ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,763
登録商品件数
8,157
Q&A質問数
2,874
Q&A回答数
12,479
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
加点法?減点法?
792
こちらのQ&A等見ていると道具を変えてスコアアップ!なんて書き込みをよく見ますが、皆さんにとってゴルフは加点法、減点法のどちらでしょうか?

上のような書き込みをしていらっしゃる方はどちらかと言えば加点法なのだと思いますが、私は加点されるようなショットを打つぞ、というよりも減点されないショットを打つぞと思ってプレーしていますので思考が減点法なのだと思います。

ですがこちらの書き込み等を見ていると如何にして100点のショットを打つか?90点のショットをどうやって100点、120点にするか?という加点法寄りの書き込みの方が圧倒的に多いようです。

ちょっと私自身ネガティブ過ぎるのかな?と思い質問してみました。
出来れば(私がそうなので)競技等に出ていらっしゃってゴルフはスコアを競うゲームだ、という方のご意見をお聞かせいただければ幸いです。
 回答数:8 | 閲覧数:3911質問者:825  質問日時:2015/2/1 (日) 21:06 
825さんのコメント
皆様ご回答ありがとうございました。

皆さんがおっしゃるようにショットというよりもマネージメントの問題ですね。

確かに100点のそばに50点や0点があれば100点を狙っていないです。
常に7、80点が固まったエリアばかり狙っています。
0点なら狙わないにしろ50点でも狙わない事が問題なのかと思いました。

引き算できる余裕があるのも確かなのでしょうが、常にそういうプレースタイルだと100点を狙える余裕のあるシチュエーションでもスイッチが入りにくくなってしまっているようです。

変なスコアを出したくないといつも思ってしまうので、もう少しスコア度外視のラウンドでも作って冒険したりちょっと無理をしてみようかと思います。

ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. superhero  回答日時:2015/2/1 (日) 22:30
107
月例やプロアマを含むコンペに出ているときに限定したシチュエーションかな
これを加点法というのか減点法というのか考えたことはないが

事前にコースのベスト攻略法は組んで臨む方
プレー中はいかにそのベスト攻略に近い攻め方ができているかどうかで出来を判断する
あまり一緒に回るメンバーに左右されることはないがコンペ中は少々そっけなさすぎると指摘は受ける

これも個人的理想像だがよくゲームで何度も同じコースでやるとホールインワンやイーグルなどが出ると思うがあれに近いかもしれない

プレーが単一化してくるとクラブの細かい修正を行う 時にはクラブチェンジも
もちろんスイングをいじることもあるが
いずれもマンネリによる自己欺瞞解消だね

ちなみに普段は全然そんなことないプレーを平気でする
個人的には何を大事にするかでプレースタイルを変えているのが周りからは面白がられる
普段はほとんど周りを見ながら回る必要があるので変わらざる得ないのだが

やっぱりフィッター兼ティーチング○○なゴルファーと回りたいゴルファーは多いよね
2. Dragon3  回答日時:2015/2/1 (日) 22:36
114
私は学生時代にはHC4でしたが、今は10を切ったり出たりです。
競技は月例のみのゴルファーです。
普通のショットは常にOBやペナルティーを避けた70〜80点のショットで狙います。100や120点を狙うよりいかに最悪のショットを打たないように気を付けています。
後半に入り本当に調子も良く精神的にも行けると感じた時だけ9アイアン以下は100点を狙います。
ご参考になれば幸いです。
3. アルシビスト  回答日時:2015/2/2 (月) 6:13
96
クラブ選手権でのマッチプレーになると、ストロークプレーにはない、リスクを背負ったショットを打つ場面は必ずあります。月例競技ならプレーはハイリスクは回避しますね。ただ、マッチでもストロークでも選択したクラブに、普段の練習や過去のミスショットから、クラブとの相性に多少とも懸念があると、実際のショットにも影響がありますね。これを事前のチューニングやモデルチェンジで懸念が多少とも払拭できるならそうした方が良いです。私は、このクチコミで参考になるものを取捨選択し、マイクラブにあてはめてみたりしています。
4. ダーハヤ  回答日時:2015/2/2 (月) 9:44
99
下位の者が失礼を承知でコメント致します。

私は優勝争いをする実力はまだありませんので、正直カットライン意識のゴルフになります。

リスク、調子、ライや風などの状況、そして実力、予想されるカットライン。様々な状況を踏まえた上で一打のショットを決めます。それに対して100点を目指して打ちますし、そのために練習しています。

その結果90点だったり、0点だったりすると思うのです。

90点のショットとはなんでしょう。
最高の結果ではなくリスクを回避するというショットの事でしょうが、私はそれも「リスクを回避するショット」という高等な技術だと思うのです。

そしてホールアウトした時に満足のいくスコアであれば、それもまた100点のショット(判断)だったと言えると思います。

競技であればショットも含めてマネジメントに点数を付けるべきだと思います。
例えば絶対にOBを出せない状況で「不調の」ドライバーを持って結果今日一のナイスショットでフェアウェイ。これは競技では0点でしょう。

逆に攻めなければならない状況なのに刻む。
これは自信の無さからくる0点の判断だと思います。

私は守りのゴルフが主ですが、いつか攻めなければいけない場面が来ると思って、プライベートや最近では月例でも、攻める場面を少しつくるように気を付けています。
あと、大会中のようにあまりピリピリしないように^^;

変な回答だったかもしれません。
失礼いたしました。
5. 岡ちゃん1007  回答日時:2015/2/2 (月) 10:24
85
スコア最優先の時は、どちらかというと減点方です。ただ、マネジメントの話です。

他の方もかかれている通り、リスクヘッジしたショットを打つときめた時点でそのショットが100点になります。


蛇足になりますが、攻めるか守るかの話でしたら、成功した時にマイナス1打(自分の感覚ですが)になるような状態で、飛んでく球とスイングのイメージがすぐできる時は攻めます。
例)短いミドルで、打ち下ろし、強いフォロー、などでグリーンに届く可能性がありる。とか。
逆にミスしたらマイナス1打になる状態では、リスクヘッジ優先です。
例)上記のようなシュチュエーションだけど、浮島グリーン。とか。
6. ヴァル  回答日時:2015/2/2 (月) 10:36
100
減点できると言う事は、現状である程度の満足なショットとスコアがあるから、引き算する余裕がある。という事ではないでしょうか。
技術やスコアが発展途上な方の場合、足りない物の方が多いので加点していく事の方が多くなる。と思います。

スコアにおいても、HC10を切ると「ミス出来る回数が減る=1回のチャレンジのリスク、失敗した時のダメージが高くなる」訳で、リスク回避が優先になりますよね。
ゴルフはミスが出るスポーツで、ミスをいかに防ぎ、いかに付き合うか?という前提である以上、減点方法というのは正論だと思います。

私もベストよりベターで済ますタイプですが、ラウンドでは「リスクがあるけど、ここはチャレンジ!」ってのは結構やります。(明らかに無謀と呼べる事はしませんが・・)
ですので、90近く叩く日もありますが、「目一杯考えて決めて、失敗したら仕方ない」って割り切る方ですし、皆様に比べれば経験も腕前も浅く、足りない物が多いので、まだまだ色々チャレンジし、失敗の経験も積んだ方がいいと思っています。

今日の120点のショットが、3年後の80点のショットになる様に・・です。
7. ゼロポジション  回答日時:2015/2/2 (月) 18:16
96
実に興味深いご質問ですね。
HC10の小生が答えてイイものかな?と思いつつも回答したく思います。
月例や研修会の時はそういう意味では加点法になるのでしょうか。ある程度良いイメージを増やすようなプレーや少し冒険するように攻めないと成長しないかな?と思う考えです。
逆にクラチャンや理事長杯、スクラッチ杯などの予選はカットライン含めたリスク回避の減点法プレーになります。その為に月例や研修会でプラスな事をしてます。
今回のご質問は今後のプレースタイルを見直すのに小生にとってはとても良い事案でした
8. シロナ  回答日時:2015/2/2 (月) 20:41
95
トップアマを見て思うことは

彼らは流れを非常に重要視しています

流れが来たと思うと一気に加点法(?)にスイッチを入れるのでしょう

それまでは80点位のショットで確実にグリーン回りまで運び、パーを取ります

無理はほとんどしません、減点法なのでしょうか?

ゴルフは戦略とメンタルが80%だと考えているようです
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop