ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,944
登録商品件数
8,476
Q&A質問数
3,169
Q&A回答数
14,587
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
センターシャフトのパター
2123
最近の男子プロ・女子プロ、
共にセンターシャフトのパターを使う人がずいぶん減った気がします。

ただの流行り!?
それともなにか明確な理由があったりするのでしょうか!?
 関連用語: シャフト  センターシャフト  パター 
 回答数:2 | 閲覧数:19576質問者:kimickey  質問日時:2012/5/23 (水) 17:32 
kimickeyさんのコメント
ノミ―さん・shingo119さん

ご回答いただきありがとうございました。

ここ2年、ピン型を使っているのですが、眠っている
White Hot XG #7CS
http://mycaddie.jp/detail_search_2_PID_1777.htm
を使ってみようかと思ったものの、あまりCSのパターを
見かけないな〜と。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ノミ―  回答日時:2012/5/23 (水) 19:44
1060
パターは最もデリケートな道具なので、変えるプロもいろいろな意図賀あるようです。遼くんはL字マレットタイプでもセンターシャフトのように使っていると雑誌の記事にありました。

センターシャフトのパターは、重心距離が最も短くなるので合う・合わないがはっきりする分、長く使うプロは手放せないようです。(久保谷健一プロはホワイトホット5csを継続使用中)

流行と気分転換やパッティング修正などが主な理由だと思います。
2. shingo119  回答日時:2012/5/24 (木) 0:23
1063
最近,私がパターに関する情報を集めた感覚によるイメージを記載します。

センターシャフトの使用が減ってきた理由は,単純に他のクラブとの相性によるものではないかと思います。
中尺パターなどとともに,センターシャフトは,原点に戻るためのチェック用の感覚であって,実際に使用し続けることによる弊害の方が大きいと考えられるのではないかと想像しています。

大手クラブメーカーの代表的な方もセンターシャフトの問題点について言及されています。


最近のパターは重量のあるモデルとなってきており,感覚的にパッティングするには,センターシャフトから離れてしまった方がストレスが少なく感性を生かしていくことができるように感じています。
プロは,ドライバーなど他のクラブと同様に,年々良くなってきている自分自身の感性にあったパターに切り替えて,神経を使わなくてもすむようになされているものと思っています。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
全米プロ王者の使用シャフト
ジャスティン・トーマスをメジャー初制覇に導いたドライバーシャフトとは…?
banner
TOUR B Xボールモニター大募集!
発売前に打つチャンス!!ブリヂストンスポーツから10月6日に発売される『TOUR B X』のボールモニター100人を募集します!詳しくは>
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop