ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,479
登録商品件数
8,239
Q&A質問数
2,977
Q&A回答数
13,180
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
R11について
232
テーラーのR11のドライバーの件なんですが、ロフトは9°です。アップライトのポジションで使用していたのですが、球が上がりずらいので思い切ってHIGHERで使用しました。球は上がりやすくなったのですが、落ち際に失速します。リアルロフトは何度くらいあるのでしょうか?
腕は棚に上げての話ですが・・・・・・
シャフトはDJ6Sです。軌道は軽いアウトサイドインと思います(プッシュアウトのミスは今までない)
古いクラブで申し訳ありません。
このクラブに詳しい方アドバイスお願いします。
 関連用語: アウトサイドイン  アップライト  シャフト  ドライバー  プッシュ  ライ  ロフト 
 回答数:2 | 閲覧数:2644質問者:マスキュラー  質問日時:2016/3/8 (火) 18:40 
マスキュラーさんのコメント
皆様方、アドバイス有難う御座いました
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. abekke81  回答日時:2016/3/8 (火) 19:05
123
お近くの工房さんで見てもらってはいかがですか?
個体差なども考えられますので、しっか見てもらうことをオススメします。
原因は他にもあるかもしれませんよ。
2. 新浦技研  回答日時:2016/3/9 (水) 9:58
109
こんにちは。

まずはリアルロフトについてですが、R11は元々リアルロフト多めだったかと思います。
下記のマーク金井氏のページだとノーマルポジションで9.75度になってますね。

http://www.analyze2005.com/?p=1424

テーラーメイドのヘッドは固体差が大きいのでプラマイ1度ぐらいは前後してる可能性はあります。

次に「球が上がりやすくなったけど落ち際に失速する」についてですが、ロフトが増えて打ち出し角が上がったけどスピン量が増えて球がフケたのではないでしょうか?
アウトサイドイン軌道だと元々スピン量多いでしょうし。

リアルロフト増加とスピン量増加の相関性に関するサイトはちょっと見つからなかったんですが、実感では1度で200-300ぐらい回転数が増えるんじゃないかと思います。

スピン量増やさずに打ち出し角上げるのはなかなか難しいです。私も悩んでるところです。

道具でいうと、低重心でスピン量少ないヘッドを購入して先調子ながらチップは硬めのシャフトを選定するとかですかね。

もちろん打ち方をアッパー軌道に変えるのが一番なんでしょうけど。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
石川遼、R.マキロイ使用ドライバー
話題沸騰中のキャロウェイ『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー 2月17日デビュー! 石川遼、R.マキロイが使用中!
banner
NEW PHYZボールモニター大募集
ブリヂストンスポーツから3月3日に発売される『NEW PHYZ』のボールモニター120名を募集します!詳しくはこちら!
banner
シリーズ3代目 コスパもGood!
クリーブランドRTXシリーズの最新作「RTX-3」が2月18日にデビュー。15,000円という価格も人気の秘密だそうです。
banner
BSグローブモニター結果発表
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
2016年に3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop