ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,540
登録商品件数
8,251
Q&A質問数
2,983
Q&A回答数
13,227
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ガンブルー仕上げについて
1148
いつもお世話になっております。

先日、とあるショップのアイアンセットのオーダーページを眺めてたら、表面仕上げの項目の中に「ガンブルー仕上げは打感には有効ですが、飛距離が落ちる為アイアンセットには不向きです」と言う注意書きを見つけました。

メッキ処理を行わない事で打感に有効なのはわかるのですが、飛距離も落ちるものなのでしょうか?
「表面硬度が下がる為に反発力も下がるから?」などと個人的に思っているのですが、メッキに詳しい方、ノーメッキのアイアンセットを使用された経験がある方がおられましたら、後学の為にご教授ください。

よろしくお願いいたします。
 関連用語: アイアン 
 回答数:8 | 閲覧数:8099質問者:ヴァル  質問日時:2014/5/13 (火) 1:40 
ヴァルさんのコメント
早速の回答、ありがとうございます。

RORS様
オーダーページ記載の文面だったので、メッキ処理を施す前のガンブルー処理だと思うのです。
メッキの上からガンブルー液で酸化皮膜を形成する方法だと、皮膜の下には硬質なメッキがある為、飛距離はあまり変わらないのかも知れません。

パワーオブラブ様、いつもお世話になっております。
有力な情報提供ありがとうございます。
やはりメッキ処理による表面硬度の差は飛距離に影響し、ウッド程でないにせよ、アイアンでも数%は落ちると考えるべきなんですね。
ノーメッキがラインナップされてるウェッジで、この事についてあまり触れられないのは、「最大飛距離が小さい分、数%落ちても大きな数字にならない為、結果的に飛距離への影響をあまり出ない」とも考えられますね。
まだまだ知らない事が多いです。

ヨコズナ様
リンク先の文中に「ヘッドの表面硬度はメッキ処理前の350?450Hvからメッキ処理後の800Hv以上まで上昇した。」とあるのですが、一般的なアイアンに使用されるクロムメッキのビッカース硬度も800Hv前後なのではないでしょうか?
文献自体の書き方が分かりづらいので私の解釈間違い、知識不足かもですが・・、
専門家でないので、詳細な部分まではわかりませんが、飛距離に影響が出る事自体は変わり無さそうですね。

ニコラス様 ご無沙汰しております。
専門家からのご意見、誠にありがとうございます。
単に皮膜が硬ければ良いと言うものではない。というのはわかりました。
メッキ単体ではなく、ヘッドの素材とメッキのトータルが飛距離に影響するという事ですね。実際、素材の硬度を上げると打感にも影響してしまうでしょうし、ステンレスのアイアンの方が爆発的に飛ぶ訳でもないので、素材、メッキが飛距離に影響するのは微差程度なのだと思います。
専門的な意見が聞けるのは、非常にありがたい事です。

タイトマンブラザース様 ご無沙汰しております。
貴重な経験談、ありがとうございます。
打感的な差というのは、やはり大きいでしょうか?
ノーメッキ系はウェッジの様な寝たクラブしか打ったことがないのですが、ロングアイアンの様なロフトの立ち、HSが速くなるクラブになると打感の差は顕著に感じる様になるのでしょうか?


皆様のご意見から、ヘッド素材+メッキの有無で飛距離に影響はあるが、その差は微差程度。という事がわかりました。
多くの方のご意見、ありがとうございました
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. RORS  回答日時:2014/5/13 (火) 19:30
146
表面を酸化させるだけで飛距離が落ちるとは到底思えませんが・・・・。
2. パワーオブラブ  回答日時:2014/5/13 (火) 22:36
158
ヴァル殿、お世話になります。

日本科学技術の研究で、ウッドにメッキ加工を施す事によって、4~10%程度飛距離がアップするという事が結果として得られたそうっす。

当然、アイアンにも置き換えられるわけで、表面を被うメッキの硬度が、飛距離との因果関係にあるってことですな。

いや~、自分も勉強になりました。

以下、URLです↓

http://jp.xjishu.com/tk/07/199559881.html
3. ヨコヅナ  回答日時:2014/5/14 (水) 2:33
151
リンク先を拝見したのですが、これはビッカース硬度が2倍以上になる超硬質メッキでの話に限られるようです。
4. ヨコヅナ  回答日時:2014/5/14 (水) 2:34
151
リンク先を拝見したのですが、これはビッカース硬度が2倍以上になる超硬質メッキでの話に限られるようです。
5. ニコラス  回答日時:2014/5/14 (水) 14:42
131
専門技術者ではないので薄く広い知識から。
ガンブルーが世に言う黒染め処理とすれば鉄系素材表面に四三酸化鉄皮膜を施しているものと思われます。それは1ミクロン以下の皮膜でマイクロビッカース等の硬度計測方法では検出出来ないレベルなので、皮膜の硬さ云々以前に飛距離に影響を及ぼすとすれば素材の状態、ヘッドそのものの性能と言えます。
アイアンヘッドに施されているメッキが硬質クロムメッキとすればマイクロビッカースHV800−1000となります。硬質クロムメッキは電解つまり電気を流して部品にメッキするもので基本的に銅下と呼ばれるような下地メッキが施されます。これはメッキの密着性を高める役割でニッケルメッキであったり素材によって色々です。ただ硬いだけでいうならPVDと呼ばれる蒸着処理もありドリルなんかの工具に金色に施されるチタンコーティングなんかではHV2000とか3000とかになるものもありますが、このような高硬度皮膜が直接飛距離を生むようなことはあまり聞いていません。リンク先で使用されたニボフラムは無電解ニッケル系メッキでボロン(チッ化ホウ素?)とタングステンが分散もしくは含有されたもののようです。市場に電解ニッケルメッキでボロン分散型のゴルフクラブヘッド使用例(確かYAMAHAだったかなぁ)はありますが、それが飛躍的な飛距離を生んだと言うことはなさそうです。
ここからは私見ですが、皮膜の硬度は飛距離に基本的には寄与しますが高ければいいというものじゃなく、結局は表面皮膜の靭性や残留応力(伸ばされたり縮められたりしたものが元に戻ろうとする)が影響すると思います。
例えば軟鉄の冷間鍛造のヘッドがアイアンクラブの性能に寄与するのは、冷間鍛造によって出来た表面や角部の塑性硬化と残留応力によるもので、高炭素材では脆くなり全くの純鉄では塑性硬化も残留応力も期待出来ないので、低炭素鋼が適していると言えます。ホントに硬いのがよければS20C材に浸炭焼入焼戻し等の表面硬化熱処理をすればいいわけで、そのようなものは実際に出回っていません。そして素材は柔らかいのに皮膜だけ極端に硬いものだとヘッドそのものの機械的性能が落ちる、硬さの境界が弱点となりやすいと思います。
6. ニコラス  回答日時:2014/5/14 (水) 15:19
131
長々書いてしまいましたが、何が言いたいかと言うと、ヘッドの素材と硬度を含めた表面の状態の関連性に飛距離は影響されると思うのです。
バレーボールやテニスのボールのように中は圧縮された空気で柔らかいが表面は硬い、この方が飛びそうですよね。これはボールだけではなくヘッドにもいえると思います。
ガンブルーは単なる装飾的表面処理なので、飛距離が落ちると言う表現は正確ではく、素材そのものの性能が出るものと言えます。で、ヘッドの表面硬さは飛距離に対して一定の影響を及ぼしますが、素材との関連性があって一概に硬いのがいいとは言い切れないのではないでしょうか。昔中島常幸プロが使ったアイアンヘッド(ミズノ?)で、軟窒化+黒染め処理のものがありました。でも、軟窒化の高温(580℃)による金属結晶粒の再結晶化で冷間鍛造の意味がなくなっていたと思われるので、これもベストとは言えるのかなぁ、と思います。
ただ、飛距離が出るベストの方法があったとしても、飛距離が出るということは飛距離の誤差も大きくなり打球の上下左右のフレも大きくなるので精度が求められるアイアンにとっていいことなのかどうか、と。
因みに黒染め処理は100℃以下での処理なので、冷間鍛造品の素材硬度への影響は基本的にありません。カーボン系PVDの黒色化なら別ですが。
細かい点で技術的間違いがあったら、ごめんなさい。でも、専業に絡んだことなのでつい書き込みたくなってしまいました。
7. タイトマンフ゛ラサ゛ーズ  回答日時:2014/5/17 (土) 11:34
141
アダムスのマッスルバックノーメッキアイアン(サンドブラストなし)の黒染めを所有しております。

結果から言うとタイト712MBとの比較ですが、スコアライン下から3本目くらいでヒットすると距離は落ちます。

スピン量が増えて前に飛びません。

ただしスコアライン1本目でヒットすれば飛距離はタイトと同じになります。


あくまで私の試打で同じアイアンではないし、打ち方によっては違った結果になると思われますのでそのあたりはご考慮ください。
8. タイトマンフ゛ラサ゛ーズ  回答日時:2014/5/19 (月) 16:49
139
質問の件ですが、練習場ではわかりにくいのでコースで比べてみました。

ボールはV1Xです。

基本的に下目でヒットして押し込んでつぶしていけば打感はあまりかわりません、エッジで拾い上げると双方とも硬い打感になります。
それはロングアイアンでも同じです。
ロングアイアンはAP2なので基本的に打感が柔らかいですが。

上目でヒットするとノーメッキのほうが硬く感じます。


V4のユーティリティは打感が硬いのでそれがアダムスのスタイルかもしれないので確かではありません。

V4アイアンも所有しておりますが、フェース面がすぐ錆びてきたので
メッキではないように感じます。それは上目でヒットするとキャビティだからなのか打感は柔らかいです。
反対に下目では硬く感じます。

参考になればよいのですが・・・
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
オデッセイ O-WORKS 2.24発売
圧倒的なボールの転がりを生む、新開発「マイクロヒンジ・インサート」搭載。パッティングの概念はこのパターから変わる。
banner
石川遼、R.マキロイ使用ドライバー
話題沸騰中のキャロウェイ『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー 2月17日デビュー! 石川遼、R.マキロイが使用中!
banner
NEW PHYZボールモニター大募集
ブリヂストンスポーツから3月3日に発売される『NEW PHYZ』のボールモニター120名を募集します!詳しくはこちら!
banner
シリーズ3代目 コスパもGood!
クリーブランドRTXシリーズの最新作「RTX-3」が2月18日にデビュー。15,000円という価格も人気の秘密だそうです。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
2016年に3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop