ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,779
登録商品件数
8,446
Q&A質問数
3,148
Q&A回答数
14,435
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ユーティリティのシャフト選択について
1680
よくアマチュアは女子プロのセッティングを参考にした方がいいと言います。

そこで最近の女子プロや女子トップアマのクラブを見ると、ユーティリティはカーボンシャフトがほとんどのようです。
関連して、ドライバーで平均270ヤード飛ばす選手ですらアイアンのシャフトがNS850だったりします。

平均して250ヤードを打てる男性であれば、多くのクラフトマンにはアイアンはDG、ユーティリティは軽量スチールを推奨されると思います。

アベレージ100程度のアマチュアの場合、どのようなシャフト選択をするのがベターなのでしょうか?

また、現在アイアンはNS950GHのSを使用していますが、ユーティリティにNS950やGS95というのは一般的に見るとどうなのでしょうか?
 関連用語: アイアン  カーボンシャフト  シャフト  トップ  ドライバー  ヤード  ライ  ラフ 
 回答数:2 | 閲覧数:66115質問者:trend  質問日時:2012/10/15 (月) 14:06 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. keizumi  回答日時:2012/10/15 (月) 20:55
905
重要なのはアイアンやウッドとの流れじゃないでしょうか?
スコア100との事。UTに求めるのはロングの2打目でしょうか?
であれば、もしアイアンがスチールなら一般的なUTのカーボンでは軽すぎ、柔らかすぎと思います。UTはNSでも意外と飛びますし、ある程度重さがあったほうがブレは間違いなく少ないです。但し、ロフトは絶対に欲張らないのが重要で、20度などのUTはある程度の上級者かHS45以上出ない限りは手を出さないのが得策です。20度、21度などは7Wなどのほうが確実に易しいです。できればUTは24度、27度などから試されるのが良いと思います。
また、23~24度(4Iの代役)を入れるなら多少重量感のあるカーボンにリシャフトするのも手かと思いますがUT用のカーボンは意外とハードなものも多いのでショップなどで相談されたらいかがでしょうか?
2. driver  回答日時:2012/10/16 (火) 0:29
775
アベレージ100でもパワーのある方なら安定性を求めてアイアンはDG,UTはNSも良いかも知れません。
スコアとシャフト重量は直接的な関係はないです。

あなたのアイアンがNSであれば、UTは軽くないカーボンが良いと思います。シャフト重量が70gとか80gとか。
US物であれば、こういう重いのありますね。
日本製の50g台、60g台は軽すぎるのではないでしょうか。
安定性を求めるならNSでもOKです。
ただし、#5アイアンが175y飛んで、NSのUT22が180Yだと
距離に差が出ないので、カーボンにするとかの選択があると思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
美女ゴルファー香妻琴乃の使用ギア
ツアー初Vを目指す香妻琴乃が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
全英OPを制したメジャー3勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop