ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
27,970
登録商品件数
8,652
Q&A質問数
3,308
Q&A回答数
15,677
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
5wのシャフト選び
3810
DR 910D3 アヒナ60 313g
3w 910F アヒナ70
UT 910H 21° DG S200
IR S200
このセッティングに5Wを追加する場合、重量・バランス的には5Wのシャフトはどんな物が良さそうでしょうか? DRは60gのシャフトで軽めですが、アヒナは60でも結構ハードなのでIRのS200との相性も悪くないのでですが、5Wのシャフトはショップ等でも軽いシャフトしかないので・・
HS47〜48
 関連用語: シャフト  ラン 
 回答数:3 | 閲覧数:15249質問者:支配人  質問日時:2012/2/19 (日) 14:29 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. アルシビスト  回答日時:2012/2/19 (日) 17:46
1246
 総重量的には370gくらいが丁度3WとUTの中間の重量になります。5Wのヘッド重量は215gから220gが一般的なので、グリップの重量などを差し引くとシャフト重量は80g台半ばが望ましいですね。アヒナには80g台があります。5Wのロフト角を18度を下回らないものとすれば、支配人さんのヘッドスピードなら適正弾道でショットできると思います。

 ただし、フェアウェイウッドのシャフトは手元調子よりも中調子がよりよいと考えております。スウィング中に、わずかでもボールを上げるような動作が入るなら、手元調子はやめたほうがよいというのが私の考えです。参考になれば幸いです。
2. しゅん  回答日時:2012/2/20 (月) 9:01
1308
1W  →ATTAS 6s
3W  →ATTAS 7s
UT  →DGSL  x100
アイアン→DG    x100
というセッティングを永く使ってますが、5wはNS850FWのsを使ってます。
結構打ちやすいですよ。
なにより安いですし、試す価値はあるかと思います。
あとアクシブコアのREDもコストパフォーマンスが高いと思います。
3. ぼんぼん  回答日時:2012/2/21 (火) 9:05
1259
何を求めるかですね。

飛距離とやさしさであればカーボン、アヒナ70か80(FWとして)
正確性であればDG SL S300(アイアン感覚で)

なんかはいいと思いますけど。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
ゼクシオXの最新評価を公開!
12月9日に発売されるゼクシオ10代目モデル『XXIO X』。先行試打会の参加者インプレッションを絶賛公開中! 気になる評価は?
banner
NEW RMX プロ絶賛の理由は?
“勝つために、進化”をコンセプトに開発されたヤマハ新製品『NEW RMX』。藤田寛之、今平周吾らも絶賛するその性能は?
banner
TOUR B Xボールモニター結果発表
ブリヂストンNEWボール『TOUR B X』の100名モニター結果発表! 飛距離性能など気になる結果はこちら>>
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
待望の『ゼクシオ X』誕生!
「飛びの“芯食い体験”」でゼクシオ史上最大の飛距離を実現。『XXIO X』シリーズ 2017.12.9 発売。10代目ゼクシオの特長は?
banner
今季3勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季3勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop