ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,889
登録商品件数
8,303
Q&A質問数
3,018
Q&A回答数
13,544
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーがヒール側に当たってしまいます
538
以前にも、shaftの件で質問をさせて頂く、多くの方から回答を頂き有り難うございました。

さて、最近になってドライバーの「持ち玉」が「ドロー系」から「フェード系」に変わってしまいました。

一般的には「アウトサイドイン」が原因とは思いますが、量販店(メーカーのフィッティング)で確認をしたところ「クラブはインから入っている」事が判明しました。

ただし、ボールがヒール側に当たってしまっている状態です。

単純に「フェースの帰りが早いのか?」それとも、「アウトサイドインから入っている」のか……悩んでいる状態から抜け出せない日々が続いています。

下らない質問かも知れないですが、持ち玉の「ドロー系」に戻すため、トゥ側にヒットさせるためには、どの様に打ち方等が良いのか?何を意識すれば良いのか?
ご教授頂ければ幸いです。
 関連用語: アウトサイドイン  トゥ  ドライバー  ドロー  抜け  ヒール  フィッティング  ボール 
ライ 
 回答数:8 | 閲覧数:3708質問者:Mt.fuji  質問日時:2016/1/27 (水) 0:28 
Mt.fujiさんのコメント
ボギー大佐様
825様
ダーハヤ様
アルシビスト様
rioibuban様
むんむん様

ご回答を有り難うございました。
基礎も含めて「目から鱗」状態になっています。
今まで、基礎(ゴルフを始めた頃)の事をすっかりと忘れていたような気持ちが強く出てきました。

とても参考になるご回答を頂き感謝の気持ちで一杯です。

私も悩んだ時には、プロの方に見て頂いているのですが、最近は仕事が多忙でもあり、この半年は自己流で矯正を試みたのですが、この有り様になっているのが現状です。

皆様からのご意見を真摯に受け止めて、一つ一つ試して行きたいと思いました。

改めてご回答を下さいました皆様には感謝申し上げます。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ボギー大佐  回答日時:2016/1/27 (水) 7:41
63
体が伸びあがるか、前傾をキープできずに起き上がってしまい、手元が浮いているのではないでしょうか?
もしくはヘッドよりも手元が先に出ているかですね
2. 825  回答日時:2016/1/27 (水) 11:42
71
ダウンでシャフトが寝てインパクトで手が浮いているのでしょう。
他の番手がドローといってもダフリが多かったり打ち出しが極端に右方向だったりとんでもないフックのミスが出てしまわないですか?

想像の域をこえませんがおそらくインからクラブを入れるという事を勘違いしていらっしゃるのだと思います。
文面からも普段からインからクラブを入れるという事を強く意識されているのだと思います。

グリップが外から入っているにも関わらずヘッドをインサイドアウトに、という意識してしまうとシャフトを寝せたり振り遅れるようなスイングになってしまいやすいです。
そのような状態でインパクトでヘッドを間に合わせようとすると仰るような事が起きやすいですね。

クラブをインから入れるではなく、グリップをインから、クラブは外から入れるイメージに変える必要があります。
どちらかというと大事なのはクラブやヘッドの軌道ではなくグリップの軌道、入り方です。
失礼ですがもしそれがどういう意味かわからないのであればこれまでの意識が間違っていることの証明ですので然るべき方からレッスン等を受けるべきでしょう。
3. ダーハヤ  回答日時:2016/1/27 (水) 12:16
65
現象としては、フォローの軌道が理想よりアウトに出ていく感じだと思います。
そうなるとフェースが返らなくなってプッシュが出るはずです。

ただ、今回はスライスになるという事なので、インパクトで右側に体重を残し過ぎて引っ掛けてスライスという現象かなと。
あるいは球を左へ左へと移して悪循環もあり得ます。
返らないからボールは左へ、一見正しいようですが、開く方へ働いたヘッドは返ってきません。

今回のヒールヒットについて、
既に上体の起き上がりについて回答がありますが、アドレス時から前傾が浅いということも考えられます。
基本中の基本を覚えようとされいた時期を思い出して、前傾角度を再度チェックしてみて下さい。
前傾が浅いのが原因で球と体の距離が理想より近づいているかもしれません。

今回のスライスについて、
あまりにドライバーでアッパー意識が強いと、右肩が下がり過ぎるというか、軸が右に傾き過ぎる場合があります。
そうなるとインアウト軌道になるのでフェースが返りにくくなるんです。プッシュが出ます。これはヒールヒットとも相性が良くなります。
インインを試すのに、一回軸を右に傾けずに、フラットなイメージで打ってみて下さい。
引っ掛けが出ると良い反応です。その間のどこかに正解があります。

あまりアッパーな意識は持たれない事です。テンプラするならティーを低くされれば良い事です。

アドレス時点での前傾角度と軸の傾き(右肩の下がり方)をチェックしてみて下さい。
それと、右肩を下げ過ぎず(軸を右に傾け過ぎず)にインパクトで右に体重を残す事は意外と難しい事でもあります。
4. アルシビスト  回答日時:2016/1/27 (水) 12:38
68
ドライバーだけと言うことは、フッカーに比較的多いのですが、俗に言う「内から煽る」打ち方なのではないかと推測します。ヘッド軌道はインサイドからでも、ヘッドはボール手前で最下点を迎え、以降、ティーアップしたボールを打つため、ヘッド軌道をカチ上げるように打っていると思います。こういう打ち方の人は、必要以上に右膝は前に出て、右肩は下がるケースが多いです。また、ティーアップが高めだったり、アドレスでフェイスをボールに合わせるのではなく、しっかりめにソールしたりするケースも多いです。ティーアップしている場合、本人はダウンブローで打っているつもりでもアッパーになっていることが多いです。従って、アドレスでソールしない、ボールを打った後もヘッドを落とす気持ちでスイングしてみてください。ただし、上下動やフォローでの目標方向への軸ブレがあると、地面を叩いてクラブを傷める可能性はありますので、気をつけてください。参考まで。
5. rioibuban  回答日時:2016/1/27 (水) 13:39
70
ヒールにあたる原因として主に4つの事が考えられます。

,弔淦莉顛瓦乃紊鯊えている
右腕が前側(体から離れる方向)に出すぎている
C噂磴縫侫А璽垢開いている
ぅ▲Ε肇汽ぅ疋ぅ鶺案擦膿兇辰討い

、い砲弔い討楼媼韻靴討い襪茲Δ任垢諭
い禄縞すぎるくらい意識しているので、今後はしばらく意識しないほうが良いと思います。
は間違った認識です。フェースが閉じてあたっていれば、基本的にヒールには当りにくいです。フェースが閉じているのにヒールであたるとかなり飛距離が落ちるし、感触も気持ち悪いです。まったく無くは無いですが、考えにくいです。
 銑について試してください。

,かと体重で打つ
▲ぅ鵐僖ト直後くらいまで右肘が体から離れないようにして打つ
フェースを早めに返す

以上の3つを意識すれば、必ず治ります。
必ずです。
がんばってください。
6. むんむん  回答日時:2016/1/27 (水) 18:22
67
以下、プロの受け売りを元に、自分で補足した理解を前提としています。

単純に物理的な仕組みとして、球が飛び出す方向はヘッドの通過軌道が最も大きな影響を与えます。球と面が衝突するとき、最初に接した点の位置が重要です。
実際のインパクトは一定の時間があって、接点とヘッド軌道と、フェース角度のずれ、更にはロフト角のために、インパクト中、最初の衝突点からボールは回転しながらフェース上を動きます。
このことによって球に回転が与えられ、出球後の弾道に影響を与えます。

この中でもっとも影響が大きいのは、ヘッドの軌道による最初の衝突点と、フェースの角度の関係です。
衝突点の位置は、ヘッド軌道によるため、ヘッド軌道とフェースの角度で、弾道はほぼ決まると言って良いと考えています。

ヒールヒットについては、重心より内側に当たっていることで、反作用によりフェースが開く動きに繋がります。
但し、インパクトまでの円運動と、クラブ構造から、フェースは閉じようとする動きを既にしているはずのため、捉まえようとする動きが弱められると言う程度と認識しています。
即ち、ヒールヒットは飛距離に与える悪影響は大きいが、弾道に与える影響は、軌道とフェース角度の関係ほど大きくはない、と考えています。

計測によりインサイドからヘッドが入っているにも関わらず、フェード(スライス回転)しているのであれば、ヘッドがインサイドから入っていてもインサイドアウトとは言えないくらいのスクエアな軌道で、あとはフェースが開いているのでは、つまり、飛球線とほぼ垂直なヘッド軌道(インサイドイン)でありかつ、フェースが開いていると推察します。
この場合、出球は飛球線へまっすぐ出て、そこから右へ曲がる球になります。
開いていると言っても、フェードという表現から、僅かに開いている、という程度なのかもしれません。

僅かなフェースの開きを帳消しにするために、インサイドアウト軌道を強めることで相殺できるはずです。
または、フェースを閉じる動きを早め、インパクトまでにフェースをより閉じることを考えれば、ストレートボールに近づくはずです。

どちらか、または両方ではないかなと思います。
私なら、意図的にフェースを閉じようとすると、軌道がアウトサイドインに狂ったり、閉じ過ぎてフックが大きくなったりとしやすく、インサイドアウトを意識する方がやりやすい(=ミスの度合いが少ない)ため、まずはそちらで試してみると思います。

具体的には、肩の開きを気を付ける、ボールを置く位置を右へ変えてみる、ダウンスイング以降の左スウェーに気を付ける、みたいな感じでしょうか。
右だけは絶対にダメだ、というときは、ダウンスイングで右かかとが浮かないよう頑張るようにしています。
本番でやると、大抵はフックが大きすぎてあちゃーなんですけども…。

ご参考までに。
7. PWING  回答日時:2016/1/28 (木) 23:21
69
最近変化したとのことですが
ここ最近起きたことと仮定して回答してみたいと思います。

寒さで体が動いていないからじゃないでしょうか?
また厚着による影響もありますよね。
8. 哀愁のチーピニスト  回答日時:2016/1/28 (木) 23:40
65
クラブがインから入っていても軌道よりもフェースが開いていればプッシュスライスになります。当然ですよね。

クラブ・シャフト的な面では
一般的にはシャフトの手元が硬く感じる場合、力が入りすぎてリリースが早まりシャフトのしなりが使えない状態でインパクトを迎えがちです。
(シャフトが逆撓りするとフェースは左に向きます。基本的には。)

スイング的には
アッパー意識で煽り打ちの癖があると右肩が下がりやすい(軸が右に傾く)。
この際に煽り打ちのインサイドは基本的にトゥ側に当たりにくい動作になります。

練習には
両手を離して握って打つスプリットハンドドリル
(最初は超スローで素振りして自分がどういう意識で振っているのか、その結果どうなっているのか確認してください。
球がまっすぐ飛ぶとか気にしないことが大事)
煽り打ちを消す直ドラ打ちが(超ショートティで1Wでも可)
いいんじゃないかと思います。

お悩みの「フェースを返す」動作ですが早すぎるならばチーピンがプルフックしか出ない筈なので違います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop