ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,761
登録商品件数
8,157
Q&A質問数
2,873
Q&A回答数
12,475
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
皆様の意見をお聞かせください。
1472
お世話になります。
先週末、日本プロゴルフ選手権が兵庫県ゴールデンバレーゴルフ倶楽部で開催され、手嶋多一プロの久々の優勝で幕を閉じました。
関西在住の私も会場に足を運び、観戦してきました。
観戦には満足した反面、コースセッティングには疑問が残りました。
内容は、「今大会はコースが難しすぎる」という理由から、グリーンにローラーをかけない、ホールによってはフルバックティを使わない。など、難易度を緩める指示がいくつか出されていたからです。(とは言え難しいのは難しいんですが・・)
「正しく攻めればスコアが出せるセッティング」と言えば聞こえは良いのですが、一応、国内メジャー大会です。
アンダーが出ない様な非常に厳しい試合を想像してただけに、わざと難易度を下げた行為、それを堂々とTVで公言する行為が、メジャーの格を下げた感じがして、残念な気分になりました。

皆様は、ゴルフファンとして、どうお考えになりますか?
自分は、仮にも日本のトッププロが集まるメジャー大会で、「コースが難しい」を理由に、あからさまに難易度を下げる行為はちょっと…って考えてしまうんですが…
 関連用語: トップ  バックティ  ホール 
 回答数:8 | 閲覧数:5636質問者:ヴァル  質問日時:2014/6/13 (金) 0:27 
ヴァルさんのコメント
ご意見ありがとうございました。

石川遼、松山英樹などスター性の高いプロが不在な分、ウケの良いバーディ合戦の様な展開にしたい気持ちも若干あるのだと思いますが、「難易度が高いから緩める」が、これからも当たり前になってしまいそうで・・。

若手達が世界の厳しい舞台に挑戦しているのに、「母国のメジャーでそんな温い事しててどうするの?」と、思ってしまいます。
日本のツアーだから日本選手のレベルに合わせる。というのは、当たり前なのかも知れませんが、近年、全米、全英などにスポット参戦した選手は「コースが難しすぎる、レベルが違いすぎる、予選通れば御の字」みたいな雰囲気。
そしてPGAの招待選手が日本ツアーに来ると、あっさり優勝して帰るみたいな状態ですよね。
世界レベルと明確な差があるのはわかってますが、少しでも差を埋める為にも世界基準の難しさでやらせる事も大事だろうと思います。
せっかくゴールデンバレーの様な世界レベルのコースで開催した今大会で、あえて難易度を下げた協会の判断は、残念の一言です。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 芝刈大好  回答日時:2014/6/13 (金) 0:51
186
一般的に観客や視聴者が面白いと感じるのは、バーディー合戦かと。

私は全米オープンや全米プロの様な耐えて耐えて耐えまくって、何とかイーブンでまとめると順位がジャンプアップする様な試合(大会)が大好きです。
アンダーで回っても順位が下がる日本の男子ツアーはあまり面白いとは感じないのですが。

ゴルフってバーディーを取る競技ではなく、パーでまとめるスポーツだと思っています。ポンポンとバーディーが取れる大会(コース)は魅力を感じません。

そんな観点で見ていると「イケイケ」なゴルファーよりは「いぶし銀」的ないつの間にか上位に顔をだして、皆がスコアを落とす中でイーブンで耐えて「優勝!」みたいなプレーヤーが好きです。
2. ダーハヤ  回答日時:2014/6/13 (金) 9:46
179
私もメジャーは別格で良いと思います。
未熟なプロはことごとく打ちのめされたら良いと思います。

私も大会のコンディションに打ちのめされて、今までのゴルフの無意味さを知りました。
そこで気づき、這い上がってやろうと思えたから今頑張っています。

ゴルフに限らず、環境が人を変えると思っています。
日本ツアーもプロを育てる真の環境づくりをしてほしいと思います。

世界から日本のプロがやたら強いと言われる将来を期待してます。
日本のアマもやばいと思わせたいですね。
3. daretodream  回答日時:2014/6/13 (金) 12:54
182
日本オープン並みのセッティングがとてもいいと思います。
ただなんでもかんでもフルバックは芸が無いと思います。ドライバーでワンオンギリのセッティングでプロが果敢に挑戦する機会とか有れば面白いと思います。海外でもヤードは長いけど、ピンまでの距離は短いとかあるそうです。その点日本オープンは、きっちりしてるからプロは大変と聞いた事が有ります。
4. ALFILD  回答日時:2014/6/13 (金) 13:18
182
皆さんと同意見です。
超難コースを積み上げてきた技術とメンタルで、どうねじ伏せるか?パーで凌ぐか?どのホールで抜け出すのか?スリリングな展開を期待しますよね。
そこへ協会会長のコメント…正直ガッカリしましたね。選手の立場になってのコメントより、プロでも難攻不落なコースに仕上げた関係者へ賛辞を述べていただきたいものです。
しかし難コースでしたね。あのサラリーマン最強元アマゴルファー田村プロでさえ…溜め息がでました。
5. 825  回答日時:2014/6/13 (金) 16:06
180
確かに倉本Pのコメントは余計かな?と思います。

ですがセッティングや想定優勝スコア等はメジャーも1試合だけではないのでいいんじゃないですか?
毎年同じコンセプトならば各大会の色があっても構わないと思います。

海外メジャーにおいても、もしもっとも海外実績を残した全盛期の丸山Pが各メジャーのセッティングで何十回と繰り返し試合をしたとして他の3大会はまだしもマスターズだけは絶対に勝てないと思います。
少なくとも今のオーガスタのセッティングは飛距離偏重だと思います。

だからと言って飛ぶのが有利なオーガスタ、マスターズなんかメジャーじゃないと唱える人はいないでしょうし丸山Pの実績を否定する人もいないでしょう。

逆にB.ワトソンがマスターズ以外を勝つのもなかなか想像できませんが彼は彼で当然超一流選手だと思います。
6. Tomo-san  回答日時:2014/6/13 (金) 18:12
198
やはりメジャーは今開催中の全米オープンの様に、ゴルフはパーを実現するものを競う競技と
するべきと感じます。その為に持つ技量の全てを注ぎ込んで、そうでなければ飛ばしてナンボの
競技は疑問を持ちます。勝手な見解で申し訳ありません。
7. duffer  回答日時:2014/6/14 (土) 0:29
191
試合数が少なくて、5試合に1試合がメジャーの段階で有り難みがありません。
日本オープンだけがメジャーだと思っています。
8. scotty  回答日時:2014/6/18 (水) 3:12
174
質問者様に同意です。
ついこないだ開催された全米オープンの結果で分かるとおり、日本のプロは海外メジャーで最下位が頻繁にあるように思います。
要因は皆様がおっしゃるようにセッティングの違いが大きいと思います。
若手がポンと飛距離のアドバンテージでビッグスコアを出して勝つような大会もあっていいとは思いますが仮にもメジャーであり最難関コースと謳っているのであれば易しくするような旨の発言は残念ですね。
バーディよりもいかにパーセーブするかという展開の方が個人的には好きです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop