ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
27,335
登録商品件数
8,571
Q&A質問数
3,228
Q&A回答数
15,111
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバー ヘッドの向き
7648
今更な質問で、申し訳ございません。
ドライバーを少し悩んでおり、いろいろな打ち方を試している今日このごろ。
ドライバーのアドレス時のヘッドの角度は地面に対して垂直に構えるのか、それともヘッドの後ろの部分が地面に付く、いわゆるヘッドが地面に対して斜めを向いているように構えるのか。
何が正しいのかわかりません。
ちなみにヘッド面を垂直に構えると左に引っ掛けるイメージがあり、斜めを向くように構えると右肩が少し下がり、アッパー気味に振るイメージになる。
と、このようにヘッドの角度によって振り方が変わり、打球の質もバラバラです。
何が正しいのか、何が一般的なのかご教示お願いします。
 関連用語: アドレス  ドライバー  パー  ヘッド  ライ 
 回答数:8 | 閲覧数:36857質問者:研究熱心  質問日時:2012/5/2 (水) 13:54 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. サント゛ウェッシ゛マン  回答日時:2012/5/2 (水) 15:12
1054
ヘッドの角度はアドレスの姿勢如何に拘らず、ヘッドの底が地面(ティーグラウンドが起伏がなく水平と仮定)に対し平行が正しい(一般的?)なのではないかと思います。そうでなければロフト角の意味がなくなるかと。
そこ(ヘッドの置様)を一定にした上でアドレスの姿勢やスイングプレーンについてはレッスンプロや上級者に意見を求めるべきかと。
2. 芝刈大好  回答日時:2012/5/2 (水) 19:16
1042
ヘッド面というのが良く解りませんが、おそらくフェース面の事を言っているのではないかと仮定して言わせて頂きます。

概ねサンドウェッジマンさんと同じ意見です。
ヘッドを地面につけて(置いて)フェースを目標にあわせてソールします。
ヘッドを浮かせて構える人も居ますが、まずソールして目標に合わせてから、ただ浮かせるだけでそれ以上なにも変更しないハズです。

フェースを垂直にしたり、ヘッド後方部のみをソールしたりする意味が判りません。
わざわざ目標を狂わせて構えてもナイスショットは望めないのでは?

スイングは難しく考えてもドツボにハマるだけですよ。
構えはどうだとか、テークバックはあ〜してこうして・・・トップはどうだとか、ダウンはこうして・・・orz
面倒くさくないですか?

ただヘッドを置いて上げて下すだけで良いのでは?
シンプルに考えた方が良いですよ。
3. アルシビスト  回答日時:2012/5/2 (水) 21:03
1007
 昔は必ずソールして打っていましたが、今はソールしません。意識的にそうなったというより、自然にそうなったといったほうが実感です。ヘッド容量が多分330ccを超える頃からですから、ディープフェイスでテンプラ気味のショットもなくなったからとも言えます。ドライバーの長さが44インチを超えた頃からでもあります。

 ワッグルを1・2回してヘッドの最下点より少し上がった位置にボールがあることを確認します。確認といってもすっかり習慣になってしまったので意識的に確認しているとはもはや言えません。いつもと違和感がないかだけのチェックのつもりです。

 研究熱心さんもソールしないで打ってみてください。案外慣れるのも早いのではないかと思います。
4. driver  回答日時:2012/5/3 (木) 0:00
979
カーペットの上ではクラブを置けばフェースが真っ直ぐに目標を向くクラブも多いでしょうけど、実際にティーグラウンド上ではどうなのでしょう?

私はクラブをグリップしたまま、空中でフェースを目標に合わせアドレスを取ります。

人それぞれの好みで、違和感無く毎回同じようにアドレスに入れるやり方で良いのではないでしょうか。
どちらにせよ、フェースを目標に向ける事が大事と思います。
5. ボーギー  回答日時:2012/5/3 (木) 15:03
1022
ヘッドのソール形状やフェースアングルもマイナスからプラスと色々ありますので正面から見た時、シャフトがまっすぐ(飛球線と直角)でいいのではないでしょうか?
6. sayonarasu  回答日時:2012/5/4 (金) 13:43
1012
おそらく、フックフェースかストレートフェースか?構え方が逆スモールyかラージYか?のお話かと思います。
ドライバーが43インチでパーシモンだった時代はボールを左足かかと線上でしたが今みたいに45インチ以上だと左耳の線位が適正ではないでしょうか。今はタメを作らずインパクト時は腰が少し開く状態になるのでアドレス時少しフック状態でフェースを構えていてもインパクト時はストレートに戻っているので案外まっすぐ飛びます。構え方は青木プロみたいに逆y字型か、中島プロみたいにY字型かはその人の好みの問題だと思います。個人的な感想ですがY字だとインサイドアウトのイメージが強くなりフックしそうな感じがします。
詳しくは田原紘著「絶対感覚ゴルフ」を参考にされるといいと思います。
7. takkun  回答日時:2012/5/8 (火) 0:40
1008
MyCaddieでレッスンされている山本誠二先生の「空振りドリル・ドライバー編」というドリルがあります。ALBAネットという別のサイトです。

それに取り組んでみると、正しいアドレスが分かるのではないでしょうか。

ちなみに、ヘッド面を垂直に構えると左に引っ掛けるイメージがあるというのは、単にフックフェースの可能性があります。フックフェースとは、スライスをする人のために、構えた時に右に行きにくく見させて、安心感を与えるために、あえて、そのようにデザインされたドライバーのことです。

違和感なく垂直に構えたいのであれば、ドライバーをスクエアフェースに変える必要があるかもしれません。店員や友達などクラブに詳しい人に見てもらって、今のドライバーがフックフェースかどうか、新しいドライバーはスクエアフェースかどうかを判断してもらって下さい。
8. メタボ  回答日時:2014/1/5 (日) 16:59
530
何か的を得ているかわかりませんが豆知識を。

ドライバーのアドレス時のヘッドの角度は地面に対して垂直に構えるのか←これはアップライトに構えるということでしょうからフックの球質になります。
ヘッドの後ろの部分が地面に付く、いわゆるヘッドが地面に対して斜めを向いているように構える←フラットに構えるということになるのでスライスしやすくなります。
ご自分にあったライ角なりアドレスの姿勢をとられることが正しい構えといえるのではないでしょうか。私はフェイス向きで球筋を調整せずにライ角をハンドダウンにしたりハンドアップにすることで調整しております。
今のクラブはヘッド体積が大きくなり1度くらいフックフェイスのクラブが多いのでは。
ストレートフェイスのクラブは少なく思います。
ご参考になるかわかりませんが…
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
N.S.PROシャフトが当たる!
9月24日から10月29日まで、N.S.PROシャフトが当たる『日本シャフト クチコミキャンペーン』を実施! 詳細は▼
banner
四代目 速度狂“黒スピーダー”
女子プロを中心に絶大なる人気とトップクラスのモデル別使用率を誇る「Speeder EVOLUTION」シリーズ。ついに四代目が9/15に登場!
banner
『NEW RMX』の進化した点は?
“勝つために、進化”をコンセプトに開発されたヤマハ『NEW RMX』10/6デビュー。藤田寛之、今平周吾らも絶賛するその性能は?
banner
MAJESTY Royal SP 誕生
包み込み、跳ね飛ばす。強靭な、蜘蛛の巣のように。MAJESTY Royalがさらに進化して登場『MAJESTY Royal SP』9月7日発売!
banner
待望の「飛びすぎ X」
とにかくドライバーの飛びにこだわるゴルファーお試しあれ! 革新的ゴルフボール『SRIXON -X-』誕生
banner
今季2勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季2勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop