ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
27,633
登録商品件数
8,617
Q&A質問数
3,262
Q&A回答数
15,335
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーのウエイトについて
913
テイラーメイド等のドライバーに付いているスライド式のウエイトは外してしまうと反発係数などが変わってしまうものなのでしょうか?
また、外して使用すること自体は競技の時にルール違反にあたるのでしょうか?
テイラーメイドの店員さんに聞いてもお答えできないと言われてしまったもので。
よろしくお願いいたします
 関連用語: ドライバー  ライ 
 回答数:3 | 閲覧数:7460質問者:team23  質問日時:2015/6/14 (日) 1:49 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. アルシビスト  回答日時:2015/6/14 (日) 7:05
293
R&Aの反発規制に関する記述は、ペンデュラムテストによるCT値(振り子の鋼球をフェイスにぶつけて、フェイスとの接触時間を測定する)が239マイクロセカンド+測定誤差18マイクロセカンド以下とするものですが、それだけではないです。付属規則には、さらに2項目あります。ひとつはスプリング効果に影響を与える機構や技術を組み込んではならない。もうひとつがボールの動きに不当に
影響を与えてはならないというもの。このスプリング効果はフェイス周辺にまで及び、また、意図しようがしまいが、結果として先の上限値を超えると違反になります。R&Aのチェックを経た製品の改造は、鉛貼付以外は再テストを受けない限り未公認クラブになりますね。参考まで。
2. superhero  回答日時:2015/6/14 (日) 11:03
310
不確かな情報だけど 穴の開いた状態では不適合だけど 穴を塞いでありヘッドデザインを著しく変更しない限り 適合だったような

つまりSLDRのウエイトを外した状態では 必ずしも不適合にはならないように個人的には思う

今回の質問がウエイトを外すことによる 反発係数にのみ特化すると 反発係数はフェイス面に主に起因することだろうから ウエイトを外しても影響はないのでは

たぶん 疑問なだけでやる気はないのかもしれないが
例えばSLDRでウエイトを外して使用するのであれば もはやSLDRである必然がないので
3. 四号車  回答日時:2015/6/14 (日) 19:05
310
曖昧な記憶で申し訳ありませんが、昨年か一昨年のPGAツアーでスライドウェイトが外れた選手が失格になっていたのを見ました。

反発係数ではなく穴が開いた状態と判断されていたと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
待望の『ゼクシオ X』誕生!
「飛びの“芯食い体験”」でゼクシオ史上最大の飛距離を実現。『XXIO X』シリーズ 2017.12.9 発売。10代目ゼクシオの特長は?
banner
N.S.PROシャフトが当たる!
9月24日から10月29日まで、N.S.PROシャフトが当たる『日本シャフト クチコミキャンペーン』を実施! 詳細は▼
banner
四代目 速度狂“黒スピーダー”
女子プロを中心に絶大なる人気とトップクラスのモデル別使用率を誇る「Speeder EVOLUTION」シリーズ。ついに四代目が9/15に登場!
banner
今季3勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季3勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop