ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
27,269
登録商品件数
8,551
Q&A質問数
3,220
Q&A回答数
15,068
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
アイアンとハイブリッドの組み合わせに関して。
3170
アイアンと同じスイングで、ハイブリッド(ユーティリティ)を打って同じ弾道を得ている人に質問ですがどのような組み合わせでうまくいっているでしょうか?

ちなみに私はi25アイアンと915HでシャフトはすべてMCI90Sです。
915H自体もやや短く、ライもフラットにしていますがi25よりも捕まりがいい為、やや左を警戒しなければいけないのがストレスです。

極力打ち方を変えず、クラブの特性を合わせて対応したいところですが、こんな組み合わせでうまくいってるよ等アドバイスがあればよろしくお願いします。
 関連用語: アイアン  シャフト  スイング  ライ 
 回答数:10 | 閲覧数:7192質問者:walter  質問日時:2015/9/3 (木) 11:38 
walterさんのコメント
たくさんの方返信ありがとうございました。
また、複数のアイアンとハイブリッドの組み合わせも参考にさせていただきます。同じように悩まれている方もいて、そうだよなぁとうなずきながら目を通させていただきました。

数値だけではない、意外なところにも相性のいい伏兵がいたりとクラブセッティングの奥深さを感じました。

タイトリストの契約プロのセッティングをみると、AP2に915HDという組み合わせがハードヒッターに支持されているようでした。
915Hは久々にいいハイブリッドだと思っているので変えないでおいて、もう少しつかまって優しいアイアンもいいかなと思っております。
今のアイアンも発売から今までずっと使ってきており、アイアンセットはこれしかもっていないのでもう一セットアイアンセットを持っていても良かろうという判断です。

今のアイアンを軽くするか、ハイブリッドを重くするかそういった微調整もありかと思ったので参考になりました。
真摯に返答くださりありがとうございました。
しばらくは今のセッティングで精進します。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. PWING  回答日時:2015/9/3 (木) 13:43
334
アイアン i25 DGX100
ハイブリ G30 CFS(S)

ハイブリをG30にしたら高弾道になったので
今のところまだ問題は起きていない気がします。
2. superhero  回答日時:2015/9/3 (木) 15:25
331
元はPING派だったけど タイトリストに宗旨替え中って感じ?
現在自分も915HにミズノのMP69を合わせているけどあまり捕まりの違いを意識したことがないというか そんなもんだ的な使い勝手

i25を(試打以外で)使用したことが無いので捕まり具合加減が分からないがMP69も決して捕まるクラブではない

915Hは確かに捕まり具合に安心感があるのでティーアップ、直いずれも方向性だけ見極めれば後はオートマチックなところが気に入っている
スイングはアイアンとほぼ一緒でウッド系と振りが違う
そもそも振り切るクラブではないのでアイアンのようにコントロールショットで打つ感じ
よってアイアンはコントロールショットなので必然的に捕まり具合は調整、915Hはオートマチックに振る感じ

その前に使用していたSLDRレスキューがSLDR FWの延長上で捕まらないし止まらない感じで手早く手放した。
やはりハイブリット、ユーティリティーに求められるのはアイアンの延長上でアイアン同様 正確性とグリーンで止まることが前提 飛距離はその条件が満たされる範囲内での最大値で良しとした。
よって現在の915H 3(21)の飛距離は205yd程度 SLDRに比べ10yd落ちたけどグリーンで止まるので

でアドバイスがあるとすれば、i25がコントロールできないのであればやさし目のクラブに替えるほうがバランスが取れるように思う
AP2あたりはお勧めかな 個人的には716CBもタングステンインサートで興味あるところだけどまだ誰も試打できてないしね
3. かわせみ!  回答日時:2015/9/3 (木) 17:40
313
PINGのS55アイアン(CFS/S)とi25のHB19°(PWR80/S)を使用しています。

S55の3番が21°なのでi25は2番アイアン的な位置付けです。

掴まりはどちらも程良い感じで同じイメージで打ててると思っています。
4. bigboy_chabo  回答日時:2015/9/3 (木) 17:55
312
915Hよりも重心角の小さなハイブリッドを選べば良いんじゃないでしょうか。
重心角に小さいものは、ヘッドが返り難いわけだから。
パッと思いつくのは、アイアン型ユーティリティかな。
5. ヴァル  回答日時:2015/9/3 (木) 20:43
325
そうなりますよねぇ・・いや、自分も同じ様な事をよく思うので。

アイアンとUT、長さ的にはほぼ同じなのに、重心深度が違うから重心角に差がある。
だから捕まり感が違ってくるのは必然っすね。

UTの重心を浅くして重心角をアイアンに近づけるか、シャフトを変えて弾道の折り合いをつけるか・・
ギア側で出来る事はいくつかあると思うのですが、一長一短なのでどれが正答なのかは難しいですね。

実例として私の場合を書いておきます。
UT(16°) TW717 バシレウスUT-90S 40.5インチ
3I(20.5°)MP-4 DG-CPT(ズラシ無し) 38.75インチ

これで同じ感じで打って、3鉄はちょいドロ、UTはやや右に出て戻る感じ。
ただ、球位置とかで調整して結果オーライにしてる感じです。
結果が良いから使い続けてるけど、純粋なギアの性格としてはあまり揃ってないなぁ・・って感じです。

これを打開するために、上で書いた事を考慮して同ロフト帯のUTをもう一本作ってる所です。
このロフトなので、抑え込む様なシャフトは使いづらい(HS的にギリギリ)んですが、そういったシャフトを使う分、重心の低いヘッドを使ってロフトを1度足して・・・みたいな。
まぁ、上手くいくかはわかりませんけど・・。

回答としては不十分で申し訳ないですが、お互い良いクラブに出会えるといいですね。
6. shingo119  回答日時:2015/9/3 (木) 23:04
306
今のセッティングです。
IR三浦 技研
MBー5005+DG−S200
UTタイトリスト
915H+DG−S200
UTテーラーメイド
エアロバーナー+DG−S200

ハイブリッドを使う飛距離はいつも迷います。
いつも弾道が異なり迷ってしまうので、得意なFWを使うようにしていましたが、高さを抑えたりするためにUTを使うようにしています。
IRよりも易しく一定の飛距離が出せるので活用の機会が増えました。

915Hは確かにアイアンとの捕まり具合が異なるように感じます。
特性の違いから仕方がないと思っています。
エアロバーナーを使ってみたのは、球離れが早いため捕まりすぎず飛距離を出せるからです。
曲げることは難しいですが、915Hよりもエアロバーナーの弾道の方がアイアンの雰囲気に近く使えるような気がしています。
915Hはアイアンとは雰囲気が違いますが、弾道調整ができて安定しているので使っています。
易しさを求めてUTを使うと思っていますので、シンプルに直進性+想定する飛距離から選択すれば、納得のいくクラブを選ぶことができるように思います。
7. 825  回答日時:2015/9/4 (金) 2:24
329
私の現状のセッティングは

5W ロマロ Ray FW バシレウスαFW75X
3U ロマロ Ray UT ファイヤーエクスプレスUT100S
4I スリクソン Z745  DG D.S.T X100
です。

私の場合ラウンドの95%はフルバックでのプレーなのでミドルのセカンドやショートでUTを多用しますが、セッティングやスイングのせいかもしれませんがあまり気にしたことがないです。

UTは2番だろうが3番だろうがある程度ウッドとアイアンのつなぎの番手になる(アイアン寄りとはいえ)のでsuperheroさんが仰るようにこんなもんでしょ的に使ってますし、私のセッティングでいうなら4Iのショットの精度(平均点)、3Iを使用した場合の精度、3Uの精度を比較すれば3Uを使用することに疑う余地もないです。

質問者様の場合は少々考えすぎのような気がしますがどうでしょう?
UTの方がつかまりがいいのは事実ですがつかまりやすいというピンポイントの情報に惑わされてはいませんか?
各番手の精度、ミスの傾向、平均スコア・ハンデキャップに対して求めすぎではないか?など一度照らし合わせてみてはどうでしょうか?
8. アルシビスト  回答日時:2015/9/4 (金) 13:14
316
ユーティリティークラブは捕まりが良いものが多いですね。すでに重心角についてコメントしているので、重心角と関係の深いフェイス プログレッションについて、コメントします。915Hも他の最近発売されているUTも、当然、ショートウッド同様、エッジはシャフトの中心線よりかなり前、ですけど、ナイスショットはエッジよりかなり上の位置で打ちます。最近のユーティリティークラブは、フェイス上部が、シャフトの左のラインより右、オフセットになっています。最近発売されたユーティリティークラブでオフセットになっていないのは、量産メーカーでは該当なしかも知れません。ロマロやエポンaf903HYBくらいしか、ちょっと前のロイコレnewTRCもそうだったかな。だから、購入する前には、トップエッジの位置にも注目してもらいたいです。かく言う私は、UTはロフト角21度のエポンaf902、4iは三浦のPP9003のオフセット付き、つまり、常に左警戒で方向性確保です。この組み合わせの欠点はスライスがやや打ちにくいということです。参考まで。
9. ゴルフはクラブだ!  回答日時:2015/9/4 (金) 13:50
305
UTはロマロRAYを24、21、18で使用してます。
シャフトはアッタスハイブリッド。

実は、この仕様に辿り着くまで様々なUT遍歴を重ねました。
その原因が巻き球や引っ掛け。
ロマロのUTに出会うまではステンレスヘッドしかなく、このチタンヘッドに出会うまで捕まりの良いUTにコンプレックスみたいなものを感じてました。
そんな折、たまたま試打した時に球離れの良さからこのヘッドありきでシャフトを探したのですが、上記の現象がやや改善する程度で、また一から出直しかと思ったところ、工房からアッタスハイブリッドのチップカットを勧められて試しに21度を0.5インチ最初はカットしました。
だいぶ安心出来るようになり、更0.5インチカットして計1インチカットで現在に至ります。
カットしても先端部分の剛性があまり変わらないことから、大きな違和感無くカット出来るのがこのシャフトにした一番の理由です。
現在では18度で0.5インチ、24度で1.5インチカットして使ってます。
どの程度カットするかはシャフト次第だと思いますが、ヘッドも然ることながらシャフトで調整する方法もあるかと思います。
10. なぜかPING  回答日時:2015/9/4 (金) 22:28
299
6i〜WはG25にNS950、5UTはコブラのバフラーrail-H25°にNS950、本日golfパートナーにてバフラー4H22°を入手しました。ハイブリッドはG15、i15、G20、ANSERと渡り歩き、貰い物のバフラーが何故かピッタリ!重い分、気負いなく振っているのが好結果をもたらしているのでは?と考えています。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
四代目 速度狂“黒スピーダー”
女子プロを中心に絶大なる人気とトップクラスのモデル別使用率を誇る「Speeder EVOLUTION」シリーズ。ついに四代目が9/15に登場!
banner
『NEW RMX』の進化した点は?
“勝つために、進化”をコンセプトに開発されたヤマハ『NEW RMX』10/6デビュー。藤田寛之、今平周吾らも絶賛するその性能は?
banner
N.S.PROシャフトをGETしよう!
日本シャフト ベストマッチング試打会開催!同時に9/24からクチコミキャンペーンを実施。N.S.PROシャフトが当たるチャンス!詳細は▼
banner
アイアンも、禁断の飛び。
驚愕の飛距離にプロからも驚きの声、続出! キャロウェイ『EPIC アイアン』9月15日登場!
banner
MAJESTY Royal SP 誕生
包み込み、跳ね飛ばす。強靭な、蜘蛛の巣のように。MAJESTY Royalがさらに進化して登場『MAJESTY Royal SP』9月7日発売!
banner
待望の「飛びすぎ X」
とにかくドライバーの飛びにこだわるゴルファーお試しあれ! 革新的ゴルフボール『SRIXON -X-』誕生
banner
今季2勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季2勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop