ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,797
登録商品件数
8,291
Q&A質問数
3,014
Q&A回答数
13,483
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ダウンブローについて
985
先日の質問ありがとうございます。その続きなのですが、ダウンブローとはどういう風に打てるとダウンブローで打てたとわかるものですか?

一応それを目指してスイングしてるつもりですがマッスルを今後使うかもしれないと考えると実際打ててるのかどうか気になりました。
ダウンブローのイメージは最下点前でボールをとらえることぐらいです。
先の質問でもありましたがマッスルの重心が高いということは打点が上よりにならないとダメということですよね?
打球跡はどの辺につけばダウンで打てたと判断できるのでしょうか?
あと芝の取れ方とか?
ダウンで打つためのコツですとかあれば参考にさせて下さい!よろしくお願いします!
 関連用語: 重心  スイング  ダウン  ダウンブロー  ボール 
 回答数:10 | 閲覧数:6354質問者:pinpin  質問日時:2016/5/2 (月) 7:00 
pinpinさんのコメント
アドバイスありがとうございます。
先日MBを打ってみたら、やはりダウンで打ててる時もあればそうでない時もあるようです。
しっかり練習していきたいと思います!ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. rioibuban  回答日時:2016/5/2 (月) 8:41
159
打った後にターフが取れていればダウンブローです。
『最下点前にボールをとらえる』でOKです。

Q:マッスルの重心が高いということは打点が上よりにならないとダメということですよね?

A:それは少し違います。下よりでヒットしてもダウンブローが出来ていればちゃんと飛んでスピンが効いてくれます。むしろ下よりのほうが出球は低いですが芝を噛みにくくスピン量が安定するので距離のバラツキが少なくなります。下よりにヒットしてトップ、もしくはトップ気味ならばアッパーブローになっているということです。
もちろん上よりで打つこともあります。例えばバンカー越えのピンが手前で高く上げて止めたく、ぎりぎりの番手で目一杯振る場合など。

Q:あと芝の取れ方とか?

A:取れるターフの理想は長くて薄く、飛球線よりもやや左向き。ライの状況や番手にもよります。クラブが長くなるほどターフは少なくなり、短くなると深く入りやすいのでターフも多くなる傾向があります。左足上がりの斜面なら深く取れるし、左足下がりなら薄くなる、またはウェッジでも取れないことも。

Q:ダウンで打つためのコツですとかあれば

A:ダウンブローとはクラブヘッド軌道のことを指します。よく勘違いしているおじさんを見かけますが、無理に上から打ち込むものではありません。
グリップ部分の軌道はレベルに降ること。手がレベルなのにヘッドがダウンブローになるのはコックが解けないから。インパクトはややハンドファーストでヒットするのでインパクト後、コックが解けながらヘッドターンが入っていく過程でターフが取れていきます。
けっして手がダウンブローにならないように。
プロに聞いても、ほとんどの方はアイアンも払い打ちのつもりで打っていると言っています。
2. 825  回答日時:2016/5/2 (月) 10:35
103
よくダウンブローに打つなんて言いますけど、普通に素振りをした時に気持ちよく振れるスイング軌道のどこにボールをセットするか?というのが本当ではないかと思います。

ボールをじっと見てボールありきで打ちにいくのではなく、再現性の高いスイングをする中でそのスイング軌道のどこにボールがあるのかで球筋をイメージ、コントロールするという事です。

もちろんライやロケーション、イメージする球筋によってスイングの弧の大きさやプレーンのアングルを変化させたりはします。

素振りを正面から見た場合に体の正面に最下点=30分がくるとして29分〜31分あたりにボールがあるならレベルブロー、32分以降にボールをセットすればダウンブロー、28分以前ならアッパーブローとなります。

>打点が上よりにならないとダメ

よくショートアイアンとかでラフからのショットでフェースの上目に当たってしまい高さばかり出て前に飛んでくれないことってありますよね?
ドライバーでよく聞くギヤ効果というのはアイアン等でも起こります。
上目だとスピン量が減ってしまうのでコントロール性は失われます。
芯、重心よりもやや下目で打つ事で安定したスピン量が確保できるので特に縦のコントロールができます。

>打球跡はどの辺に

それで軌道の判断はできませんが、よく雑誌等でも書かれている通りスコアリングライン2、3本目あたりで打つ事で前述の通りコントロール性は増します。

>芝の取れ方

先に回答されている通りだと思います。
深く取れるという事はスイングの弧が小さすぎるかスイングのイメージとボール位置が合っていない=たとえば40分にボールをセットしているなど。

>ダウンで打つためのコツ

大きなスイングアークでシャローなスイングが身につけばできるようになります。
要はセットアップの変化だけだからです。
37インチのクラブを36インチの弧で振るのか38インチで振るのかでインパクトゾーン付近での弧の大きさ=上下のブレが大きく変わります。
直径が大きければ当然軌道が緩やかになるのでミスに強いダウンブローが習得できます。
3. アルシビスト  回答日時:2016/5/2 (月) 19:24
104
そもそもダウンブローという言葉は、台湾の陳清波プロが広めたレッスン用語なんです。英語ではヒットダウンです。陳清波プロの説明では、最下点手前でボールをヒットすると、芝の影響も少なく縦の距離が安定するというもの。

最下点手前をヒットダウンせよといったほうがわかりやすいし、イメージも湧くでしょう。ダウンブローとハンドファーストはセットのように語られますが、多くのゴルファーは、ハンドファーストというと過剰に構えてしまいます。これでは最下点手前でボールを捉えるのにかえって余計な動作になります。うまくいかないと、過剰ハンドファーストを間違った動作で埋める、誤差が誤差を呼び込んでしまいます。
本当のハンドファーストを知るためには、目標方向にセットするとき、ソールしてもっとも安定した位置にグリップエンドがくるところにスクエアに握るのがハンドファーストの正しい位置です。わかりにくければ、練習場で、自分でハンドファーストに構えてから、クラブエンドの位置をそのままにして支えるだけにし、友人にでも、クラブヘッドを反対側からおさえて安定した位置に抑えつけた時に、グリップエンドがどのように動くかを確認することです。

もうひとつ注意すべきなのは、ダウンブローでスムーズに打った結果、ターフが取れたり、打った後のフェイス面のボールマークを見たら、スコアラインの2本目からだったりするだけなので、例えば、ターフを取ることを目標にしないことです。なぜなら小手先でクラブを操作しても縦の距離は安定しません。ご自身の大きな筋肉をベースにしたスイングで最下点手前を探してください。それと、ヒットダウンはクラブの重みで下ろすということです。参考まで。
4. かわせみ!  回答日時:2016/5/3 (火) 6:11
86
ターフが取れていれば良いかと思います。
多少のカジュアルウォータでも打てていればダウンブローな軌道かと思っています。
ターフの向きは飛球線に対して少し左向きだと思います。

スイングとしては、クラブを立てて縦に振り、クラブを寝かせずに振るのが理想だと思っています。

縦に振ってもターゲットには飛ぶ形にならないので横方向の動きを骨盤を回転させる事で縦と横を融合してスイングの形になると思います。

俗に良く目にする右に落として左に乗って行く形だと思います。

ダウンブローはスイングの結果だと思っています。

乱文、長文失礼致しました。
5. ibaraki0331  回答日時:2016/5/5 (木) 8:02
92
コツとしてはヘッドを後ろに振り上げてる途中から腰を切り返すと捻転差が生まれてダウンに打てるようになると思います。
6. ホイップ  回答日時:2016/5/6 (金) 8:10
85
ダウンブローに当たったか否かは、打った時の音を聞けば分かりますよ。

きれいにとらえれば、独特のいい音がしますので。

練習場なら、なるべくマットの音をさせないように打ってみてください。

もしマットに打ち込んでも、毬の音の後にマットの音が出ればOKです。

アッパーでとらえると独特のいい音はしませんので、試してみてください。
7. assy  回答日時:2016/5/7 (土) 18:28
90
ボールの先の芝が取れてたらそれがダウンブローです。
ボールより後ろの芝が取れてたらそれはただのダフリです。
8. ダーハヤ  回答日時:2016/5/8 (日) 12:15
99
コツはダウンブローに打とうとしない事です。

体の動きでは無くて、まずはクラブの動きをイメージしてください。
その動きをさせるための体の動きです。

そうすると、ダウンブローに打つとは、単純にセットアップ(球の位置)の話しです。
9. ホリちゃん  回答日時:2016/5/9 (月) 6:35
84
払い打ちもダウンブローに打つのもキッチリ打てればスコアメイクもし易くなりますよね。問題はどう練習するかだと思います。私が続けている方法をお伝えします。44〜52°程度のウェッジで、ボールを右足の前に置きハーフショトでフェイスをボールに当てにいきます。トップしても気にせずひたすらです。カッツンカッツンと打ちます。ドッスンはダフってます。カッツンと打てた時のボールはブレーキが効いていると思いますよ。 私は練習場にウェッジだけ持ってひたすらカッツンカッツンやりましたし、今でもやります。  次に7アイアンでボールをセンターに置き最下点直前にフェイスをボールに当てて下さい。イメージはボールの真下が最下点、もしくはボールの左側(右利きなら)が最下点です。最下点で打つのは払い打ちですよ。いずれもスイングの途中の一瞬ですからいっぱい練習しましょう。グリーンでキュキュッと止まる、状況によってはバックスピンなんてことだってあります。そんなことが楽しくなります。競技ゴルフにも参加したくなります。頑張って下さい。
10. むんむん  回答日時:2016/5/12 (木) 19:58
83
私もダウンブローを練習していましたが、少なくとも私のレベルでは、敢えて強くダウンブローを意図することはデメリットも多いとのことなので、一度忘れることにしています。

ダウンブローはインパクト時のアドレスの再現とも言い換えられますが、その形を意識すればするほど、余計な副作用も出てくるので、まずはスイングの基本的なことの反復の方がよほど重要だと教わりました。
インパクトの形については「アッパーブローで無ければいい」という程度で考えています。

但しそれと共に、こちらの諸兄と異口同音に、インパクトの音と感触、打球の結果はつぶさに観察しなければなりません。
いいスイングができていれば、いい音、打感、打球が出ます。
その時何が良かったというのは、「ダウンブローに当てられた」ということも結果を指すだけなので、良かった結果から覚えておくべきポイントはもっとほかの所にあるのだ、という教えです。

但しその場合も、再現、再現と考えると力も入るので、スイングの流れの中でのポイントをつかみ、自分の良い形のためのポイントを引出しとして多く持てるよう取り組んでいます。

下手の意見ですが、ご参考までに。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop