ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,944
登録商品件数
8,476
Q&A質問数
3,169
Q&A回答数
14,587
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
アイアンのグースについて
565
いつも勉強させて頂いております。
私は途中長いブランクがありますが、ゴルフをかじり始めたのが30年以上前ということもあり、中古ショップで古いアイアンセットを見つけては懐かしさに浸っております。
そこであることに気付いたのですが・・・。
最近のアイアンはショートアイアンになるほどグースの度合いが弱くなり、徐々にストレートネックに近づいていくのが主流ではないかと思ってるんですが、一昔前(20年位?)のアイアンだとショートアイアンになるほどグースが利いているものをよく見かけます。(J'sや本間等)
もちろん全てのアイアンセットが当てはまる訳ではなく、たまたま私が見た範疇でのことかもしれません。
こんな要因等によって変わってきているのでは?というご意見などいただきたく、宜しくお願いいたします。
 関連用語: アイアン  ショート  ショートアイアン  ネック  ラン 
 回答数:4 | 閲覧数:4297質問者:かにょ&はにゅ  質問日時:2016/1/29 (金) 12:18 
かにょ&はにゅさんのコメント
皆様コメントありがとうございます。勉強させていただきました。
結局、状態の良い古いアイアンセットを購入しまして、ショートアイアンのグースに少し違和感を感じつつも使ってみようと思います。
ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. PWING  回答日時:2016/1/29 (金) 16:41
132
材質の進化もありますが
なにより解析技術の凄さではないでしょうか?
ボールを効率よく飛ばすための重心や距離、深さなど、それこそ昔では聞くことのない言葉が普通に使われていますよね。

進化により形状に関係なく捕まえる事が可能になったため
グースが必要ではなくなってきたのでしょう。
ヘッド、シャフトとちょっとずつではありますが進化はしています。
今後は大きく変わる要素はないと思いますが
見たことのない形状、聞いたことのない材質が出てくるかもしれませんね。
2. rioibuban  回答日時:2016/1/29 (金) 17:06
141
いろいろあるかもしれませんが、流行の影響が1番大きいと思います。
昔のジャンボ尾崎が活躍していた頃は、ものすごい人気があり影響力も大きかったでしょう。
当時、ジャンボ尾崎はクラブに対しても相当な拘りがあったようで、独自の発想をメーカーに投げかけて、商品化することが多々ありました。
J'sのブランドは最たるもので知らない人はおらず、他のメーカーもこぞって形状など真似して商品化していました。
ショートアイアンのグースもやはりジャンボ尾崎の影響です。
アプローチでSWを多用していたジャンボは包み込んでいくイメージと、ややハンドファーストでカツンと入れる打ち方を得意としていたので、それに見合った形状は強いグースのついたヘッドでした。
SWからのつながりを考えてショートアイアンもグースがついたのは必然でした。

今ではグースネックのSWは絶滅危惧種でラインナップには見られなくなり、ストレートネックが増えたため、打ち方もそれに見合った払い打ちが主流になっています。
3. アルシビスト  回答日時:2016/1/29 (金) 17:50
142
昔も今もロングアイアンは、フェイス プログレッション(FP値)を小さくし、つまりオフセットの度合いを大きくし、重心角を大きくして、ボールを捕まりやすくし、ショートアイアンは、元々ライ角が大きいので、ヘッドが返りやすいので、FP値はロングアイアンに比べ大きい作りです。質問者は、例えばPWのリーディングエッジをみてそう感じているのではないかと思いますが、最近のリーディングエッジはあまり丸みがなく、ストレートタイプが多いです。SWもその傾向が強いですね。

昔はスコアラインの下から2番目のラインをターゲットにセットするように教わりました。リーディングエッジに惑わされるなという意味です。日本では特にラフは野芝が多く、芝生の抵抗が少ないため、リーディングエッジを出っ歯にする必要がなかったのですが、昔はスボルディングやマグレガー、ウィルソンなどの輸入クラブが幅を利かせていました。そんな中で日本人のためのクラブ作りを目指していたホンマや、スクエアなスイングを志し、クラブの設計監修を積極的に行なった尾崎将司さんのJ'sには、出っ歯のリーディングエッジのモデルは少なかったと思います。また、最近のモデルのソールは、リーディングエッジで切るイメージのスクープソールはなくなり、抜けのよいトレーディング カットソール系が主流になっていることもリーディングエッジがストレートになっていることと深い関係があると思います。参考まで。
4. シロナ  回答日時:2016/1/29 (金) 20:02
150
この前ご一緒させていただいた著名なプロ(40代前半)も

「最近のアイアンはグースがない」とのたまわっていました

使っていたのはフォーティーンの770(市販品と同じと言ってたけど)

なんかすっごいストレートネックでビクりました
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
全米プロ王者の使用シャフト
ジャスティン・トーマスをメジャー初制覇に導いたドライバーシャフトとは…?
banner
TOUR B Xボールモニター大募集!
発売前に打つチャンス!!ブリヂストンスポーツから10月6日に発売される『TOUR B X』のボールモニター100人を募集します!詳しくは>
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop