ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,577
登録商品件数
8,407
Q&A質問数
3,120
Q&A回答数
14,215
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
リシャフトに関し
788
アイアンの買い換えを検討しており、昨日某店に行った際にミズノさんのスイングDNAを受けさせて頂きました。その結果は思いのほかハードなスペックでした。そのシャフトで試打をしたら確かに良い弾道がでておりました。また重さや硬さはさほど気にならず、気持ち良く振ることができました。但しこの結果は数球の結果であり、鳥かごでの結果であり、ラウンドした結果ではありません。そこでこのデータをもとにリシャフト、もしくは特注でそのシャフト刺して新品を購入された方がいらっしゃれば購入後の状況をお聞かせ頂きたく存じます。是非とも買い換えの参考にさせて頂きたく何卒宜しくお願い致します。
 関連用語: アイアン  シャフト  スイング  ラウンド 
 回答数:7 | 閲覧数:5112質問者:マリノスケ  質問日時:2016/1/11 (月) 8:49 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. PWING  回答日時:2016/1/11 (月) 9:45
122
道具を買い換えるときには何らかの根拠や指標が必要になるかと思います。
ゴルフの場合は試打会やフィッティングがそれに該当するのではないでしょうか?

ただ我々素人の場合、一度のフィッティングだけだと
「たまたま」がありますので、私自身も時間をおいて何度かフィッティングを行います。
まぁ大概、初回と似たような結果になりますので
そのまま購入してもおそらくそれほどの違和感は感じないかと思います。
あとは体がクラブに慣れてくるとまた別の問題が出てくる可能性はあります。
プロのようにスイングが固まっていると良いのですが
我々は道具にかなり左右されますので・・・。

あと1〜2度ほど同じフィッティングを受けてからご購入されてはいかがですか?
私もクラブの購入前には何度も試打やフィッティングに参加して決めていますよ。
2. abekke81  回答日時:2016/1/11 (月) 10:51
119
PWINGさんもおっしゃる通り、私も何度かフィッティングにいかれて納得度を高めて検討されることをオススメしたいです。
とはいえクセとは恐ろしいもので、結構最初の結果が一番ハマっていたりするケースが多い印象があります。
フィーリングさえ納得いくものであれば、あとは購入して練習あるのみかなと。
3. ARO  回答日時:2016/1/11 (月) 12:05
108
ある程度フィッティングは信じるしかないのですが、
アイアンの場合ゲージの中でコントロールショットをすることがなく、
ドライバーと同じようにフルショットでデータを見てしまうと、
比較的ハードなクラブでもいい結果に見えたりします。

アイアンは1本だけではないし、ラフ、傾斜地、中途半端な距離など、
ショットをする際にコースではいろんな制約を受けるので、
ゲージの中で距離感だけでもコントロールしてみて判断した方がいいと思います。

フルショットではないスイングスピードを落として振った場合に、
ダフったりトップしたりと何らかのミスが出るようなら、
重かったり硬すぎたりしている可能性が高いです。
4. 岡ちゃん1007  回答日時:2016/1/11 (月) 13:42
104
スイングDNAのデータを元にはリシャフトしたことありませんが、計測データや試打を元にリシャフト、買い替えはしますのでその観点で回答します。
また、買い替え後の状況。とありますが、下記を怠ると大抵後悔しています。

まず、ドライバーの場合は飛距離になりますが、見ているのは打出し角度とバックスピン量とミート率です。
ただ、同じ計測器で所持しているドライバーを計測して相対評価します。

アイアンは、逆球が出ないかどうかとバックスピン量を確認します。
データとは関係ありませんが、構えやすい。というのは絶対条件です。

最後に試打データは基本的に1球目ストレート2球目ドロー3球目フェードとうち、
そのデータを使います。何球も同じ球打つとクラブに慣れてしまうためです。

シャフトのみ変える場合は、
1.絶対的に振りやすい
2.しならせて打つ事と、しなりを抑えて打つ事両方できる
3.リシャフトの、目的にあった球質の変化をした。※ドローさせたければ捕まりすぎはok

です。
いずれも、個体差があるので、試打データは参考程度に見ています。
ハードスペックかどうかは、ソフトスペックから試してギリギリ打てるスペックのちょっとしたにしておけば18ホール持ちますよ。
ハードからソフトにしてくると失敗する事が多いです。
5. shingo119  回答日時:2016/1/12 (火) 7:34
111
シャフトの調子などは参考になるので、後は広い練習場などでの試打をした後に、フレックスと重量を決める事が良いかと思います。

私の場合、ミズノ、ピン、その他いくつかのカゴの中でのフィッティングは柔らかいものを薦められるデータとなります。
これに合わせてクラブを作成すると上手く行かない事が多いです。
自分自身のスイングに合うシャフトの傾向は分かりますので、硬さや重量を変更すれば失敗は少ないです。
6. なとかり  回答日時:2016/1/12 (火) 22:44
112
私のやった事が参考になればと思い書きたいと思います
6年前にMP-52(DGS200)を購入し、昨年MP-15(modus125)に変更しました
やった事は…
ゴ○フ5で何度も試打をしました
1日の結果だけで判断すると痛い目を見るので、日にちや店舗を変えて何度も何度も試打しました。
シャフトの知識をゼロにして、試打クラブで何度も試打しました。
シャフトをある程度絞り込んだ段階で、ミズノのスイングDNAを受けました
そこで勧められたシャフトを後日ゴ○フ5で試打しました(2〜3回)
っと言う感じで半年位かけて試打を繰り返しました

自分で絞り込んだ中にモーダスがあり、スイングDNAで勧められたシャフトの中にもモーダスが入っていたので、後日数回試打して納得した上でオーダーしました

ミズノだったらレンタルクラブもあるので、悩んでるシャフトがレンタルクラブであれば、レンタルしてみるのが良いと思います。
おっしゃる通り、鳥籠と実際のラウンドでは感じ方も違うので…

あと、他のメーカーの試打クラブで今回勧められたシャフトが付いているクラブがあれば、それを打ってみるのも良いと思いますよ

今使っての感想は、養老カスタムで作って良かったと言う事です。
そんなに安い買い物でもないので、ご自身が後悔しないようにたくさん悩んでください(笑)
7. まっちー  回答日時:2016/1/15 (金) 0:39
112
私もミズノの有料フィッティング受けたことあります。

まあ、無料試打からすると結構いい値段なのですが満足度は高かったですよ。フィッターもとても明るく、親切でした。さすが大企業。教育が徹底されてる。

ただ、自分は勧められたアイアンやドライバーは結局買いませんでした。とりあえず、有料ですし遠慮なく自分にあうシャフトやその特性、自分のスイングを客観的に見てもらいたかったのと、それを参考にクラブ選びと練習したいと思ったからです。

実際それから2年くらいたって、スイングもだいぶ変わりましたからまあ、今は同じシャフトが適してるかわかりません。たぶん変わってるでしょうね。

プロでもないし、時間やお金に限界があるし、あまりこだわりすぎても大変なのでまあ参考程度でよいかと。

でも、適当に買うよりはいいでしょうから選ぶ際の目安にはなると思いますね。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
ツアープロが好むシューズとは?
松山英樹の活躍で盛り上がった全米オープン。距離の長さに驚きませんでしたか? そこで感じたプロ着用シューズの変化とは?
banner
“飛び”の理由はこちら>>
ギリギリの反発性能と広い高初速エリアで飛ばす。さらに進化した『RS2017』はプロもアマチュアもとことん飛距離を伸ばす。
banner
美女ゴルファー香妻琴乃の使用ギア
ツアー初Vを目指す香妻琴乃が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop