ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,773
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,878
Q&A回答数
12,502
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
原因は前傾姿勢?
600
最近、記憶にないくらいの不調といいますか、下手くそになってしまいました。コースではトップや引っ掛け連発!!パットとアプローチでなんとか取り戻し92であがることができました。
さて本題ですが、その後練習場でアレやコレやと試した結果、前傾姿勢が崩れインパクト前に起き上がる事がわかりました。原因が前傾姿勢だとしたら前傾姿勢維持のコツなどあれば教えていただければと思います。
 関連用語: アプローチ  インパクト  トップ  パット 
 回答数:10 | 閲覧数:5024質問者:yokothi  質問日時:2016/2/15 (月) 23:30 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. かわせみ!  回答日時:2016/2/16 (火) 0:05
62
左手のコックと右手のヒンジ角、そして右肘の曲げ。。。

トップでつくった形を維持するイメージで。。。

後は、腕の通り道を確保する為にインパクトでお尻を後ろに向ける意識。。。

私の場合はこんな感じです。

クロスハンドグリップで打つとわかると思います。

乱文失礼致しました。
2. 825  回答日時:2016/2/16 (火) 2:51
64
ミスショットの原因が前傾姿勢が維持できていない事だとしても、スイングに於いて前傾姿勢が維持できていない事は様々な要因による結果です。
基本的にダウンスイングはテークバックやトップの形や動きが反映された結果でしかありません。
なのでダウンスイングで何かを意識したところで多くは他の原因があるのでそこをつぶさないと治りません。

前傾姿勢が保てなくなる原因は一つではありませんが、スイング中の動きとしてトップとインパクトの形は同じか反対になる事が多いです。

例えばテークバックからトップで前傾が深くなるとそのままの前傾角でダウンスイングすれば当然ダフりますからインパクトで伸びあがります。

手だけで担ぎ上げるようにテークバックしてしまうと上半身が伸びあがって骨盤がアドレス時よりもボールに近づいてしまう事が多いですがそこから骨盤をボールから離すようにはダウンスイングはできません。
骨盤が近づいたままダウンに入れば結果としてインパクトでは伸びあがった状態になります。

まずは何故伸びあがらないと打てないのか?を解明しないとどこを注意すれば治るのかは判断できません。
映像などで確認できる環境にあるようですから今一度テークバックのどこに原因があるのかを探ってみて下さい。
3. sayonarasu  回答日時:2016/2/16 (火) 5:40
60
2種類あります。
1)鏡を活用して前傾した状態の背骨の位置(角度)をテープ等を貼って可視可する。
2)セットアップした際のつま先とボールの距離を紐、ロープ等で調整して置いておく。

1)はシャドウスイング時(室内)に有効ですし、2)は練習場で立ち位置を確認する際にベスト距離をあらかじめ作っておくとスムーズです。
前傾角度が変わるとボールと体の距離が微妙に変化しますので自分で確認できると思います。
勿論番手により2)は変化しますので何番で何センチ、と自分なりの基準を創りましょう。
4. rioibuban  回答日時:2016/2/16 (火) 10:35
58
私も同じ症状で悩んでいましたので、参考までに。

質問は前傾姿勢維持のコツですが、その前に

まずは現状の確認です。
練習場にて気づかれたのはすばらしかったのですが、どうやって気づいたのでしょうか。
スマホやビデオでチェックして気づいたのであれば良いのですが、そうでなければ御自身のスイングを客観的に見るためにも、映像でチェックしてください。
そこで理想の状態と現状にどれほどの差が有りますか?
この差を脳に焼き付けてください。
ここまでが現状の確認です。

続いて、軽く素振りをします。
50%くらいの力感でスイングは通常のフルスイングと同じ。
当然、スイングスピードは落ちます。
このスイングで理想とするスイングをしてみてください。
簡単に出来ます。自分の理想がいとも簡単に実現します。
このスイングをビデオやスマホに撮って、確認してみてください。
そこで、感じ取れるのは美しいスイングとそれが出来ている自分自身への感動と自画自賛です。(いやこれ、結構大事ですよ)

後はこのスイングを維持したまま少しづつスイングスピードを上げていきます。

はい、出来上がり!

ってそんな簡単じゃないですよね。

たしかにそうですが、結果は良くなります。

今までのミスはほとんど無くなりますよ。

が、しかし、この時点でもう一度ビデオチェックしてみてください。

大抵は、悲しい思いをします。
そう、見た目のスイングは思っているほど変わっていないのです。

でも、ミスは減っています。

これは、見た目では変化が少なくても、微細な変化によって改善したという事です。

軽く振れば出来る事が、目いっぱい振ると出来なくなるのは、力の出すポイントやタイミングがずれている事が主な原因です。

染みついた癖はなかなか取れないものですが、あまり悲観的になる事はありません。

長期的にやってみてください。

前述の手順をやって、納得したら1度忘れても良いです。

忘れた頃にまた再発します。

そしたら、以前に取り組んだ事を思い出して同じことを取り組む。

これを何度も繰り返すうちに、本当に良いスイングになります。
 
すみません、質問は前傾姿勢維持のコツでしたね。

正解はありません。いろいろありますが、

1)骨盤を踵側に残したまま、尻がプリッとした感じで(俺はアダムスコットだと念じながら)インパクト直後まで振る

2)ダウンスイングからインパクトまで胸をボールの上に覆いかぶさるようにして、膝は前に出ないように、足は地面を蹴るようにして振る(俺はタイガーウッズだと念じながら)

3)かかと体重は腰と膝が前に出て上半身がのけぞりやすいので、ややつま先体重を意識する(俺は手嶋多一になりたくないと念じながら)

4)インパクト前後のビジネスゾーンでは手を低い位置を通す(俺はガルシアだと念じながら)。高い位置だとその分前傾も起き上がってきます。

他にもありますが、大きなところではこの4つを意識します。
5. アルシビスト  回答日時:2016/2/16 (火) 12:26
72
質問者様に当てはまるのかどうかわかりませんが、ダウンスイングで右足がすぐに地面から離れないよう、土踏まずを地面に接したまま、いつもよりゆっくりハーフショットをしましょう。

もうひとつ気にかかるのは、トップや引っ掛けですが、上半身先行、腕先行のスイングをして打ち急いでいませんか。飛ばしは度外視して、芯を喰うことのみに集中してください。そのためには、上半身の脱力が必須です。参考まで。
6. yumesingle  回答日時:2016/2/16 (火) 18:13
56
手から打ちに行っていることが、考えられます。 
ゴルフでは、殆どと言って良いほど、手は使いません。 
下半身主導のスイングを、お勧めします。

ちなみに、ゴルフの真髄、基本は、
”手・腕は使わない。腰・体の回転で打つ。”
です。

『体8割、手の振り2割』
      (伊沢利光)

『背筋でスイングをする、スイング中に腕を意識する事はない』
      (片山信吾)

これを念頭に置いて、
手・腕は脱力状態にして、腰、体の回転で打つようにしてみて下さい。

ただし、手・腕の脱力は、簡単なようで、結構難しいですから、
あきらめずに、練習して下さい。

お時間がありましたら、
m○xi 100切りゴルフサロン 
に、遊びに来て下さい。
7. assy  回答日時:2016/2/16 (火) 18:59
55
年齢的に飛ばなくなったって事はないですか? そうで力んで伸び上がってるのかも???

たぶん、シャフトの見直しとか検討する時期かも???
8. むんむん  回答日時:2016/2/16 (火) 19:34
57
下手くその考えで恐縮ですが、私の練習メモから引用すると…

アドレス時の目とボールの距離をトップからインパクトまでキープする

アドレス時の鼻筋の角度(私の場合垂直)をトップからインパクトまで維持する

でした。
具体的に前傾が起きる時は、トップでオーバースイング気味に起き上がってしまうか、ダウンで左腰が斜めに回ってしまう時、またはその両方です。
逆に真後ろに伸び上がることはないので、このイメージを持つとうまく行きます。

以上、私の場合に限りですが、前傾維持のチェックポイントでした。
起き上がるとは軸が傾く事でもあるので、テイクバックからトップまでを大事にするようにしています。
9. レフティベア  回答日時:2016/2/17 (水) 0:30
56
まず、スイングを見てないので軽々しいアドバイスはしにくいのが正直なところ。

なので、自分自身の感覚をあげてみます。参考になれば幸いです。

⭐アドレスした状態でボールから延びた糸を、軽くピンと張った状態で口か鼻か、あごか…
(これは人それぞれで探してみてほしいのてわすが、私は唇)
で軽く引っ張ってるイメージを持ちます。
そしてその糸がプチンと切れないように打ちます。バックスイング、ダウンスイングでプチンと切れないように!フォローでは気にする必要ありません。

これだけで頭が上下左右前後にずれにくくなります。それでいてあくまでもイメージなので必要な移動は確保できます。

スイングにはいろいろとチェック項目があるのは納得はしています。自分もスイングを作る段階では細かなことに気を付けます。
しかし、やはりプロのように専属のコーチが付いてるわけでもないし、なによりスイングをシンプルにするためにも、できるだけ、○○をどうするとか、肘、肩、腰、顔とかの角度を気にするよりは簡単で結果もでやすいですよ。
自宅では実際糸と、何でもいいので適当な重りをつけて、ボールとの距離が変わらないように素振りしたり、クラブを持たずにシャドーしてみればいいです。実打するときはイメージで!
このイメージ、かなりお薦めですよ。

長文、乱文失礼しました。
10. ひらりん  回答日時:2016/2/20 (土) 13:38
60
ドライバーとアイアンで多少原因は異なると思いますので、たまに出る私の悪癖でお話します。

仮にアイアンでトップやダフり、あるいは引っ掛けが出るのであれば左サイドの伸び上がりと言うよりは右肩の落ち込みは如何でしょうか?
ダウンスイングで右肘の引き付けが強いと、体幹が上手く回らずに側屈する型(いわゆるギッタンバッコンのスイング)になり易いです。
見た目は左サイドが伸び上がったように見えますが、左足には十分荷重出来ていないので左脇が空くとプッシュアウト、左肘を上手くたためた時はチーピンとあらゆる球筋になってしまいます。
その様なときはドライバーがそこそこで、セカンド以降に苦労することが多いです。

対処法としては、直ドラ!と言いたいところですが、私はスプーンかクリークを短く握り、体幹の回旋と骨盤の水平移動を意識しつつ左膝が伸び上がらないようパンチショット気味に低い球を打つ練習をしています。
もちろん左腕一本で打つイメージを持っていますが。

上体の起き上がりは、フォローでヘッドが左足を越すまではボールの位置を見続けられるよう、ヘッドスピードを落とすつもりでスイングするとフォーム固めに繋がると思います。

なにかしら参考になれば幸です。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop