ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,341
登録商品件数
8,386
Q&A質問数
3,076
Q&A回答数
13,894
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
PING EYE2 XGウェッジをお使いの方へ質問です。
2520
最近ウェッジに迷いまくっていて、ショップの方のススメもあってEYE2のSWとLWを
購入しました。まだ練習場だけでの使用ですが、SWとLWで違いがあまり分かりません。
(それだけLWが易しいということなんですが…)

結構、SWとLWの両方を持たれている方も多いと思うんですが、
どのように使い分けられていますか?

ただ、使いこなせていないだけなのか?そういうクラブなのか?
皆さんの使用感をお聞かせください。

また、SW、LWのどちらかだけ…って方も選定理由を教えてください。
特にLWだけにされた方の理由に興味があります。
 関連用語: ウェッジ 
 回答数:3 | 閲覧数:22520質問者:wayne  質問日時:2012/5/1 (火) 18:21 
wayneさんのコメント
sulaarさん どうもありがとうございました。

大変参考になりました。

他の方で使用感等ありましたら、どしどし教えてください。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. sulaar  回答日時:2012/5/1 (火) 20:52
817
http://blog.golf-okamura.com/?eid=1104626

私は使っていませんが、こういう記事がありました。
2. duffer  回答日時:2012/5/1 (火) 22:50
878
SWのみ使用しています。とにかくバンカーから出しやすいスペシャルクラブとして使用しており、通常のアプローチはクリーブランドのニブリックウェッジ49度を使用します。SWのロフトなり以上に球を上げることは諦めています。

SWとLWを比較するとロフトが立っている分、SWの方がバンカーからの脱出は容易です。

あとはバンカーからの出やすさを犠牲にして、球を上げる能力を向上させるか(LWに入れ替えるか)、他のクラブを犠牲にして両方入れるか、これはコースによって(グリーンの大きさ、砲台気味か、ガードバンカーのアゴの高さ、砂の柔らかさ)判断すべきことでしょう。

ゴルフは耳と耳の間のスポーツと言われますが、勝負はコースに出る前から始まっています。
3. sayonarasu  回答日時:2012/5/4 (金) 13:54
827
サンドウエッジに求められる機能は砂に潜らないことと滑り安さではないかと思います。つまりバンス角が大切ということです。
ロブウエッジは滑り安さとボールの下に刃を入れやすいこと、だと思います。つまりソールの幅がやや広いこと(ヌケが良い)と、バンス角が強すぎないことが条件と考えています。
最近は砂が固いバンカーが多いので案外ロブウエッジが良い場合があるかもしれません。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
PHYZボールモニター結果発表
ブリヂストンスポーツ『NEW PHYZ』のボールモニターを120名に実施。体感したゴルファーの評価はいかに!? 飛距離は?
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop