ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,474
登録商品件数
8,234
Q&A質問数
2,977
Q&A回答数
13,178
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
タメの作り方
2325
飛距離を伸ばそうと、最近「タメ」を意識して練習していますが、
イマイチうまくいきません。
(小手先でタメを作ろうとしているせいか、トップしたり振り遅れたりしています。)

どこ(何)を意識すれば、うまくタメが作れるのか(もしくは結果的にタメができるのか)
御教授頂けないでしょうか。

スイングタイプは典型的なボディターンタイプでHS43程度。
7Iでナイスショットでも140yしか飛びませんが、
うまくタメが出来た時には160yぐらい飛びます。
ただ、自分で何が良かったのかサッパリ分からず再現性が低いです。
 関連用語: スイング  トップ 
 回答数:8 | 閲覧数:22565質問者:wayne  質問日時:2013/5/27 (月) 17:15 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. abekke81  回答日時:2013/5/27 (月) 23:03
316
あくまで個人的な経験で。
コックがほどけるのが早い癖があるので、切り替えし時にしっかりコックを使っていることを確認するような意識をすることで、タメというか間がとれるようになりしっかり球を捕まえれるようになりました。
とはいえ、スウィング作りは信頼できるプロを見つけて定期的に習うのがよいかと。
2. Dragon3  回答日時:2013/5/27 (月) 23:58
304
私な考えですが、特に最近のようにシャフトも長くまた良くしなり、ヘッドも反発が良いクラブの場合、タメは一切必要無いのではないかと考えます。

タメは自分で意識して作るものではなく手を使わなければ自然に作られるのではないでしょうか。

コックも意識して作らなくても、自然に作られる。

意識するのであれば、インパクト時に右手首がくの字になっているかどうか?手を使わなければ出来るはずです。
3. むんむん  回答日時:2013/5/27 (月) 23:59
301
私は初心者で参考にならないかもしれませんが、私も典型的なボディターン、7Iで140〜160と似ています。
タメを作る事につながることと思えることで、レッスンプロに言われたことは以下です。

1バックスイングからトップへ上がり切る少し前に左足へ加重開始
2トップから右ひじを真下に降ろす意識を強くしてダウンスイング
3ダウンスイングでクラブが立って降りてくるように
4手首と手の力を抜いてダウンスイング
5インパクトで、怖がらずに右前にボールを打ち出すイメージ

初心者なので的外れなことだったらすみません。
1〜4の方がより直接的だと思うんですが、私の場合は5でタメが作れるようになったねと言われました。
(特に2と3ではダフりが激増して大変でした笑)
たぶんインパクトのフェースをスクエアにしようしようという意識が強くて、タメがほどけるのが早かったんだろうと思います。
右に打ちだそうと意識すると、自然とコックはほどけないまま手が身体の近くを通って、身体の前でほどこうとしたみたいです。

繰り返しますが、的外れだったらすみません。。。
4. Maple  回答日時:2013/5/30 (木) 7:00
284
手先でタメをコントロールするのはあまりお勧め出来ません。
むしろ手先は脱力し、体幹の動きによって「溜まる」ものだと思ってください。

バックスイングでは特に手首は両手の甲側に折れないことだけ意識して出来るだけ脱力します。
左腕は伸ばしますが、ひじを張るというより腕が引っ張られる感じで伸びていくイメージです。
腕全体がしなる程度にひじが曲がるのはOKですが、完全に折れてしまってはタメにはなりません。
コックは左手親指側が折れるイメージですが、手首の力で折るのではなく、バックスイング時のクラブの慣性によって勝手に折れるイメージです(これもタメです)。
下半身も前傾軸の角度を保ったまま右に回しますが、このとき右足の内側から右足の母子球にかけて張りを感じるようになればよいでしょう(下半身のタメ)。
順番としては下半身(腰)→肩→腕の順で動かしてそれぞれタメを作っていく感じです。

トップの位置で左の肩口から左手の左側面(小指側)にそって張りを感じられればOKと思います(それと上述の右足の張り)。
そこからダウンスイングでは腕を下ろすことを意識せず、前傾を保ったまま左へ体重移動を行えば腕は勝手に下りてきます。
トップからダウンへの切り替えしの時に、上記の左腕の張りが最大になり、その反動(タメ)がヘッドスピードを加速させます。
腕を振ろうとすると、グリップが浮いてアウトサイドインになったり、ネックに当たってシャンクしたりします。
腰を積極的に回すしてタメを作る人もいるようですが、私はそれやると右腰が前に突っ込み、前傾が保ちづらいのでできません。
ただ前傾を保ったまま体重移動をすればちょうどよく腰がまわるような感じです。
上述の下半身のタメがあれば反動で右足を蹴る動きになり、結果腰が回るような流れです。

このときに肘が曲がっていたり、手首に力が入っているとタメになりません。
手首が脱力してても手の甲の方向に(だいたい左手の甲が甲側に折れることが多いと思います)折れていると、タメがあって玉は飛んでも方向がまるで安定しません。

蛇足ですが体重移動時のヘッドアップや前傾の解消も方向性に影響を与えますのでご注意を。

私も7Iで140Y程度でしたが、今では180Yくらいです。がんばってください。
5. わし  回答日時:2013/6/1 (土) 11:29
265
タメとはトップでの左腕とシャフトの作る角度、左手首の折れ度、ですから、意識的に作らないように上げなければ、誰でもできています。
一般的にタメができていないとは、できていないのではなく、タメのリリースが早い場合が多いと思います。タメをキープするだけであれば、右手の親指、人差し指、及び小指を握らずにスイングすればできると思います。
6. G_Shock  回答日時:2013/6/1 (土) 16:15
293
タメ、難しいですよね…
よく練習場でプロゴルファーのスイングの分解写真、とくに
インパクト手前の脇の閉まったカッコイイイメージでタメを練習
されているかたを見かけますが、残念ながら肝心のインパクトで
右手首がボールをしゃくりにいって、結果はトップ&ひっかけと
いうのを見かけます。
タメの効いたショットはボールは左・低めには出ず、飛球線に対して
やや右め、高めのドロー系の球筋になります。
前述のむんむんさんのコメント5、右側にうつイメージというのは
手首がリリースされる前にインパクトするのに効果あると思います。
慣れないうちはプッシュアウト気味(最悪シャンク)になるかも知れませんが、練習を重ねるうちにフェースターンのタイミングが分かるようになり、ややドローの球がうてるようになるはずです。
なお、アイアンよりもFW5や7で練習したほうが球の高さ、伸びの違いが
ハッキリとわかるかも知れません。
7. 北のうちやん  回答日時:2013/6/2 (日) 9:44
293
質問者の年齢から考えると、まだまだ体は硬くないと思いますので、テークバック時に左腕の肘が曲がってしまうか、曲がらないでテークバック出来るかの問題だと思います。
8. tcku1427  回答日時:2013/7/26 (金) 1:25
269
腕の力では無く、体でクラブを下ろす事でしょうね。
振り遅れるイメージで常に体の動きよりも後にクラブが付いてくると自然とタメが出来ます。
クラブを振るのではなく、クラブに振られるんです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
石川遼、R.マキロイ使用ドライバー
話題沸騰中のキャロウェイ『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー 2月17日デビュー! 石川遼、R.マキロイが使用中!
banner
NEW PHYZボールモニター大募集
ブリヂストンスポーツから3月3日に発売される『NEW PHYZ』のボールモニター120名を募集します!詳しくはこちら!
banner
シリーズ3代目 コスパもGood!
クリーブランドRTXシリーズの最新作「RTX-3」が2月18日にデビュー。15,000円という価格も人気の秘密だそうです。
banner
BSグローブモニター結果発表
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
2016年に3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop