ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,517
登録商品件数
8,248
Q&A質問数
2,981
Q&A回答数
13,210
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
UTのシャフトについて
716
アイアンをDGのS200DSTを使用してますがユーティリティが現在タイトリト910の 19をNS950です。
やはりDGに合わせるほうがいいでしょうか?探しましたがDSTのユーティリティ用はありませんでした。
どのような選択肢がありますか?
 関連用語: アイアン  シャフト 
 回答数:2 | 閲覧数:8932質問者:RED66  質問日時:2013/10/24 (木) 0:59 
RED66さんのコメント
duffer アルシビスト様
なるほど!とても参考になりました。確かに今のNSだとヘッドが返って来ず右にプッシュ、返しすぎて引っ掛けといった症状がアイアンを変えてから目立ちだし、コースでもイメージが全く出ないので怖くて握らなくなってしまいました。
DG、カーボン重めなどいろいろ試打できるものはしていいものを探してみたいと思います。ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. duffer  回答日時:2013/10/24 (木) 4:15
358
19度のユーティリティですと男子プロでもDGは使わずに重目のカーボンシャフトを選択するところですね。最も男子プロはDGが使えないのではなく、長いスチールシャフトだと柔らかく感じ、ヘッドの位置を感じにくいからだそうです。

NS950だとさらに中折れ感を強く感じるのではないでしょうか。
ベストはカーボンの重目硬目のシャフトですがそれなりの値段
します。

コストパフォーマンスを考えると重量は変わりませんが
DG-SL S200辺りがベターではないでしょうか。
2. アルシビスト  回答日時:2013/10/24 (木) 5:12
358
 UTは、クラブセッティングでカーボンシャフトのウッドとスチールシャフトのアイアンの場合は、総重量では狭間にあり、シャフト選択も悩ましいです。
 
 UTがウッドタイプのヘッドならば、シャフトはドライバーやフェアウェイウッドの総重量からドライバー→プラス10g〜20gでFW→プラス10g〜20gでUTとすると、カーボンシャフトの70g台から90g台のUTになるのではないかと思います。
 
 私は90g台のフレックスSのUTを使っていますが、重めのカーボンシャフトはかなりしっかり感があり、DGのフレックスXに近い感覚があります。硬さを選択するには注意が必要です。試打クラブがあればよいのですが。
 
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
オデッセイ O-WORKS 2.24発売
圧倒的なボールの転がりを生む、新開発「マイクロヒンジ・インサート」搭載。パッティングの概念はこのパターから変わる。
banner
石川遼、R.マキロイ使用ドライバー
話題沸騰中のキャロウェイ『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー 2月17日デビュー! 石川遼、R.マキロイが使用中!
banner
NEW PHYZボールモニター大募集
ブリヂストンスポーツから3月3日に発売される『NEW PHYZ』のボールモニター120名を募集します!詳しくはこちら!
banner
シリーズ3代目 コスパもGood!
クリーブランドRTXシリーズの最新作「RTX-3」が2月18日にデビュー。15,000円という価格も人気の秘密だそうです。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
2016年に3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop