ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
28,032
登録商品件数
8,655
Q&A質問数
3,313
Q&A回答数
15,717
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ウェッジのシャフト選びです。
2721
バンカーの脱出がどうにも上手くいかず、フォーティーンのD-030の購入を考えています。で、シャフト選びで悩んでいます。現在は、アイアンはキャロウェイ「X20TOUR NS PRO950」でウェッジも「XFORGEDウェッジ NS PRO950」です。通常であれば、流れを意識して「NS PRO」を選ぶところでしょうが、フォーティンのHPにあるウェッジの選び方によると「アイアンよりも重たいシャフトのほうがスウィングを安定させることが出来る」と書いてありました。
確かに、現在のウェッジも重量に頼りないところがあり、「X20TOUR」のPWをアプローチで多用する傾向があります。
今回は、56度のSWの購入で用途は基本的にはバンカーからの脱出がメインです。(バンスが少ない分、固いバンカーにも威力を発揮するかと・・・)
アドバイスありましたら、よろしくお願いします!
 関連用語: アイアン  アプローチ  ウェッジ  シャフト  ティー  バンカー 
 回答数:2 | 閲覧数:16248質問者:macp63  質問日時:2012/7/26 (木) 18:33 
macp63さんのコメント
なるほど。
ウェッジはアイアンより重くするのが「定石」なんですね!
参考になりました!!
DGで考えたいと思います。

ちなみにSWの感触が良ければ、RWも購入したいと思っています。

ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. taj  回答日時:2012/7/27 (金) 12:02
1451
「アイアンよりも重たいシャフトのほうがスウィングを安定させることが出来る」

これ正解だと思います。

アイアンがNS950の人でウェッジはDGS200という人が結構いますよ。
ウェッジ自体フルスイングすること無いですからDGでも問題ないと思いますよ。
2. duffer  回答日時:2012/7/27 (金) 21:47
1270
フルスイングすることが無いのでしたらDGでも問題ないし、バンカーの脱出だけ考えれば重い方が良いです。

ただSWフル〜ハーフショットの距離を度々打つのであればNS PROを選ぶか、少し重くしてNS WV105あたりを選ぶのが良いかと思います。DGだと重量差もありすぎるし、性格も正反対ですので。

まあ私も含めて大抵のアマチュアはシャフトのしなりをうまく使えないので実質的に問題ないというのが正直なところですが。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
ゼクシオXの最新評価を公開!
12月9日に発売されるゼクシオ10代目モデル『XXIO X』。先行試打会の参加者インプレッションを絶賛公開中! 気になる評価は?
banner
NEW RMX プロ絶賛の理由は?
“勝つために、進化”をコンセプトに開発されたヤマハ新製品『NEW RMX』。藤田寛之、今平周吾らも絶賛するその性能は?
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
待望の『ゼクシオ X』誕生!
「飛びの“芯食い体験”」でゼクシオ史上最大の飛距離を実現。『XXIO X』シリーズ 2017.12.9 発売。10代目ゼクシオの特長は?
banner
今季3勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季3勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop