ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,765
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,875
Q&A回答数
12,489
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
インパクトの腰の浮き
802
よろしくお願いします。

最近の癖でやっかいなものが付いてしまい、苦労しているので修正法を教えてください。

その癖というのが、ダウンスイングで右腰が前に来てしまい、インパクトでは両方のお尻が前に突き出てしまい、伸び上がっています。
それが原因なのか、トップが多発し、稀にダフリまで出てしまう状態です。

インパクトでは、右腰が先に行ってしまうからか、かなり腰が開いてしまっています。

いろいろ意識して試しているのですが治せません。

どうか、修正法などありましたらよろしくお願いします。
 関連用語: インパクト  スイング  ダウン  トップ 
 回答数:2 | 閲覧数:13623質問者:PTっち  質問日時:2013/5/8 (水) 7:32 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2013/5/8 (水) 9:45
406
ダウンスイングで腰を切ろうとして右膝が前に出てませんか?
右膝を左膝に寄せる意識で腰を切れば、腰はその場でターンしますので、右腰が前に出ません。

スイングアドバイスは苦手なのでこれで改善されるかわかりませんが、一度試してみてはいかがでしょう?
2. Dragon3  回答日時:2013/5/8 (水) 22:10
396
自分の体をコントロールするには、自分のやりたい理想の形を覚え込ませるしか無いのかと思います。
腰が前に出るのを治すのなら、
壁に背にして5cm程度離れてアドレスをし、バックスイングは右の股関節にシワを作るように回し込み右お尻が壁に触れるようにします。
そこからダウンスイングして行き、今度は左の股関節にシワを作るようにまた、左お尻が壁に触れるようにし、それを離さないように前傾を保ちフォローして行く。
肩から肩までのコンパクトスイングが良いと思います。

このスイングを、体のどのパーツをどう動かせば出来るのか、じっくりゆっくり何回も何回も行い体に覚え込ませる。
あとはクラブを持っても同じように、なぞるようにスイングする。
これらを繰り返し、クラブを持たないスイングと実際に球を打つスイングの差を無くして行く事で伸び上がりを修正してみて下さい。

追記ですが、スイングは手でコントロールするわけでは無いので、練習スイングは腕は組んだ状態が良いと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop