ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,770
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,876
Q&A回答数
12,495
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
シャフトの硬さの感じ方について
786
恐れ入ります、いつも楽しく諸先輩方の内容を拝見させていただいております。
疑問に思うことがありましたので、質問させていただきます。
未だゴルフを初めて1年弱の若輩者ですが、ご教授頂けたらと思います。

シャフトについての質問なのですが、現在DRシャフトはクロカゲというシャフトを使用しています。(頂き物を使用しています)
周りの諸先輩方は初心者は、元調子系のはまだ初心者には早く、先調子のシャフトを使用しなさいと言われます。
理由は、初心者は先調子のほうが柔かいし捕まりもいいからとのことです。

それで、ツアーADのDJシャフトを試打させていただいたのですが、いかんせん固く感じてしまいまして。。
木の棒を振ってる感じでした。

今使用しているクロカゲやツアーADのBBなどは硬いとは感じず、スムーズに振れます。
いずれも70g台のSシャフトです。

先輩の感覚では、作調子系のシャフトは柔かい、元調子系のシャフトは硬い
わたくしの感覚では、先調子系のシャフトは硬く、元調子系のシャフトは柔かい

この感覚のずれはスイングによるものなのか、他の要因なのか知識として知っておきたいので
ご教授頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。
 関連用語: シャフト  スイング 
 回答数:9 | 閲覧数:4586質問者:ロイヒツボコー  質問日時:2016/3/25 (金) 14:15 
ロイヒツボコーさんのコメント
ゴルフはクラブだ 様
回答ありがとうございます。
確かにダウンスイング時はシャフトがくの字に曲がっている感覚はあります。
アイアンのシャフトにも似たような感覚があり、それを使い続けているために振りやすいと感じるのかなと思いました。

アルシビスト 様
回答ありがとうございます。
リストコックの問題について、指摘を受けたことがあります。
解けずにインパクトを迎えてるためにテンプラが出てるとの指摘でした。
・・・すみません、話が脱線してしまいました。
最近はリラックスして打つよう心がけています。ゆるゆるグリップで打つようにしたり、とにかく力を抜く意識でスイングを心がけて練習してます。

rioibuban 様
回答ありがとうございます。
粘り系と弾き系があるんですよね。雑誌等で読んだことがあります。
未だ私には違いが判らなくて硬い柔かいの判断しかできず、未知の世界です。
この違いが早くわかるようになりたいです^^

shingo119 様
回答ありがとうございます。
フィッティングですね、私も以前神田のミズノにてフィッティングを受けたことがありまして、DRはディアマナW70Xを勧められました。
恐れ多い、、と思いまだ手に入れてはないのですが、、
再度フィッティングを受け自分に合った道具を手に入れようと思います。

kamiやん 様
回答ありがとうございます。
すみません、無知なもので人からの指摘を真に受けてしまいまして。
多方面からのご意見をお伺いできて嬉しく思います。
一度自分に合った道具を探してみようと思います^^

assy 様
回答ありがとうございます。
すみません、無知なもので人からの指摘を真に受けてしまいまして。
再度フィッティングを受け自分に合った道具を手に入れようと思います。

まっちー 様
回答ありがとうございます。
先輩はシングル前半?って言えばいいのですかね、とりあえずうまい方です。
もしかしたらクラブに関しては、、なのかもしれませんね^^;
よく一緒に練習させていただいてる方なので、助言もいただきつつ、再度フィッティングを受け自分に合った道具を手に入れようと思います。

825 様
回答ありがとうございます。
振動数の件、奥深いですよね。私もカタログで初めて見ていろいろ情報集めをしていました。
確かにスイングは練習するにつれ変わってきてる気がします。
たまに動画を撮ってチェックするのですが、昔に比べたら少しは様になってきたかなと(笑)
スイングが変われば道具も変わるということですね。
勉強になります。経験談ありがとうございます。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ゴルフはクラブだ!  回答日時:2016/3/25 (金) 15:51
91
元調子系はくの字に曲がってくる感じがするので柔らかく感じると言う人もいれば、先調子はヘッドが動き過ぎて柔らかく感じてブレると言う方もいます。
どこにしなりを感じるかで道具を選ぶことを基準に考えれば、一般論と思っていた方が良いのでは?

どこにシャフトのしなりを感じてスィングしているかは十人十色です。
手元がくの字に曲がってくると感じる人が手元と中間が硬い先調子を使えば、しなり感は棒みたいに感じるでしょうし、先調子が好みの人が元調子を使えばヘッドが直線的に降りてきますのでヒッティングポイントが違うから硬いと感じてしまうかもしれません。

初心者である無しに関わらず自分の感覚に正直でいいと思いますよ。
今のスィングも変わっていくと思いますし、この先どのように感じるかもスィング次第になりますから。
2. アルシビスト  回答日時:2016/3/25 (金) 16:27
87
クラブの振り方次第なんですね。ダウンスイングのどこでリストコックが解けるかによって、先が しなったり、手元がしなったり感じます。早めに解ける人には先調子のシャフトが助けてくれる、早めにリストコックが解ける人に初心者が多いということから先輩の方々は判断していると思います。ミート率が高くなってきて、よりリラックスしてクラブを振れるようになると、自分にとってのシャフトの向き不向きははっきり出てきます。参考まで。
3. rioibuban  回答日時:2016/3/25 (金) 18:42
91
これまた奥深い質問ですね。

一般的にはその先輩がおっしゃっている事が当てはまる事が多いですね。

確かに初心者は先調子のほうが上手く打てるケースが多いかもしれません。
しかし硬さとキックポイントは別物です。先調子だから柔らかいという事はないし、元調子だから硬いわけではありません。
シャフトのキックポイントは大きく分けて3種類ですが、世の中にある全てのシャフトを3種類で表現するのは無理があります。
同じキックポイントでも材質やカーボンシートの巻き方などで特性に差が有るので、振ってみるとまったく違うフィーリングになる事はよくあります。

例えばツアーADだとBBとDIは同じ元調子ですが、BBはバット側(手元側)の剛性を低くして粘り感を出しています。たいしてDIはチップ側(ヘッド側)の剛性を強くして当たり負けないインパクトを目指したものです。
結果としてどちらも表記は元調子になりますが、BBは粘り系、DIは弾き系となりました。

質問者様は先輩のアドバイスよりもご自身の感性を信じて振りやすいほうを選択されるほうが賢明と思います。

ちなみに私も同じく元調子のほうが、しなりを感じて振りやすいケースが多いです。
4. shingo119  回答日時:2016/3/25 (金) 21:31
94
シャフトに対する感性は御自身の感覚を信じることです。
先調子が硬く感じて打ちにくいのでしたら
やめた方がいいかもしれません。

そもそも、ゴルフを始めたばかりの人が先調子というルールもないです。
どちらかといえば、シャフト調子よりも、シャフト重量とフレックスを落とした60g台のR〜SRくらいで球が捕まる感覚を身に付ける方が上達への近道のように思います。

それはさておき、
はじめに自分自身のスイングに合うシャフトに巡り合えるかどうかはかなり大切だと思います。

球が捕まらない原因がシャフトだけではなかったとしたら、スイングが改善されてスライスしなくなった時に、今度は先調子シャフトが原因で引っ掛けるようになるかもしれません。そこから元調子に変えてスイングを合わせるとすると、また一からスイングのやり直しになります。
こんなシャフト調子をあれこれかえる事がなくなるように、御自身の体格や筋力に相応するクラブ選択が必要です。
ですので、フィッティングを早い段階でなされる事をお勧めします。
とはいえ、なかなかフィッティングしにくい事も事実です。
御自身で試される時には、先調子にこだわらず、中調子シャフトやダブルキックシャフトなど、なんでも試すべきだと思います。
同じ(先、中、元)調子と言っても、シャフトメーカーやシャフトの種類によって、しなるポイントや感覚は異なります。
人はアジャスト機能があるので、そこそこタイミングを取ることができればシャフトの癖に合わせて使うことができますので、それがその時にベストのシャフトかどうかはわかりません。
他人の評価に惑わされず、いくつも試して、気持ちよくスイングすることができるシャフトを見つけていきましょう。
早く見つかるといいですね。
5. kamiやん  回答日時:2016/3/25 (金) 21:37
86
初心者は先調子、上級者は元調子と決めつけるのはおかしいですね。
自分のスイングタイプがあって、それに合うシャフトがあると思います。

ご質問者の方は、切り返しする時に手元側に撓りを感じれるのが硬く感じないのかもしれません。コックをあまり使わずスイングする方は手元側が撓る方かスムーズにスイング出来ます。

初心者だから柔らかく、先調子のシャフトと決めつけず、シャフトメーカーの試打会に参加されて色々な特性のシャフトを振ってみて自分が気持ち良く振れるシャフトを探してみてください。

おそらくクロカゲの方か合っているのかもしれませんね。
6. assy  回答日時:2016/3/26 (土) 18:28
90
初心者、上級者っていう決め付けが変?

スライサーなら先調子、フッカーなら元調子の方がまだわかるかも?
ただスライサーで動き過ぎる先調子が駄目って言う人もいるから。
試打できるところでみてもらう事だよね〜
7. まっちー  回答日時:2016/3/26 (土) 22:44
83
あなたの感覚を信じれば良いと思います。
私も比較的同じ感覚をもってます。

ただ、先調子系は捕まりがよく結果として球を捕まえられない初心者向きというだけです。別に上手い人が元調子というわけでもないですよ。

その先輩がどういうレベルかわかりませんが、上手い方なのであればクラブの知識があまり無いだけかと。そういう方もたくさんいます。
振り方やその人の感じ方でよいのです。
そのためにフィッティングが存在します。
8. 825  回答日時:2016/3/26 (土) 23:13
86
振動数は先調子の方が高く出る傾向はあります。

今は元調子の方が合っているのでしょう。

ただあくまでも「今は」です。
まだ1年ですから日々スイングは変化していきます。

今後クラブを買い替える際にはあまり先入観を持たない事です。

私も7年ほど前には元調子が合っていると言われそう思い込んでいましたが、ここ3年くらいは先調子がいいと言われます。
以前はあれほど合っていると思っていた元調子も今では気持ち悪くて振れません。
9. ヴァル  回答日時:2016/3/31 (木) 13:20
78
個人的に、シャフトの硬さの感じ方は人によって違いますね。

元調子に慣れてる人、先調子に慣れてる人。
普段、しなりを感じてるポイントが違うので、そこがしならないと「硬い」と感じるのです。
先調子の場合、しなるポイントから先(ヘッド側)の質量が小さいので、小さく鋭く速くしなり、戻ります。
元調子はその逆、ヘッド+シャフトの大部分をしなり、戻すため、質量が大きくなり、ゆっくりしなって、ゆっくり戻ります。

こういう理由から、先調子がしなる、柔らかいと言われるのは一般論ですが、しなりを感じるのは人間なので、全てには当てはまりません。
私自身も、元調子系シャフトの方が慣れているのでしなりを感じやすく、先調子はしなりを感じにくいです。

実際な話、初心者は先調子を使え。という話は無視で良いと思いますよ。
どの道、リストリリースをちゃんと覚えて、捕まえるスイングを身につけていかねばならない訳です。
今に合わせて、お助けしてくれるシャフトを挿すより、しなりを感じて振る方が楽しいと思いますしね。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop