ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
28,216
登録商品件数
8,664
Q&A質問数
3,342
Q&A回答数
16,006
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
グリップの手順
2226
アドレスの時、グリップは左側にありややハンドファーストになると思いますが、、、

手順としてはグリップを握ってからハンドファーストにしますか?
それともハンドファーストの状態にあるグリップを握るのですか?

私は中央で握ってからハンドファーストにするようにしているんですが、間違っているならわざわざウィークに握ってるようなものかなと思いまして。

わかりにくい質問ですみませんが、よろしくお願いします。
 関連用語: アドレス  グリップ  ハンドファースト 
 回答数:2 | 閲覧数:9790質問者:OSA  質問日時:2013/3/29 (金) 18:17 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. nos927  回答日時:2013/3/29 (金) 19:36
1099
私の場合はルーティーン途中、前傾をとる前に右手グリップがみぞおち前にくるようにグリップします。この状態でハンドファーストにしてあるのでそのまま前傾をとるとハンドファーストのアドレスになるという感じです。
↑説明下手ですみません・・・

自然なグリップでハンドファーストになっていないとインパクト時にハンドファーストがほどけてしまうので
「グリップを握ってからハンドファーストにしますか?」

「私は中央で握ってからハンドファーストにするようにしているんですが、間違っているならわざわざウィークに握ってるようなものかなと思いまして」

私はこの2つはNGだと思います。おそらくロフトが寝やすく打球が上に抜けると考えられます。

ルーティーンが確立されてないのであれば
「ハンドファーストの状態にあるグリップを握るのですか」
が良いと思いますよ。
                                             
2. sayonarasu  回答日時:2013/3/30 (土) 5:41
1127
二つの方法があると思います。
①教科書通りに垂直に立ているときにグリップを作ってから、前傾する方法
②クラブをセットしてから人間が位置を決めて姿勢をとる
①をマスターしてから②にうつるべきだと思います。
ちなみに手の位置は常に左足付け根付近が良いと思います。
私が②を使うときはフェアウエーウッドを使うときです。(方向が大切なので)
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
2018年1月9日全貌公開!
EPICを超えなければ、出す意味なんてない。革新には、続きがある。いよいよ1月9日、キャロウェイ新モデルの全貌が明らかに!!
banner
CLEVELAND CBX ウエッジ
許容性の高いキャビティバックウエッジ。ボールの落下地点のバラつきを抑えショートゲームを容易にする。12月23日発売!
banner
Be ZEAL 535ドライバーが当たる
本間ゴルフの新製品『Be ZEAL 535』クチコミキャンペーンを開催! 詳細はこちら>
banner
金eggボール モニター結果!
もっと飛ばしてもっと楽しく!PRGR初の高反発ボール『金 eggボール』をmy caddieモニター100人はどう評価したのか?!
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
今季3勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季3勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop