんどのシャフトが合うといっても問題ないほどだと思っていますので,これといったシャフトを選ぶことができません。


意見として,選ぶことができないことを記載させていただきました。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
ツアープロが好むシューズとは?
松山英樹の活躍で盛り上がった全米オープン。距離の長さに驚きませんでしたか? そこで感じたプロ着用シューズの変化とは?
banner
“飛び”の理由はこちら>>
ギリギリの反発性能と広い高初速エリアで飛ばす。さらに進化した『RS2017』はプロもアマチュアもとことん飛距離を伸ばす。
banner
美女ゴルファー香妻琴乃の使用ギア
ツアー初Vを目指す香妻琴乃が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop