ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,763
登録商品件数
8,157
Q&A質問数
2,874
Q&A回答数
12,479
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ダウンスイングの入射角について
364
ダウンスイングの入射角についてご意見ください。
飛球方向後方から自身のスイングを見た際に、ダウンスイング時にいわゆる首切り状態となっています。プロのそれを見るともっと低い位置からシャローに入っているように見えます。これを真似しようと思っても中々難しくて上手くできないのですが、そもそも首切りショットは何がダメで、逆に背中から出てくるようなダウンスイングは何がメリットなのでしょうか?
縦に振った方が、再現性が高い気もするのですが。
ご意見よろしくお願いします。
 関連用語: スイング  ダウン 
 回答数:5 | 閲覧数:3543質問者:Pico2118  質問日時:2016/3/3 (木) 23:32 
Pico2118さんのコメント
早速のコメントありがとうございます。大変良く分かりました。軸に対して直角であることが、最大のパワーを生むということですね。これから練習に励みます。
再現性のところは私の言葉足らずな表現でした。
申し上げたかったのは、何かしらのミスがあったとしてもショルダープレーン寄り(これを縦振りと呼んでました)にダウンスイングしていれば、それほど方向性がブレずに、逆にシャフトプレーン寄りにダウンスイングすれば、ちょっとでもミスすると方向がブレ易いのではないかと思った次第です。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 825  回答日時:2016/3/4 (金) 2:40
72
例えば竹とんぼの羽が軸に対して直角についていなかったら上手く飛ばすことはできません。

竹とんぼやゴルフのスイングを含む軸を中心とした回転運動に於いては、羽根なりクラブなりが軸に対して直角に動くことで最大の力を発揮し、且つ直角でなければ再現性も何もありません。

ゴルフスイングで通常軸と言えば背骨や背筋などを示します。
細かい事は端折りますがトゥダウンしないクラブがあったとしたらライ角60度のクラブでは軸=背骨等は30度前傾しているのが机上では理想という事になります。

おそらく質問者様は背骨よりも首の前傾が極端に深くなっていて首の前傾に対して直角というようなプレーンになっていて、インパクトでは多少伸びあがっているのでしょう。
そもそもそれは縦振りとは言いませんし、背筋等よりも力が弱い部分が軸になっていてはクラブの遠心力等に負けてしまうので再現性が高い事もあり得ません。
練習の頻度が高ければ場合によっては首を痛めます。

当然そのようなスイングでは下半身や背筋等の力を最大限に活かす事は出来ません。

肉体的なポテンシャルを最大限に発揮させるためにはアドレスを飛球線後方から見た際のシャフトが作るプレーンをダウンスイングでなぞる事、軸(前傾角)がそのプレーンに対して直角であることが必要です。
2. アルシビスト  回答日時:2016/3/4 (金) 6:14
77
まず、プロのスイングとの違いですが、クラブをムチのように振るのが最も効率がよいと知っているからです。脱力スイングという言葉を聞いたことがありますでしょうか。左手グリップはややしっかりめに握るのと、左肘を弛めないで、あとは脱力です。そうすると、コックのリリースもタメの効いたものとなり、ムチのようにクラブを振るのが、もっともヘッドが走るスイングになることを豊富な練習から導き出しています。気をつけているのはフェイスコントロールだけですね。一般ゴルファーは、そこまで脱力できない人が多いので、シャフトでカバーしようとしています。ここ数年、全体しなり系シャフトがブームなのも、そういうことだと思います。腕全体にもっとも力が入りやすいのは。まっすぐ伸ばした時ですね。力が、入れば入るほどゴルフスイングから遠ざかるということですね。

もうひとつの縦振りの件ですが、アドレスで前傾してスイングしますが、スイング軸に対して、遠心力次第ですが、クラブとの角度が直角に近いほどスイング軌道が安定します。両腕は数キログラムあるので、スイング中遠心力が働いても地面を指す角度に近いです。質問者様の縦振りというのは、スイング軸に対してクラブの角度が直角に近くないので、ご自身がおっしゃるように首切りということではないかと思います。参考まで。
3. rioibuban  回答日時:2016/3/4 (金) 9:19
71
首切りショットなんていう表現があるんですね。勉強になりました。

首切りショットの何がダメか?
それで飛んで曲がらないならダメではないです。

逆に背中から出てくるようなダウンスイングは何がメリットなのでしょうか?
シャローな入射角で入れやすくダフリやトップのミスが少なくなり、ライの影響が少ないためスピン量が安定し、距離のばらつきが減る。なので再現性が高いのはこちらのスイングといえます。

が、しかしどんなスイングでも自信があって、結果も出ているのなら無理に変える必要は無いですよ。
調子が悪い時にスイング改造を考えるくらいでどうですか?

私は社長から首切りショットを受けないように気をつけています。
4. ダーハヤ  回答日時:2016/3/4 (金) 9:42
69
まず、スイングの形は何でも良いです。

ただ、自分も理想のフォームがありましたので、プロのスイング解析を何度も見て真似てましたけど、結局のところ、その解析動画のスイング中にそのプロが何を考えていたのかは本人しか分からないのです。

スイングについての自分理論が変わっていく中で、同じスイング解析の同じ部分を見ても感じることが変わる事に気が付いています。

ある時は自分を否定的にさせるように感じ、ある時は肯定するように感じる訳です。

自分の考えを確認する時、否定的に感じる記事が多いと思います。特にゴルフは。理論が様々で多すぎるからでしょう。
自信を保つコツは、自分理論を肯定する記事を探す事です。

それと、再現性は練習によって習得するのが基本です。
一つの関節は曲がる方向に向き不向きがありますが、複合して無限に動くのです。骨格としての再現性とは関節一つに対してでないと当てはまりません。

例えば、
肘だけ見ると一方方向にしか曲がりません。
なぜロール出来るのか、肩の関節です。しかも上腕を軸には回りません。肘がカウンターバランスのように前腕の上部、中間を支点に回るのです。
逆に言うと手先を返す動きが入ると肘は外側に跳ね上がる。
それを防ぐためにダウンスイングで右脇を締める、または右ひじを差し出していく。

スイングの形にはそれぞれの試行錯誤の結果が見えます。
良し悪しだけでは無く、どうしたいのか、をハッキリさせると道が見えてきます。

藤田プロもルークに憧れてスイングの形を変えたことがあるそうです。
形は出来たそうですが、結果はダメだったみたいで、自分流に戻したそうです。その後賞金王ですね。
5. ダーハヤ  回答日時:2016/3/4 (金) 10:15
75
私は、どうも言葉選びが下手なようで、きつくなってしまいますね。
不快に思われたかもしれません。
すみません。

形にこだわらなくても、良いゴルフは出来ますよ。と言いたかったのですが。
突き詰めていくとプロのスイングに近付くことも事実ですし。

どうも熱くなってしまう性分で。
一応、本気で回答していることだけ分かってもらえればと思います。
失礼いたしました。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop