ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,745
登録商品件数
8,444
Q&A質問数
3,143
Q&A回答数
14,397
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
アイアンが高弾道過ぎる
1621
DRのHS42です。アイアンはタイトリストVG3(2012モデル)のNS950GHのRを使っています。捕まったいい球ですが弾道が高過ぎて飛距離が7鉄で140程度です。ハンドファーストを意識するのですがダウンブローになっていない為の様です。因みにフレックスSでも高弾道です。低いライナーの球を打つにはどうしたらよいのかご教示ください。よろしくお願いします。
 関連用語: アイアン  ダウン  ダウンブロー  ハンドファースト  フレックス  ライ  リスト 
 回答数:3 | 閲覧数:14903質問者:梅太郎  質問日時:2013/1/24 (木) 16:14 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. driver  回答日時:2013/1/24 (木) 19:04
624
ショートアイアンで球をスタンスの真ん中に置き、ハンドファーストになるように構えます。そしてスイング中にずっと左足に重心を保つようにスイングする感じでどうでしょうか?
左足を前に出した極端なクローズスタンスもそのスイングはしやすいと思います。
逆に極端なオープンスタンスの練習も効果的です。
体重が残る人はクラブが球に届かず打てません。
両方試してみて下さい。

それとダウンーインパクトーフォローで右肩が下がったり、のけぞる形は絶対に避けるように注意です。
フィニッシュではIの字がOKでCの字はNGです。
2. evo4913  回答日時:2013/1/30 (水) 12:33
514
アイアンはアドレス時よりインパクトでロフトが立つのが正解ですが、貴殿の場合インパクトロフトが寝ていると考えられます。
 
恐らく打ち込めずにカチ上げスイングになっていると想像できます。ミスショットがダフリ、トップ両方出ませんか?
 
グリップを指2本分短く持って、ボールを左足前に(右打ちに場合)セットし、野球で言うピッチャーライナーをイメージし打って見て下さい。体重移動とダウンブローが体感出来るかも知れません。
3. にゃん太  回答日時:2013/2/7 (木) 13:56
483
ドラHS42mなのでまるで同じです。

自分は7鉄は145〜150yです(ヤマハのポケキャビ+マレージングフェイス・ストロングロフト=7鉄30度)

意外かもしれませんが7鉄で150y打てる人は少ないのが現実です。

自分の周りも平均は140y強でしょうか・・・。

そりゃ一部の飛ばしや連中(ドラで270yとか打つ人)は7鉄160yとか居ますが・・・。

140で真っ直ぐなら良しじゃないんでしょうか???
上がって止まる、真っ直ぐ。最高じゃないですか?

某雑誌では7鉄の平均飛距離142yなんてのも見た事があります。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
『MODUS3』全英連覇に挑む!
全英&オーガスタを制したN.S.PRO MODUS3。“Made in Japan”の力で全英オープン連覇を狙う!29名の使用プロが全英OPへ!
banner
美女ゴルファー香妻琴乃の使用ギア
ツアー初Vを目指す香妻琴乃が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop