ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,777
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,880
Q&A回答数
12,522
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
左一軸打法の会得に日々研鑽を積んでます。
9071
左一軸打法の会得に日々研鑽を積んでます。但、解説が少なく実践者のA.バデリーのスイングを見て練習するしかありませんが、インパクト時左に流れるのが悩みです。正しいメカニズムを教えて頂けませんか?
 関連用語: インパクト  スイング 
 回答数:4 | 閲覧数:70291質問者:born duffer  質問日時:2008/12/2 (火) 8:11 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 芝刈大好  回答日時:2008/12/7 (日) 0:01
2479
左一軸打法・・・初めて聞きました。

普通、軸はセンターか或いは二軸がセオリーなのでは?
左で軸を取るという事は体重移動をしないという事?
アプローチではあり得るけどDW、FWやアイアンショットではありえないのでは?
ショットにビハインド・ザ・ボールというセオリーがあるのですが?
そこから左に体重を移していくのですが?

バデリーのスイング・・・軸はセンターでフィニッシュで左に乗っているハズですが?


もう少しどんな動きなのか補足の説明がないと・・・

あえて言えば、スイング中で左に軸を置いてインパクトすれば、スイングという動作からすれば当然カラダは左に流れ、出球は恐らく左でしょうね。ヒッカケ又はフェースが開けば力のないドスライスではないですか?
2. Nob  回答日時:2008/12/7 (日) 12:42
2543
確かに詳しい解説等はあまり見かけないですね。
一軸での飛ばし屋では当たり前のように実践していたりするんですけど、説明しようと思うと難しいのかも。
ただ、簡単にいうと左一軸はイメージとしての軸位置と考えてもいいと思います。

その位置は真ん中より少し右程度で、左耳から左脚付け根内側の腰までのラインをイメージする感じです。その軸を中心に肩を廻していくようにする、その時に腰下で(耐えて)軸をキープすることでパワーが溜まるんです。

ポイントは脚の使い方のように思います。
バックスイングでは右膝角度を変えずに踏ん張り、左足は軽くヒールアップくらいがいいかと(左足ベタだと肩が廻らないか腰が動き過ぎて軸ブレします)。
切り替えしからは右脚に溜まったパワーを開放して(蹴って)いくので、左脚はパワーを受け止める(押し返すのではなく)ようにすることで軸キープになります。
このイメージはインパクト&フォローまでフォロー&フィニッシュでは左足上に全体重がのっていくようにすることで振り切ったスイングのカタチになります。

左一軸というと体重移動しないイメージもあるかもしれませんが、バックスイングでは体軸より(右打ちで)右側に腕やクラブがありますから当然右に体重が乗り、その後パワーを開放し左(飛球方向)へ体重と共に移していくので左足体重で打つのとは違います。

また、インパクト時左に流れるとの悩みですが、軸イメージの脚使いがマスターできれば余計な腰の動きがなくなるので解消できると思いますよ。
3. ウッティー  回答日時:2008/12/8 (月) 12:55
2711
A.バデリーのスイングは【Stack & Tilt】の名称でアメリカで少し話題になっているようです。
日本では【左一軸打法】と雑誌がとりあげていますが、正確には左一軸とは目指していることが違います。
やり方は下記に記載しておきますね。


アドレス

・背骨は傾くことなく、両肩は両骨盤の上にある。(Stack)
・両足はリラックス。
・左足と右足の体重配分は、55%:45%。
・顔は傾けないように。

バックスイング

・肩は、下向きの急な角度で回転する。
・トップでは左足への体重配分が少し増える。
・背骨はターゲットに向けて傾く。(Tilt)
・右足は伸ばし、左足は曲げる。

ダウンスイング

・お尻をターゲット方向にスライドし、背骨はターゲットとは逆方向に傾く。
・頭は動かないように。
・お尻をトップできていた左への傾きからリリースする。
・インパクトで両肩が飛球線と平行になる。

フィニッシュ

・お尻をターゲットに向けて動かし続けるようにして、背筋を伸ばす。
・90%の体重が左足にかかるように。
・両腕が伸ばしておく。


Golf Digest より
4. Yana300  回答日時:2011/1/7 (金) 20:29
1344
2009年7月の米国版ゴルフダイジェストにA.バデリーをモデルにした左一軸打法(正しくはスタックアンドティルト(Stack&Tilt)として紹介されました。

タイガーウッズの新しいコーチ・ショーンフォーリーはこの打法のグループに属しているのでタイガーもスタックアンドティルト(Stack&Tilt)の要素を取り入れているみたいです。

タイガーが取り組んだと言う事で、日本でも左一軸打法として話題になっていますが、野球の王選手のように左足一本で打つ訳ではありません。スタックアンドティルト(Stack&Tilt)の解説でも「左一軸」と言う言葉は一切でてきません。

この打法の基本は両足と腰、両肩の中心(首の付け根)をセンター軸として回転する打法で、左足にすべての重心を移すものではありません。

ただ、バックスイングで右足に重心や体重を乗せていくのを行わないのです。体重配分が常に左足の方が多いために、日本では「左一軸」として紹介しているのではないでしょうか。

米国ではスタックアンドティルト(Stack&Tilt)打法としてDVDや本が販売されています。残念ながら日本では販売されてなく、日本語の解説書もありません。また、スタックアンドティルト(Stack&Tilt)はオーストラリアの「左一軸」とは根本的な相違があります。

私も始めはウッティーさんの回答にあるようにゴルフダイジェストの記事を参考にこの打法をトライしてみましたが、なかなか上手くいかないので米国からDVDを取り寄せて勉強しました。

DVDを見ると本質はかなり深く、素晴らしい打法であると確信して現在この打法に取り組んでいます。
詳しくはゴルフダイジェストの私のブログを参考にして下さい。
http://blog.golfdigest.co.jp/user/stackandtilt/daily/201010/01
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TEAM HONMA今季国内外ツアーで20勝。TOUR WORLD『TW737』デビューキャンページ実施中!詳細はこちら
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop