ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,832
登録商品件数
8,291
Q&A質問数
3,015
Q&A回答数
13,506
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
マッスルアイアンじゃあ駄目ですか?
7442
芯に当たった時の感触が好きで,マッスルアイアンを使い続けています。
古いクラブなので5番でロフト29度37.5インチ総重量433グラムでほぼストレートネックですが,負担に感じたことはありません。
キャビティを使ったこともありますが,打った気がしないので1年足らずで止めました。
マッスルは難しいと言われていますが,十分に打てますよ。
ソール幅が広くて,ロングアイアンで,構えた時にトップラインの後方にソールがはみ出して見えるのは,生理的に気持ち悪くて使えません。
キャビティはスウィートスポットが広いと言いますが,芯から3センチメートルずれると飛ばないと思います。

スコアが悪いのは,ドライバーのOBが多い,目標に向かって正しく立てない,フルスウィングしない時の距離感が悪い,傾斜地で上手く打てない,林から出せない,パターが下手等々で,キャビティの軽量アイアンに替えてもスコアアップ出来るとは思えません。
平坦な場所なら上記の5番アイアンで180ヤード近くは打てるし,2番アイアンも持ってます。やっぱりラウンド回数が少ないせいですかねえ。

話は変わりますが,確かにドライバーは新型の方が良く飛ぶと思います。でも,買うときはいつも型遅れの値が下がったものを買います。
新型ドライバーだと飛距離が10ヤード伸びたなどと言ってますが,毎年新製品を買える裕福な人が,飛距離が400ヤードになったと言う話を聞いたことがないからです。

常にクラブを良い状態に調整できるプロのスコアが昔も今もそんなに変わっていないのも事実ですし,私の知る限り400ヤード飛ばすツアープロを見たことがありません。(私が知らないだけでしょうが・・・。)

プロは10年も20年も前のクラブでも,パーシモンの時代でもそれなりのスコアを出しています。良いスコアを出すのは道具じゃなくて腕前だと思います。私は何年たっても下手ですが。
そう言いながらも,ゴルフ雑誌の新製品紹介コーナーは好きだし,クラブ調整の記事は大好きです。(見るだけで買いませんが。)

生活が懸っている訳ではないし,年に数回しかラウンド出来ないので,OBを気にせず,そんなに飛ばないくせに人より飛ばそうとすることをゴルフの楽しみにしています。それでも500ヤード前後のホールで2オンしたことも数回あり,その時はイーグルやバーディをとったこともありますが,4パットでボギーと言うこともしばしば。
現実は,ドライバーは一番飛んでいたのに,上がってみればダブルボギーだったと言うことの方が多いです。

質問のタイトルとはかけ離れたことも書きましたが,皆様のゴルフの楽しみ方はいかがですか?マッスルアイアンじゃあ駄目ですか?

余談ですが,昔あるショップのマスターが,地面の硬い練習場で永く打っていると,軟鉄のアイアンは打撃のショックでロフトが立ってくるなんて言ってたけど,そんなことってあるのですか?

長くなって済みません。ゴルフは年をとっても楽しめるので止められません。プロフィールには平均スコアは100以上と書いてますが,ベストスコアは91です。平均スコア90前後に書き換えられるよう頑張ります。欲張らず全部ボギーで回れば90なのですが,なかなか難しいです。
プロフィールのとおり,「なんちゃってゴルフ」を楽しんでいるおじさんです。マッスルアイアンを使っている人を見ると嬉しくなります。
 関連用語: アイアン  イーグル  オン    ソール  ダブルボギー  ツアープロ  トップ 
ドライバー  軟鉄  ネック  パー  パーシモン  パター  バーディ  パット 
ボギー  ホール  ヤード  ライ  ライン  ラウンド  ロフト  ロングアイアン 
 回答数:11 | 閲覧数:30437質問者:なんちゃってゴルフ  質問日時:2012/12/3 (月) 14:17 
なんちゃってゴルフさんのコメント
G_Shockサンのおっしゃる通り,後で読み返してみて,何を質問したかったの良く分からないなあと思いました。(反省)

要は,キャビティでもミスヒットすれば飛ばないので,それなら打感の良いマッスルの方を選択しただけで,マッスルが難しい訳ではないと言うことが言いたかっただけかも。

マッスル愛好者の賛同を得たかっただけかも知れません。



色々とご意見ありがとうございました。

最近のクラブは,パソコンじゃあるまいし,毎年のように新製品が出て直ぐに廃れてしまう。ダンロップDP-201,ジャンボMTN-掘に楷FE-700,ミズノTN-87,マグレガーターニーの様な名器と言われるロングセラー商品が無いような気がして,何を買っても(私は買わないけど。)直ぐに陳腐化してしまうので,あえて古いクラブを使い続けているのです。

ぽるてぃえサンの「打感と打音、小顔のフォルムとストレートなライン、シェイプアップされたデザイン、何をとっても工業製品の機能美とも言えるような魅力に満ち溢れています。」に大いに賛同します。 特に「工業製品の機能美」

私もキャビティを否定するつもりはありません。私が一時所有していた物が打感が悪かったのです。ただ,ポケットキャビティはポケットにゴミが溜まって掃除が大変と言う話を,誰かが言っていました。(笑)
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. Frisk  回答日時:2012/12/3 (月) 14:44
714
ゴルフの楽しみは、ラウンドだけではありません。 道具にこだわったり、蒐集したり、理論武装したり、、、楽しみ方はそれぞれ。シングルプレイヤーを目指す事が正しいゴルフ道ではありません。 マッスルバックアイアンを使って仮にスコアを2つ3つ損しても、打感にこだわりたいのなら、それは正しい楽しみ方です。 おっしゃるようにアマチュアの場合、道具でスコアが劇的に変わることは無いでしょう。 クラブとボールを最新型にしても、10%飛距離が伸びる事もありません。 (もしその度に伸びていたら、今頃ドライバーは500ヤード飛んでます 笑) 
ただ、、、クラブの進化、特にカーボンシャフト、キャビティーアイアン、チタンヘッドドライバー、これらの登場はゴルフの楽しみを幅広い年齢に提供してくれていると思います。 高齢のゴルファーが350ヤードを2オン出来るのは、道具進化の恩恵が少なからずあるでしょう。 ゴルフは個人のスポーツです。マナーを守ってプレイすれば、楽しみ方も人それぞれ。飛距離のみを求めるのも楽しみ方の一つです。 自分の価値観を押し付けるのは止めたいものです。 ただしマナーの中には「腕前を考慮する、、、」もあります。 初心者の頃、「打ったら走れ!」と教えられたのはそのいい例。 そしてそれは道具選びにも若干当てはまるかもしれませんね。 
2. umd_ライト  回答日時:2012/12/3 (月) 15:47
648
ダメじゃありませんよ。
誰もあなたの楽しみ方を否定はできないはずです。
マッスルアイアンで頑張ってください。

以下、私の勝手な解釈ですので失礼などあればご容赦ください。

文面よりスコアも相当気にされ、マッスルアイアンに対して迷いを持たれている様子。
マッスルアイアンを使われることは結構なことですが、
その迷いや不安で悪い影響が出ることは必至です。
今一度、マッスルとキャビティの機能面の理解を深め違いをはっきりとさせた上で検討されてはいかがでしょうか。

今は軟鉄のセミキャビティというのもありますよ。
3. G_Shock  回答日時:2012/12/3 (月) 17:49
659
失礼ながら…話が長く&また内容も散漫で何をおっしゃりたいのか
イマイチ??ですが、要は
4. G_Shock  回答日時:2012/12/3 (月) 18:09
619
スコアが悪くてもマッスル使ってるが、それがなにか?というコトですよね。別に何を使おうと関係ないでしょう。自己満足の世界…
ただ個人的には、HC30程度だと練習場ではともかく実戦でマッスル
それも年季モノのを使いこなすのはちょっと難しいと思いますけど。
5. フォーブ  回答日時:2012/12/3 (月) 20:33
646
こんばんは。
マッスルバックでしっかりスイングを固める、これは決して悪いことじゃないと思います。確かに簡単なクラブの方がスコアはまとまるでしょうが、どこに当たってもそれなりに飛んでしまうクラブではスイングの核が出来上がりません。
質問者様の言いたいことは、いまのゴルフ事情に対する問題提起のようなことも含まれていると思います。本当はひとつのクラブをじっくり使い込んでいった方がよっぽどためになるのに、怒涛のような新製品ラッシュでそれを許さない業界のようなものへの。
こういう場合、大抵『そんなの買わなければいいだけの話』、なんて反論が出ますがそういうことは言わないでくださいね。やはり真実を覆い隠すような業界のやり方には疑念を覚えます。
まあ一度踊らされてみるのも悪くないですが・・・、お金掛かりますし、その分ラウンドに一回でも多く費やすという考えの方が健全に思えます。

私はなんちゃってゴルフさんの言いたいことよくわかりますよ、同じ方向性でゴルフをやっている方が居られるのがわかって嬉しいです。
6. koni  回答日時:2012/12/3 (月) 21:30
614
私の勝手な解釈ですので失礼などあればご容赦ください。

ズバリ、だめです!

スコアアップすることに喜びを感じるのならば(文面を読むとそう感じます)、あなたにとって合っているクラブを使うべきです。

色々なミスがでるようですが、マッスルバックはミスの許容度が極端に小さいです。それに比べてキャビディはそれが大きい。
つまり、傾斜などのミスにも強いということです。

プロは言います。アマチュアはもっと簡単なクラブを使うべきだと。
マッスルバックはプロにとって、玉を操るという意味で一番簡単なのです。
ぜひ、キャビディをお使いください。
はっきり言って、すぐ慣れます!

良いスコアがでるものならば、なんの抵抗もなくなりますよー!
7. ゆっきー  回答日時:2012/12/3 (月) 23:08
923
別にいいんじゃないでしょうか。
私もマッスル使用してます。
年に数回のラウンドで楽しむなら好きなクラブで楽しめばいいと思います。
マッスルでも良いところありますよ。
ミスしたときに飛ばず、OBを免れる事(笑)
結果を見るとキャビティとスコア変わらないかもしれません。

ただし最近はボールが進化してクラブとの相性があるので
新しいクラブの方が良いのかもしれませんね。
実際詳しく無いので分かりませんが、、
皆さんそれぞれの楽しみ方がありますので
なんちゃってゴルフさんの楽しみ方でエンジョイしてください。
8. アダ息子とユニ黒  回答日時:2012/12/3 (月) 23:28
668
マッスルアイアン最高じゃないですか。

私はマッスルアイアンを買っては挫折して手放し、また魅力に惹かれて買戻して、新作に手を出しては売り払いながら今でもマッスルを使い続けています。

打感と打音、小顔のフォルムとストレートなライン、シェイプアップされたデザイン、何をとっても工業製品の機能美とも言えるような魅力に満ち溢れています。

官能的な表現でみなさんの気持ちを害してしまったかもしれませんが、決して大げさな表現でもなく、マッスルの魅力に憑りつかれてしまった馬鹿な人間だと思って頂ければ結構です。

みなさんのおっしゃる上達論、技術論、見栄論、道具論はとてもよくわかります。
もっと楽にゴルフをしたいとか、セカンドショットで確実にグリーンに乗せたいと思って、セミキャビティーや飛び系アイアンを試してみましたが、結局、物足りなくてマッスルに戻ってしまいました。

スコアも劇的に変化するわけでもなく、パーオン率が上がって平均で5打くらいの差が出ましたが、そこには求める楽しみがなかったのです。

例えが相応しいかわかりませんが、車に例えるならマッスルは足回りの固いマニュアルのスポーツカーみたいなもので、乗り心地が悪いのにもかかわらず、その運転する楽しさは計り知れないという感じでしょうか。

上手く説明できてないかもしれませんが、賛同して頂けなくても大いに結構です。決して全てのマッスル好きがこのような輩とは限りませんので誤解の無いようにお願いします。

みなさんも一度手にしてみてはいかがですが、マッスルアイアン!
その魅力と存在価値が理解してもらえるかどうかはあなた次第です。
9. 芝刈大好  回答日時:2012/12/3 (月) 23:59
670
マッスルバック・・・良いではないですか!
しかし、キャビティでも良いではないですか。

文面を読んで思った事は、キャビティに対する偏見がある様に感じます。
私のプロフィールをご覧になればお解り頂けると思いますが、私もMBが好きで
使い続けてはいますが、キャビティの長所は重々承知しているつもりです。
そして、それを否定するつもりは更々ありません。

MBが易しいか否か、或いはCBが云々はそれを使う人に因って変わる事であり、
巷で易しいと言われるCBが有ったといして、それを100人が手にして、100とも易しいと感じるかと言えば、答えはNOです。
真っすぐしか飛ばないクラブを易しいと理解している人もいれば
どうにでも曲げられる(言い換えれば曲がりやすい)クラブを易しいと感じる人など、求める事(易しいという概念)は千差万別です。

また、ミスに寛容なクラブを使えばスコアは間違いなく向上します。
これは断言できます。最近のプロは一昔前(或いはそれ以前)より格段に易しいクラブを使っています。なのにスコアが大して変わらないと疑念を持たれている様ですが、答えは極当たり前の事です。
コース設定が昔とは違い、クラブの進化に伴い、コースを改造したり設定を今のクラブに合わせているだけの話です。(オーガスタなどが判りやすい良い例です)

最新のDRは昔のDRより間違いなく飛びます。
飛距離が15yのびた。或いは20y・・・あり得ます。
ただそれは、誰が?ですよ。それはもともとのスイングでは巧く使いこなせない人達が、それらを補ってくれるアイテムを使えばの話で、誰もがの話ではないのです。
メーカーが「易しいクラブを作りました!」と宣伝しても、それは誰に?を考えなくてはいけないのでは?
断言できる事は、なんちゃってゴルフさんにとって易しいクラブを作った訳ではないって事です。
仮に1000万人のゴルフ人口が有ったとして、半数以上はアベレージ100以上です。(決して卑下している訳ではないですよ)その人達のデータを解析して
傾向を判断して不特定多数にとってメーカーが売れ筋を割り出したに過ぎない事です。

物事の奥深くまで掘り下げてイロイロ調べるのもまたゴルフの楽しみですよ。

最近はマッスルのテイストを持ったCBは掃いて捨てるほど(表現は非常に外道ですが)是非吟味してみてください。とは言え、古いモデルを使い続ける事は決して否定はしませんよ。

最後に硬いライからの練習でロフトが変化するかというのはナンセンスでは?
我々素人の練習量でそんなにすぐに変化する様では市販は出来ないでしょう?
ショップのマスターは極端な例を挙げただけで、それを鵜呑みにするのもどうかと・・・(100%の否定はしませんが)
クラブが壊れる前に、人が先に壊れます。
10. keizumi  回答日時:2012/12/4 (火) 9:41
639
マッスル、大賛成ですよ。私も以前、MP-37養老特注で刻印、デザインともに変えて使っていた口です。当時は週2練習、年間40ラウンドしてましたが、調子がいいと本当にびしっと来て酔いしれていました(笑)ちなみにその後、Xフォージドに変えました。パーオン率は平均35→45程度になりました。今はさらに楽にPINGです(笑)。ちょっとダフったり、ちょっとトウヒットしてもグリーン回りまで行くのか、もしくはぺチって音がして大きく逸れるのか、位の差はあると思います。スコアはどうでしょう?たぶん調子がいい時はマッスルのほうが寄るし、まとまるのはキャビティかな。
スコアを気にされるならキャビティ。趣味ならマッスル。
どうせなら両方持ってたら楽しいんじゃないですか?
マッスル、やっぱりいいですよ
11. かわせみ!  回答日時:2012/12/8 (土) 7:21
642
テーラーのr7からミズノMP-30、そして現在はMP-67を使ってます。
私程度の実力では、CBでもMBでもスコアーはそれほど変わらないので好きなアイアンを使うほうが楽しいかと選びました。
MBアイアンの多くはロフトが寝ているので長めのアイアンが打てるのと、ウエッジを1本追加するだけで済むのが良いと思ってます。
PWが48度でSWが56度ですが不満を感じた事がありません。
ショートゲームが下手なのでそれ以前の問題かもしれませんが。。。(^_^;)
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop