ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,773
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,878
Q&A回答数
12,501
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
しりませんか?
383
こんにちは!テーラーメイドのファイヤーソールとゆう昔のクラブを使用してますが、シャフトをリシャフトを検討してます。が、ヘッドのシャフトの径が10.4ぐらいあり通常のシャフト、ソケットでは難しいです。工房では、セルを巻き調整するとの事ですが、耐久性で、あまりいいイメージがありません。専用のソケットがあればいいのですが加工で良い方法があれば教えてください。
 関連用語: シャフト  ソケット  ソール  ヘッド 
 回答数:2 | 閲覧数:4496質問者:daretodream  質問日時:2014/3/20 (木) 17:55 
daretodreamさんのコメント
みなさん回答ありがとうございました。いろいろ試してみてみます。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. duffer  回答日時:2014/3/21 (金) 1:43
206
深堀選手がずっと使っていたFWでしょうか?

1)元々径が太いシャフトを使う。
 市販のドライバー用は8.5サイズが多いですが、FW,UT用や
 (クラブ)メーカー純正カスタム用に太目の径のシャフトが
 作られています。
2)先端を長目にカットする。
 シャフトは先に向かって細くなっているので、先端をカット
 すると自然と太くなります。ただしシャフトの挙動が変わって
 くるし、極端に硬くなります。
3)接着芯を長めに取る。
 耐久性が上がるように長くシャフトを差し込んで長く
 接着します。ただしこれもシャフトの挙動、硬さが
 極端に変わります。

2),3)は控え目にして、1)〜3)を組み合わせれば耐久性は
そんなに心配することはないと思います。

というか、この程度のことは工房の方が御存知で、
それも含めて調整できるとおっしゃっていると思います。
2. アルシビスト  回答日時:2014/3/21 (金) 8:31
177
 昔は,接着剤にガラスビーズを混ぜて対応していましたが,強度の問題とリシャフトの場合に,シャフト先端やホーゼル内径を傷つけるのでやらないと思います。

 現在では,セル管(蛇腹形状)をシャフト先端に取り付け接着する方法が主流ではないかと思います。ソケットも内径9.1ならテーラーメイド用で内径9.1のものが売られていますので,工房で取り寄せられると思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop