ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,843
登録商品件数
8,299
Q&A質問数
3,016
Q&A回答数
13,508
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
5番ウッドを吹き上がりを抑えたいのですが
1210
現在3Wと5Wでほぼ同じようなヘッド(ロイコレBBDtype兇硲達孱悖紕髻砲法同じシャフト(ランバックス7X07)を使用しておりますが、5Wは油断すると吹き上がってしまします。
スウィングに問題あるのは重々承知しておりますが、ヘッドないしシャフトの変更で対処できないかと思い質問させて頂きました。
ヘッドを小さいプロモデルにするとか(ロイコレのTP PROとか考えてます)、シャフトをもう少ししっかり目にするとか(こちらはノープランです)、悩んでます。
みなさん3Wと5Wってどうされてますか?
 関連用語: ウッド  シャフト  ヘッド  ラン 
 回答数:2 | 閲覧数:7396質問者:abekke81  質問日時:2012/11/28 (水) 22:24 
abekke81さんのコメント
ヴァルさん
書き込みありがとうございます。かなり参考になりました。書き込みにもありましたが、試打できないのがほんと悩ましいです。
ヘッドシャフトともに違う物を選んでおられるというのもなるほどと思いました。確かに周りのうまい方もそうしてたような…
とりあえずヘッドの変更を検討してみようかと思います。

ヴァルさん以外の方の書き込みも、お待ちしております!
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2012/11/29 (木) 13:24
642
FWのシャフト選びは難しい(キリがない、試打できない)ので、まずはヘッドで対応するのが良さそうな気がします。
思案中のロイコレTP‐PRO、ツアーVSの様なディープなヘッドを使ってみるのは良い案だと思います。

文章に「油断した際だけ吹き上がる」とありますので、リシャフトするほど大きな調整は要らない気もします。
ヘッド変更と若干の重心調整で対応できると思いますよ。

自分は3wと5wで目的が違い、3wは易しく飛ばし、5wは方向性を重視しています。
ですのでヘッドシャフトとも違うものを選んでいます。
2. バーディ・ボギッ  回答日時:2012/11/30 (金) 13:04
568
吹き上がる原因はスペックがあっていないと思います。シャフトが軽過ぎると思います。3Wと比較すると5Wは最低10g前後重くします。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop