ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
28,178
登録商品件数
8,662
Q&A質問数
3,337
Q&A回答数
15,931
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
パターの長さ
2864
普段はブレード型の33インチを使用して 特に重いなど不満はないのですが、
この前 ふとショップでレディース用のブレード型32インチを打ってみたところ 長さもシックリきて思ったラインに打てました。

シャフトをカットするか短めにグリップするか悩んでおります。

パターをシャフトカットされた方がおられましたら、 メリット&デメリット カットする際注意する事があればご教授お願い致します。
 関連用語: カット  グリップ  シャフト  パター  ブレード  ライ  ライン 
 回答数:7 | 閲覧数:7236質問者:にやんこ  質問日時:2016/8/19 (金) 21:11 
にやんこさんのコメント
皆様 コメントありがとうございます。
わたくし背があまり高い方ではなく、グリップもスーパーストロークフラッツォ1.0でグリップの中間位を握ってストロークしておりました。

パター自体気に入っており 替えるつもりはないので とりあえず短く握ってみてシャフトをカットするか検討してみようと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. YU-SO-YO  回答日時:2016/8/19 (金) 21:58
422
同じく33インチを32インチにしたことがあります。

目や手とヘッドとの距離が近くなります。スイングバランスも軽くなり、微妙な動きにもより敏感に反応しやすくなります。

これによって、打ちやすくなるかどうかは人それぞれの感覚ですので、メリットになることもデメリットになることもあります。ご質問者様にはメリットということになるのだと思います。

メリット:
・操作性が向上する。
・(私の場合)近いパットでラインが見えやすい気がした。

デメリット:
・切ったシャフトを元に戻せない。
・円弧(スイング半径)が短くなる。このため、理論上、同じ距離だけヘッドを動かした場合、円弧のカーブ・ロフト角共にカット前より変化する方向となるため難しくなる。
・目線が低くなるため、(私は)ロングパットの時に距離感が合いづらかった。

注意点は、スイングバランスが変わるので鉛等で調整する必要があること、パター用グリップを自分で挿す場合には方向性に気を付ける必要があることでしょうか。
2. 825  回答日時:2016/8/19 (金) 23:24
390
カットした場合変化はありますがメリットデメリットは人それぞれです。

変化としてアドレスやストロークに於いてボール位置が体に近くなりアップライトなストロークになります。
またこの手の質問でいつも書いておりますがロングパットの距離感が合いにくくなります。

質問者様のケースでカットするしないはさておき何故短い物の方がイメージが良いのかは今後の為にも解っておく必要があるでしょう。
おそらくこれまでのパッティングではグリップが体に近くヘッドが目の真下よりも前に出ているようなアドレスだったのではないでしょうか?(ハンドダウンしてフラットなアドレス)

そのようなアドレスですとパターそのもののライ角よりもフラットにクラブを使っていることになりますのでどうしても左へのミスが多くなります(もちろんその自覚があれば左を嫌っての右ミスも出やすいです)。

私の場合普段は34インチを使用しておりますが33インチを使うと自分の思う様なアドレスなりストロークをしているつもりでもどうも縦回転というよりも右にボケるような転がりになりやすいです。
私にとっては短い事はデメリットの方が大きいという事なのでしょう。

YU-SO-YOさんが仰るように短くする事に限らずセッティングを変化をさせてもそれがメリットになるかデメリットになるかはスイング等のタイプ次第なんです。

まあイメージがいいのであれば短くするのは即効性のある手段なのでしょうけれどそれが後々のゴルフライフにとって良い事かはわからない事です。
3. rioibuban  回答日時:2016/8/20 (土) 9:01
410
31〜40インチまで経験しましたが、結論は使ってみないとわからないです。
練習マットでしっくりきたと思っても本番は別物。
プレッシャーのもとタッチが出せるか?1mがしっかり打てるか?コースで使って初めてわかります。
4. アルシビスト  回答日時:2016/8/20 (土) 16:52
393
ピンのケーデンスTRパターを買って,ご自身の最適な長さがどれくらいか確認するという方法があります。30インチから38インチまで長さ調整機能が付いています。

一般的には,ラウンドの後半になり疲れてくると前傾が深くなるといいます。プレッシャーがかかるパットでも前傾が深くなると言います。いつもよりパターをアップライトに持ち,結果,パターを短く持ち,肘をいつもより曲げることになります。これで従来どおりのストロークができるわけはありません。

このパターで自分にとっての最適な長さをラウンドを通して確認してみては。参考まで。
5. かわせみ!  回答日時:2016/8/20 (土) 19:29
417
テーラメイドのスパイダーを33インチから32インチに、そしてナイキのIGNITE002を33インチから31インチにDIYでカットして使用しておりました。

しばらく使用したあと手放しました。

短い事のメリットはショットパットなどでヘッドのブレが少なくなる事だと思ってます。

デメリットとしてはロングパットやグリーン外からの使用時にふり幅が大きくなりがちなので使いづらかった気がします。

あと、短くなる事で前傾も深くなり。。。。長時間の練習がきつい事。。。

当方は日々1時間程、パターマットで転がすので姿勢に無理がなく打ちやすい33インチと34インチが現在は良い感じです。

この辺りはパッティングスタイルや使用頻度で変わるかも知れませんね。

乱文失礼致しました。
6. 新浦技研  回答日時:2016/8/22 (月) 10:16
398
こんにちは

ご自身でも書かれてますが、とりあえず短くグリップするのを推奨します。

一度切ってしまうと戻せませんし。

グリップはスーパーストロークみたいな寸胴系だと短くグリップしてもあまり違和感はないかもしれません。

一番いいのはショップで試打したレディス用パターを購入若しくは計測することかもしれませんね。
長さ以外の諸要素(重量・バランス・重心角・ヘッド形状・グリップ等)もしっくりきていたのかもしれませんし。
7. リョースケサントモエカ  回答日時:2016/8/23 (火) 0:42
434
私は34インチを32インチにカットしてもらって使っています。バランスが変わるのでお薦めしないと言われましたが、鉛で調整して使っています。
私も質問者様と同様(?)手の位置が低いので(ピンのカラーコードでオレンジ)、持ちやすい位置で短く握っていたら、冬やカッパ着用時にグリップがお腹に引っ掛かって邪魔になったので、仕方なく切る決断をしました。
スイングへの影響など難しいことは解りませんが、特に問題は感じていません。
とりあえず短く握って使ってみて、邪魔にならなければバランス調整のみ。邪魔になったら切った上でバランス調整というのも一案かと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Be ZEAL 535ドライバーが当たる
本間ゴルフの新製品『Be ZEAL 535』クチコミキャンペーンを開催! 詳細はこちら>
banner
金eggボール モニター結果!
もっと飛ばしてもっと楽しく!PRGR初の高反発ボール『金 eggボール』をmy caddieモニター100人はどう評価したのか?!
banner
ゼクシオXの最新評価を公開!
12月9日に発売されるゼクシオ10代目モデル『XXIO X』。先行試打会の参加者インプレッションを絶賛公開中! 気になる評価は?
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
待望の『ゼクシオ X』誕生!
「飛びの“芯食い体験”」でゼクシオ史上最大の飛距離を実現。『XXIO X』シリーズ 2017.12.9 発売。10代目ゼクシオの特長は?
banner
今季3勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季3勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop