ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,161
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,934
Q&A回答数
12,882
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
良い筋肉痛 悪い筋肉痛
1855
ラウンド後、腰のあたりが筋肉痛になります。体の使い方として腰のあたりが筋肉痛になるのは問題でしょうか?練習では特に筋肉痛になることはないのですが、実際のラウンドではドライバーの際に力が入るのが原因かと考えています。1W平均250 スコア85−90 OB等は0〜2回程度/R

また、プロ、上級者の方が練習後やラウンド後に筋肉痛や痛みがでるところがあれば教えてください。 どこかの雑誌で右腕がわき腹付近を動くため肘近くの上腕が擦れるという話を聞いたことがあります。 

そのほか、手の豆の位置等、筋肉や体の使い方でどこに力がはいるのが良いのかどこに力が入ったら駄目なのか等を教えていただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
 関連用語: OB  ドライバー  ライ  ラウンド 
 回答数:2 | 閲覧数:29833質問者:砂壱  質問日時:2012/4/10 (火) 8:18 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ノミ―  回答日時:2012/4/10 (火) 8:35
930
 力を入れるべきところは、体幹だと思います。パット練習後腹筋が痛くなるなるほどなら、その練習効果は高いと言えそうです。
 下半身に意識を持って行き、(足の指で地面をつかむ感じ)重心を低く意識することで、下半身主導のスイングが身につき、ラウンドでもミスが出にくくなります。

 手に豆ができるのは絶対にあり得ないことです。週一回以上練習やラウンドするゴルファーで、正しく手が使えているのなら、左手の小指とくすり指の付け根あたりにタコができているはずです。右手は距離感を調整する人さし指の親指側側面と、親指の爪右側が少し固くなる程度でしょうか?
 私は、練習後は左の二の腕がいつも軽く痛みます。アイアンがうまく練習できたときには右の背筋が痛みます。

 練習やラウンド直後に水溶性プロテインを飲むことで体づくりも効果的にできるので試してみて下さい。
2. driver  回答日時:2012/4/10 (火) 10:57
926
右腰、右背中、右お尻、右ふくらはぎなどは特に力が入る場所なのでケアが必要と思います。
ラウンド後に筋肉痛になるのは無理なスイングのせいかも知れませんが分りません。
正しい?スイングをしてもゴルフは体を痛めるスポーツでしょうから。
プロもラウンド後はマッサージが必要であるとよく聞きますね。

スイング的には右半身が詰まらないような(右肩・右腰が下がる)スイングを目指し、ラウンド後はストレッチ・反対向き素振り・マッサージ・トレーニングなどのボディーケアをして長くゴルフを楽しんで下さい。

首を痛める人も多いと聞くので注意ですね。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
BSグローブモニター結果発表!
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱「JAILBREAKテクノロジー」を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2月17日発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop