ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,181
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,937
Q&A回答数
12,912
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ヘッドなのかシャフトなのか
996
 これからもウッドは変更しようと考えていますが,最近,FWをスリーブ付のものしました。これまで工房でリシャフトしたり,オリジナルヘッドを使ってみたりしてきました。便利と言えば便利になりました。これからもカスタムシャフトがますます隆盛となるでしょう。ですが,オールドゴルファーなので頭の整理も必要と感じています。
 自分に合ったクラブとは,ヘッドとシャフトが自分に合っているという答えは当然でしょうが,皆さんはヘッドとシャフトのどちらをどの程度重視しているでしょうか。
 メーカーは,ヘッドの開発費用とトータルコストから純正シャフトにあまりお金をかけられない事情もあり,顧客の好みでシャフトを選択させるということなので,あくまでヘッド重視のようですけど。
 ヘッドとシャフトの重視割合を,難しいでしょうけどザックリ数値比率とその理由をお聞かせください。
 関連用語: ウッド  ザックリ  シャフト  ヘッド 
 回答数:8 | 閲覧数:4577質問者:アルシビスト  質問日時:2014/5/1 (木) 6:20 
アルシビストさんのコメント
 多くの皆様から回答をいただき感謝しています。私のような年齢になると,自分に適した総重量の目安だけは判っているので,その範囲の中でいろいろ試打をしながら最適クラブを探していきたいと思います。
 技術の蓄積も全く別物でしょうが,今後,大手のシャフトメーカーがOEMではないオリジナルヘッドをシャフトとセットで生産販売する時代が来るかも知れません。「自社シャフトに2タイプのオリジナルヘッドのセット」ということもあるかもしれませんね。
 回答していただいた皆さん,ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. daretodream  回答日時:2014/5/1 (木) 7:19
129
はじめましてこんにちは。わたし的にはヘッド3シャフト7の割合です。理由として、今出ているクラブでは、ヘッド自体性能的にそれ程大差なく、自分の好き好みだと思います。シャフトは、自分が振りやすい気持ちよくスイング出来るシャフトがいいと思います。アンダースペック、オーバースペックでなく、振りやすいシャフトで在れば、ミート率も上がりゴルフが楽しくなります。
2. RORS  回答日時:2014/5/1 (木) 8:25
142
こんにちわ!
私はどちらも同じ比率で考えていますがどちらもすごく重要と考えます。
まずヘッドですが顔、打感、打音、弾き、重心距離、重心深度、塗装色などなど考えてしまいます。シャフトですが一番は振りやすさ、重量、キックポイント、トルクなどなど考えます。何本も買えればいいのですが余裕が無い為一本のみ。ですから真剣に考えフィッティングに行ったり、試打会に行ったりといざ買うと決めたら労力を惜しみません。結構疲れますが気に入ったヘッドとシャフトとの組み合わせを探すのは大変ですが見つかった時は何とも言えない嬉しさがあります。大変だと思いますが購入前の楽しい時間だと思いがんばってください。良いクラブと出会えることを陰ながら応援しています。乱文失礼致しました。
3. duffer  回答日時:2014/5/1 (木) 11:31
135
私はヘッド8シャフト2の割合です。

同一シャフトで性格の異なるヘッドを打ち比べると、どちらか
あるいは両方共まともに打てません。
気に入った同一ヘッドで性格の事なるシャフトを打ち比べると
悪い方でもそれなりに打てます。

重心距離42mm以上、深重心、重心角20度以下というのが
好みのヘッドでこれは譲れません。
シャフトは+αを求める場合にこだわります。
4. ヴァル  回答日時:2014/5/1 (木) 17:24
128
難しいですが ヘッド6、シャフト4くらいかな。と思います。

新規で組む場合、ヘッドを先に選ぶことが多いのが理由ですね。
弾道(左右、高低、スピン量)はシャフトとヘッドの両方で、調整できますが、打感や顔つきや重心位置などは、シャフトではどうしようもないので、新規で組む場合、やはりヘッドを先に選んでしまいます。

たまに逆もありますが稀なケースだと思います。

シャフトは重さや硬さ、しなりなど振りやすさに直結するので、軽視はしませんが、それでもヘッドの方が基準になる事が多い以上、5:5にはなりませんね。

6:4か7:3くらいでヘッドが優先になります。
5.   回答日時:2014/5/1 (木) 19:42
126
考えてみると難しいですね。5:5かと思ったり、7:3かな思ったり。

最終的に私は6:4です。
気にいったヘッドが有るとシャフトだけ新しいのに付け替えて長く使ったりするからです。

ただ、シャフトも以前は純正を使っていましたが、リシャフトしてこんなにも弾道が変わるのか!と実感したことがありますので両方大切かと。
6. choki  回答日時:2014/5/1 (木) 21:45
103
いつも書き込みを参考にさせて頂いております。

私は4:6か3:7でシャフト重視です。
この冬、アンダースペックのシャフトを入手してラウンドし続け、スイングがおかしくなりました(既に手放しました)。

開き直ってシャフトを試す目的で借り物でラウンドしたりもしましたが、違和感のあるシャフトはストレスが溜まりました。

『このメーカーのこのシャフト』という限定はしてませんが、購入するシャフトのテイストは似たものになります。

ヘッドもインパクト音や構えた時の見た目等で好みは偏りますが、特に振り心地やスコアに直結するのはシャフトだなぁ…と実感した次第です。

次々に発売される一方、シャフトメーカーの試打会は少ないので、クラブメーカーの試打会ではカスタムシャフトを目当てに足を運ぶ事も多々あります。

長文失礼致しました。
7. superhero  回答日時:2014/5/1 (木) 23:03
123
少々本題とずれるかもしれませんが、結論から言うとヘッドもシャフトも重要です。しかも双方が影響もしくは相関性があるので、一対と考えた方が良いでしょう。
ヘッドのコンセプトは多岐に亘っており 自分にマッチングするヘッド選びはこれはこれで悩ましいところ。
ヘッド特性が変われば、自ずとマッチングするシャフトも変わるわけで万人に受けているシャフトが必ずしも合うわkではない。
現在、シャフトが交換可能なクラブが増えたおかげで、簡単にヘッドとシャフトを試せるおかげでこんなことに気付く人が増えただけ。
実際のところ、ある人にベストマッチするヘッドとシャフトの組み合わせは、多くはないと思っている。
で本題に近い回答をすると、まずはヘッドを選ぶことから入ったほうが良い。シャフトはとりあえず万人に人気のあるシャフトでヘッドを試してみる。
そこからシャフトを詰めるといい。
つまり選ぶ順としてはヘッドから入り、次にそのシャフトを詰めていくのが順当。
但し既にお目当てのシャフトが決まっている場合は、逆の探し方をしても特段の問題はない。
最新のヘッドやシャフトが必ずしもベストマッチかどうかは、疑問だが 年々進化しているのも事実
8. mokomoko  回答日時:2014/5/4 (日) 1:10
110
ヘッド1 シャフト9ですね。
Fwのヘッドはとにかく簡単に玉が上がるシャローなものであれば何でもいいと思います。シャフトは結構選びます。Dwのように飛べばいいと言うものでもないのでキックポイントの違うものをいくつか打ってみたりします。最近では重くて柔らかいシャフトを選ぶようにしてます。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
BSグローブモニター結果発表!
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱[JAILBREAKテクノロジー]を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2/17発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop