ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,187
登録商品件数
8,188
Q&A質問数
2,938
Q&A回答数
12,916
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーの超ダフり
2785
ドライバーで15回に1回くらいの確率で超ダフります。
その時何が起こっているんでしょう?

HS45前後240y前後
本来フェード系ですがドライバーはドロー系を意識して打ちます。
スコア95くらいの腕前で、ドライバーは得意です。

実際にスイングを見て頂いてないので何とも言い難いところはあるとは思いますが、可能性のお話しで結構ですので宜しくお願いします。
 関連用語: スイング  ドライバー  ドロー  ライ 
 回答数:4 | 閲覧数:19145質問者:umd_ライト  質問日時:2012/7/22 (日) 10:47 
umd_ライトさんのコメント
皆様、貴重なご意見ありがとうございました。
やはり右肩の落ち込みから確認してみようと思います。
ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 芝刈大好  回答日時:2012/7/22 (日) 12:47
775
可能性の話で構わないという事なのであくまでも思いつくままに
勝手に判断させて頂きますのであしからず・・・
あとは御自分に当てはまらないと思われたならスルーでお願いします。

本来はフェード系という事ですがドライバーだけドローを意識してイメージ湧きますか?
スイングの基本は同じとしても、大別するとフェードとドローは対極のスイングであり球筋です。

ドローを打つ要素はいろいろありますが、誤解を恐れずに言えばドローはスイングの最下点がインパクト前で、尚も恐れずに言えばカチ上げのスイングです。
スイングの特性からスライサーのミスヒットはトップが多く、フッカーのミスヒットはダフリが多いものです。
であるので、ダフルというのは、当然といえば当然のミスではあります。

フェード打ちの light−manさんがドローを意識してスイングすれば、
恐らくドローではなく、フックの打ち方になっているのではないかと想像します。
ドローを意識した場合フックを打つ練習は間違ってはいないと思いますが、
厳密に分析するとスライスとフェード、フックとドローは似て非なるモノで
同じ右に(或いは左に)曲がる弾道でも打ち方が若干違います。

ドローを意識する余り、極端なフックの打ち方になっているのではないかと想像します。
具体意的には右肩が下がり過ぎてカチ上げているのは、ほぼ間違いないと思われます。

その他の事は情報がないので判断は出来ませんが、
自分の持ち球ではないスイングをドライバーだけに求めるのは如何なものか?というのが私の考えです。

私は逆にフック打ちですが、一時期フェードへのスイング改造を試みましたが、
スライスを打てる様にはなりましたが、結局フェードは諦めました。
今では基本的にトラブルショット以外は持ち球の精度にのみ気を使っています。

参考になるかどうかは判りませんが、一般的な事として御自分に当てはまらない様ならスルーでお願いします。
2. nobunaga  回答日時:2012/7/22 (日) 18:39
655
ドローは上体より先行して下半身を動かして、インサイドアッパーで右真上にクラブを振り抜いていく。
そう思えばそう思うほど、なぜかフィニッシュでクラブが身体の正面より左に行く。右真上に振り抜いたらせめて身体の中心線位で自然にハネ上がるもんじゃないのかなぁ?

そういう傾向ありませんか?

もしそうだとしたら、インパクトの時右肩が前に出ている可能性が高いです。
治し方は右肩を前に出さないように。ではありません。
切り返しの時に、左肩をボールの前30センチくらい、やや右側(この右は後ろから見てです。)の地面に差し込んでいく位のイメージで身体を送り込むイメージを持って振ってみます。

ゴルフは逆説のスポーツですから、上体が回らないとその分補うように勝手に下半身が回ってくれます。
3. 元村の飛ばしや  回答日時:2012/7/23 (月) 16:43
684
スイングは見ていないので、あくまでもご参考まで。
ドローを意識されているということから察すると、左への体重移動を我慢し、右に上半身を残しインサイドからクラブを引っ張ってこようとして、結果右肩が下がりダフるのではないでしょうか。また、疲れてくる場合になりやすいのではないでしょうか。
4. やんきち  回答日時:2012/7/27 (金) 16:50
671
実際見ていないので…

ドライバーのダフリは   1、シャフトがダウンでねる
             2、右肩が落ちる
             3、左の手がゆるむ

の症状の複合が起きた時だと考えられます。


直す練習方法として、練習場では若干左に打ち出してボール捕まえてドローを打ってみてください。コースでは左に行きすぎて使えないボールですが練習場では意識してこのボールを打っているとダフリの症状は消えてくると思います。

シャフトが寝ていたり右肩が落ちている人には打てないボールです。
手首で拾ったダグフックではなくて左に打ち出すドロー。
これが大事だと思います
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
BSグローブモニター結果発表!
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱[JAILBREAKテクノロジー]を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2/17発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop