ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,832
登録商品件数
8,291
Q&A質問数
3,015
Q&A回答数
13,506
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
(動画有り) インパクトの形
2914
始めまして。
よろしくお願いします。

切り返しからインパクトにかけてどうしても上体が浮き上がってしまいます。
低重心を心掛けているもの、添付動画のように体が伸びています。。。。
http://youtu.be/HJKILUiGNjw

おかげで打点だ上下に振れてしまい、弾道やスピン量が安定しません。
原因が分からずです。

アドバイスを頂けると幸いです。


クラブは6番です。
練習なので右脇にグラブを挟んでおり、フォロースルーは大きくとっていません。
 関連用語: インパクト  切り返し  重心  スピン  フォロー  フォロースルー 
 回答数:6 | 閲覧数:10645質問者:shiroshiro  質問日時:2013/1/25 (金) 2:05 
shiroshiroさんのコメント
皆様、ご教授ありがとうございます。
手打ちで打つ癖などはご推察の通りです。。。スライスはほとんどないのですが、ミスショットは力みによるフックになっています。(これも課題です。。。)

Driver様、

ご丁寧な説明をありがとうございます。
お尻の力を入れる点はまさにその通りで、ちょっと意識してる点です。ただ、お尻に力を入れると腰の回転不足が不安になり、つい下半身が流れてしまいます。お教え頂いた点を留意して、練習をしてみたいと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. しゅん  回答日時:2013/1/25 (金) 9:27
518
やや手打ちっぽいですね。

下半身や腰の回転がうまく使えてない
      ↓
タメがキープできない。
      ↓
コックがほどけて
クラブの行き場が無くなり
      ↓
そのままではダフるので、
自然に上体が起き上がりダフらないように回避している。

ってとこですかね。
この動画ではよく解りませんね。
頑張ってください。
2. taj  回答日時:2013/1/25 (金) 11:27
481
質問者さんの身長は???
3. maimai  回答日時:2013/1/25 (金) 12:58
483
無礼な文面があった場合はお許しください。
気になった点。
アドレス、バックスイングが早過ぎる、多少インサイドに引いている、トップの位置、スウェー、レベルに腰が回転していない。
全体的な改善策として、
●両肘を絞るように構え肩の力を抜き適度なフィンガープレッシャーを試みる。
●ハンドファーストのまま、または一旦フォワードプレスにし(=インパクトでの再現です)バックスイング始動。
●その時に小指側から手首を折り、結果として右肘が畳まれる。
●右膝をロックさせ、クラブヘッドを追いかけるように多少アウトサイドに引くようにバックスイングする。
●追いかけ終わったらスウェーと左手のレイドオフをチェックする。
●下半身始動として、右膝を内側に内傾させ左足がスウェーしないように腰を積極的に回す。
●意識としてはトップの形をキープしたままダウンスイングする。(右肘を絞りながら・引き付けながら・二の腕を返す・フォローを大きくとる…など余計な事は考えない)
●結果、アドレスでのハンドファーストに近い状態でダウンブローに下りてきてインパクトを迎える。
この一連の動作をゆっくりと何度も行う。
ご参考になれば幸いですが、個人差があるので全て正解とは言えません。
4. driver  回答日時:2013/1/25 (金) 20:06
510
インパクト付近で腰が球の方に向かい前傾が無くなるんですね。
お尻を壁に付けて、クラブは持たなくて良いですが、お尻が壁から離れないようにゆっくりスイングしてみて下さい。
5秒位かけてスイングを完成させるイメージです。
そして何回も何回も繰り返し、徐々にスピードを上げてもお尻が壁から離れないような体の動かし方を身に付ける。

腕を急に引き付ける癖があるので、立ち上がってしまうのですね。

それと普段より20cm位球を遠くに置き、前傾を深くしてゆっくりスイングするのも良いと思います。はじめは50ヤード飛ばすようなゆっくりスイングが良いと思います。
5. umd_ライト  回答日時:2013/1/27 (日) 8:03
484
ご参考になればと思いコメント致します。
ご無礼などあればご容赦くださいませ。

始動がクラブヘッドから動いています。脇をしめる練習中なので肩と腕は同じように始まるべきと思います。

テークバックをインに引き過ぎです。右脇を締めているので若干はインに上がると思いますが、ハーフウェイバックでグリップよりかなり下にクラブヘッドがあります。

トップの高さが不自然です。通常のスイングでは動画辺りまで上がるのでしょうが、右脇を締めているはずなのにここまで上がるということは肩と腰の捻転差を崩すしか無いと思います。

インパクトでの伸び上がりですが、
私が思うに伸び上がりはそれまでの動きの反動だと思います。
まず、テークバックからインに上がるとその反動でアウトから切り返されます。
アウトから入ってくるクラブをフック意識でインから出そうとすればアドレス時のシャフト角度より縦に下りてきます。
すると、最下点が体寄り+地下 になると思います。
体は器用に反応します。
球に近付く+地面に当たるを回避 の反応から伸び上がるのではないでしょうか。

試すには、
極端にアウトから上げて、インから出る状態を作って伸び上がりを確認してみてはいかがでしょうか。
その時ナイスショットは必要ありません。伸び上がるかどうかを確認して下さい。

ひとつ、ふたつ前の動きに捕らわれず、根本的な原因を探すことが最短の道だと思います。
私自身もまだまだこれからですが、お互い効率良く成長できるよう頑張りましょう。^^
6. takkun  回答日時:2013/1/30 (水) 18:04
438
動画を拝見しました。

切り返しで右肩の筋肉を使っているため、右の空間が潰れ、本来ならばアウトサイドイン軌道になるはずです。それを、上体を浮かしてクラブの通り道を作っていると推察します。おそらく、上体を浮かさないと、スライスが出ると思います。本能的にそれを回避しているのではないでしょうか。

そこで、切り返しで右肩の筋肉を使わないようにするのが根本的な解決になると思います。これはゴルフスイングの最難関の一つと言われるテーマなので、根気と創意工夫が必要と思います。右ひじを真下に落とす、左ひざをアドレスの位置に戻す、腰を水平移動させる・・・など色々な方法があり、どれがその人の感覚に合うかは、試してみないと分からないと思います。

アドレス・テークバック・トップの形や、リズムは素晴らしいと思います。スイングがここまで美しい人は、なかなかいないと思います。頑張って下さい!
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop