ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,360
登録商品件数
8,386
Q&A質問数
3,079
Q&A回答数
13,925
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ボールの違いとアプローチの弾道について
2918
初めまして。最近部屋の中でアプローチの練習をしています。52度のPSで4.5ヤード先にキャリーするように練習してるのですが、ボールを変えたせいなのか以前より低く出て、一番高いとこでも膝ぐらいの高さしかでません。
ちなみに、ボール位置は体のセンターで使用ボールはレイグランデのWF432です。


そこで質問なんですが、このボールでのアプローチって今ぐらい(膝の高さ)でいいんでしょうか。それとも打ち方が悪いんでしょうか。
 関連用語: アプローチ  キャリー  ボール  ヤード  ラン 
 回答数:3 | 閲覧数:12284質問者:バンダレイ・シウバ  質問日時:2011/12/4 (日) 18:58 
バンダレイ・シウバさんのコメント
サンドウェッジマンさん、V1さん、シロナさん有難うございました。
皆さんのおかげで不安が払拭できました。

今後も質問することがあると思いますが、そのときは宜しくお願いします。
皆さん有難うございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. サント゛ウェッシ゛マン  回答日時:2011/12/5 (月) 10:41
1068
球の位置や打ち方にもよるとは思いますが、52で4,5ヤード先に打つのなら、膝の高さで問題ないように思います。
私も練習ラウンドでは一時期レイグランデを使っており、52を用いた場合で4,5ヤードの距離であればその程度の球の高さであったように記憶してます。

私も家の中でアプ練やってます。ボールはナイキの安いやつで同僚の海外出張の土産で貰ったボールで、58を使って練習してます。最初は、実戦より球の高さが低いことを気にしてましたが、それよりは、キチンとフェースに球を乗せることを意識して練習してます。
2. V1  回答日時:2011/12/6 (火) 14:08
941
部屋でのアプローチと実際の芝の上でのアプローチではクラブの入って行きかたが違うのであまり気にしないほうがいいと思います。

部屋では床より低い位置にクラブが入っていかないので、どうしてもフェースの下で打つことになり、球は低くなりやすいです。
なので、そういう球の高さというのはどの高さが正解というのではなく、いつもその高さが打てるのであればそれを基準に考えればいいだけだと思います。

ちなみにスピン系のボールのほうが球は低く出やすいので、WF432の場合はV1などに比べるとほんの少し高めに出ると思います。
ただ、52度で5y先に打つとなれば、普通どのようなボールでも低く出やすいでしょうね。
3. シロナ  回答日時:2011/12/6 (火) 14:52
913
家の中の練習では死に玉を打つ練習が効果があり安全です
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
PHYZボールモニター結果発表
ブリヂストンスポーツ『NEW PHYZ』のボールモニターを120名に実施。体感したゴルファーの評価はいかに!? 飛距離は?
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop