ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,470
登録商品件数
8,234
Q&A質問数
2,977
Q&A回答数
13,177
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
マシンテストによるクラブヘッドの科学的検証について
37
これだけ情報が簡単に手に入り、弾道計測も詳細にできる時代ですが、ゴルフクラブについての「科学的な」情報は恐ろしいほど足りていないと感じます。

特に試打マシーンによるテスト(以下マシンテストと書きます)で得られたデータを解析するという部分です。例えば3番アイアンでヘッドスピードを変えて打ち、スイートエリア中央で当たった場合、そこから打点を1cmとか2cmずらして打った場合、フェースが開いて当たった場合、などのボール初速とかスピン量とか、そして実際の落下点と最終到達点。

私が機械を操作させていただけるなら、すぐにでもこういうテストはしたいと思います。雑誌ネタとしてもすごくおいしいでしょう。ゴルフ雑誌はこの数年3種類くらい(月刊2誌、週刊1誌)チェックしているのですが、そういう記事は記憶にありません。

以前から書いているのですが、アイアンとユーティリティとフェアウェイウッドのやさしさの違いとか、アイアンの中でもマッスルと普通のキャビティと大型ポケットキャビティの違いとか、実のところ「どのくらい」差があるのかわかりません。

月刊ゴルフダイジェストの所ジョージさんの連載で(去年の11月号)、ワンレングスアイアンを作ってみたら4番アイアンが「めっちゃいい」「今までのシャフトの長さは何だったのか」、っていうのがありました。実はロングアイアンはヘッド自体は言われているほど難しくないことを示唆します。

またワイドソールがどのくらいやさしさに影響するかというのも、ダフって当たるように機械を調整したらすぐ結果が出るはずです。同様に「ラフでの芝の抵抗」についても科学的な検証ができるでしょう。

ライ角の球筋に与える影響とかもそうです。ライ角を3度くらい変えてマシンテストをすればすぐにわかります。ウッドやUTはほとんど影響ないと言われてはいますが、アイアンのも含めてそういうデータは私は知りません。

人間がテストをしたら構えにくさとか振りにくさとかの影響はあるでしょうし、うまく打てるよう無意識に調整するでしょうから、まずはマシンテストをするべきです。もちろんクラブメーカーはそういうデータは持っているはずです。

このようなマシンテストについては、すでに雑誌で取り上げられているのを私が知らないだけかもしれませんので、教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
 関連用語: アイアン  ウッド  シャフト  スピン  ソール  フェアウェイ  フェアウェイウッド  ヘッド 
ヘッドスピード  ボール  ライ  ラフ  レングス  ロングアイアン 
 回答数:13 | 閲覧数:1632質問者:酔竜  質問日時:2017/2/16 (木) 20:48 
酔竜さんのコメント
皆様早速のご回答ありがとうございます。本当にマシンテストって雑誌企画で出てこないんですね。

同じカテゴリーの他社製品と比較したデータですと売り上げに影響するから出せないとしても、せめて同じメーカーのものでロフト21度とかでマッスルバックのアイアン、キャビティのアイアン、ユーティリティ、7番ウッド、このあたりの対比を見たかったです。

もちろんマシンテストが全てとは思っていませんが、ヘッドの特性を見るうえでは必須です。機械の調整も簡単ではないようですが、厳密でないにしてもある程度の違いはデータとして出るはずです。有用でないはずがありません。

多少譲歩して、マッスルバックとポケットキャビティとユーティリティ、人間によるテストでこれらを比較した企画はあるかもしれませんね。

もちろん同じシャフトを使い、シャフト先端カット量と差し込み長さ、ヘッド重量、できればクラブ全体の慣性モーメント、などを可能な限り揃えて同じ振り心地になるようにしなければいけません。こういうテストが存在しなかったら本当に「大人の事情」を考えざるを得ません。

自分でもテストはたくさんしていますが、いかんせん百叩きですので信用がおけません。一応ですがロングアイアンって言われてるほど難しくないぞ、という印象です。ユーティリティは練習場ではよくてもラウンドでは振り心地が悪くミスショットが多くて、ロングアイアンと差がつきませんでした。

マッスルバックのミズノMP-37でも練習場で芯を外した時の感触がよくなかったり、ロングアイアンの飛距離が簡単に10-20y落ちてしまうということはあるものの、ラウンドに投入してもスコアにほとんど影響しませんでした。

ライ角についてはPING EYE2の6番アイアンでテストをして、3度違い程度では弾道には全く影響なしという結果が出ました。

以上は全てNS950系のフレックスRで標準的なカット方法で、クラブ全体の慣性モーメントをほぼ同じにしてやりました。最近はNS950系は置いといてキャロウェイ純正シャフトをテストしています。もしかしてUTいいかも、という感触があるような気がしています。

ですのでもうちょっと厳密にヘッド性能をテストしたデータが見たいなと思った次第です。<2/17記載>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さらにコメントありがとうございます。やはり「大人の事情」があるようで、あまり触れてはいけなかった所なんでしょうか。

ところでまっちーさんからワンレングスの話題をいただきましたが、去年私はワンレングスを試しました。長さ、総重量、バランス、8本全部がほぼ同じになりますので基本的に振りやすさは同じはずなんですが、それでも長いのと短いのはなんとなく振り心地が違う感覚があったのが面白いです。

ウエッジが長いのは相当違和感がありましたが慣れました。ちなみにヘッド重量はカタログ値274gで、全長は36.75インチにしました。SWのヘッドはだいぶ軽くなりましたが(通常より20g以上減)、バンカーショットでも特に不都合を感じませんでした。

全く同じ長さにするとセットアップでの問題が最小限になりますので、不確定要素がいくつか減るというメリットがあります。ボール位置もスタンス幅も全く同じですから。クラブの買い替えが好きな方にはぜひ一度は試していただきたいと思います。

考えてみるとゴルファーは目から1m以上離れた所にあるボールをせいぜい1-2cmの誤差で正確にヒットしているわけです。長さが1-2インチ変わってもたいした問題ではないような気もしますが、それでも違和感が結構あったのは面白かったです。<2/18記載>
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. goku  回答日時:2017/2/17 (金) 1:13
3
ライ角の違いによる弾道の変化については僕も興味がありますね。

しかしそれ以外については、お書きになっていることをマシンで検証して数値化出来たとしても、その数値は雑誌社にとっても読者にとってもあまり意味がないのではないでしょうか。
2. 825  回答日時:2017/2/17 (金) 5:36
4
私見ですが。

ゴルフ関連の雑誌等はクラブやアパレルメーカーの広告収入等があって成り立っているのは言うまでもないでしょう。

雑誌側は業界が盛り上がって欲しいのでクラブが売れてくれた方がいいのです。
ただ実際にはそれはいつまでも使える良いクラブを紹介すればいいという事ではなく、おそらく買い替えの無限ループに入ってくれた方がいいという事です。
当然本質には触れません。

ちなみに私の知っている地クラブメーカーの社長はとある出版社と仲良くしていてその雑誌ではそのメーカーのクラブを褒める様な記事が多いです。

マシンテストなんかしてしまえば本質的な性能の差が浮き彫りになってしまいます。
例えば飛ぶと言われているクラブをマシンテストで比較してこちらの方が飛ぶなんて記事を出してしまったら「アンタの出版社にはもう二度と広告費なんて払わない」と言われてしまう事でしょう。
ボールの飛距離性能の比較や俗に易しいクラブと言われているゼクシオとファイズでこっちの方が易しいなんて記事でも同じことです。

なので球を打つのはいつも人間なのでしょう。
確かにライ角の影響など興味はありますが各メーカーに気を使わざるを得ない雑誌等ではまあそういうマシンテストの記事を見る事はないと思います(一度やってしまえばそういった様々な要望が出てくるため)。
3. 一振入魂  回答日時:2017/2/17 (金) 7:04
3
マシンテストは数値だけの結果となり、人がテストすると数値+感触+新旧モデルの比較等の情報がフィードバックされるので、個人的には大変参考になっています。
色々な条件を検証するにはマシンテストが合ってますし、科学的根拠みたいなものを数値化する場合もマシンテストが良いですね。
そうして得られた情報を、例えば今年発売された全クラブのマシンテストの結果とカタログスペックを1冊にして発売してはどうでしょうね。
4. goku  回答日時:2017/2/17 (金) 8:26
3
酔竜さんのおっしゃっているのが『各メーカーのクラブ比較ではなく、クラブの種類や形状の違いによる性能のマシンによる検証』つまりダンロップとブリヂストンの比較ではなく、UTとFWの性能の比較やミスしたときの傾向の比較であるならば、それらは全て自分自身で弾道計測や練習場で確認できることですし、マシンによる検証結果よりその方がその人にとって実践的で有益、という理由からやはりあまり意味がないかと。

もしも『各メーカーの同一種類のクラブの比較をマシンで検証させたい』のであれば、825さんのおっしゃる理由から雑誌等では取り上げられないでしょうね。
5. rioibuban  回答日時:2017/2/17 (金) 8:58
4
科学的検証は行われているでしょうね。
しかし我々が見ることが出来るのは雑誌の企画くらいで、芯を外した場合や同系モデルのキャビティーとマッスルの飛距離テストくらいなもんです。
しかもそれはほんの一部のみであったり、マシンではなく人間が打った平均値であったりと信憑性は低いです。
そういう意味でも全容が解るマシンテスト比較の情報はほしいですね。

一方で、実際に人間が打つため、マシンテストでは測れない要素もあります。
例えばシャフトの硬さ。マシンだと、どんなヘッドスピードでもガチガチに硬いほうが飛ぶそうです。それがレディース並みのヘッドスピードであってもです。
人間が打つ場合はテンポやタイミングがずれるとバランスが崩れて出力が落ちるため、しなりを感じて振るほうが飛ぶということなんでしょうね。さらに、しなり感があるとスイング中ヘッドの位置がつかめやすくなりミート率も上がります。
ライ角もしかり。アップライトはつかまる方向と考えるのが普通ですが、数発打っただけで慣れてしまい、逆にスライスが酷くなる人も見られます。
このあたりは個人差が大きいですが、裏を返せば技術力の差でも有ります。
マシン並みに打てる腕前があればマシンテストの数値に近づくのでしょう。しかしそもそもマシン並みに打てたらどんなスペックでも打ててしまうので、テスト結果が気にならなくなるのか。うーん、難しいですね。
6. ランクルゴルファー  回答日時:2017/2/17 (金) 9:25
2
酔竜さんらしい質問と言うか発想ですね。

確かに書かれてることは良く分かります。
それだけ普通の人より色々と上達するために考えておられる証拠だと思います。

私の考えを書くと・・・
まず雑誌は、売れることを目的としてると思う事。
そのために一番多い読者層の心を掴むネタを探して特集する。

私も何年も色んな雑誌を見ましたが、概ね1年を通して同じネタばかりです。
「飛距離アップ」「スライス撲滅」「ドローの打ち方」「ベタピンアプローチ」「入るパット」などなど。
そして季節に応じた「冬芝の打ち方」「夏のラフ対策」などなど。
あとは、タイムリーに活躍しているプロを取り上げて「無理矢理適当に良いところを書いて真似させようとする」。(活躍しなくなれば見向きもしない)
あとは、最新ギアの宣伝かねて比較特集。

しかし、酔竜さんの書かれてるような観点での記事は殆ど無いですよね。
恐らく、食い付く人が少なくて販売部数を考えると他のネタを取り上げるんでしょうかね。

まあ、週刊誌や月刊誌じゃなくて年に4回とか定期的に発刊する「チョイス」などなら取り上げてくれるかも知れないですね。
是非、出版社に相談されたらどうですか?

ちなみに、以前パターのライ角を変えた時にボールへの影響度を実験した特集はあります。
結果は、殆ど影響無い・・・でしたね。
なので、私はあまりライ角を神経質になる必要無いと思ってる人間です。(気になったことも無い)

マシンテストはあくまでもマシンテスト。
以前も書きましたが、私は人間の持つ説明できない無限の可能性を秘めた「感覚」優先人間なので、参考にこそしても最終決断は自分の感覚しか信じません。

確かに、その感覚が未熟で養われて無い人に対しては有効だと思います。それは否定しません。
ただ、信用し過ぎるのは危険とも思います。
全部を肯定してしまい何の疑念も持たなければ、全ての人が同じ結果(ギアやスイングや理論など)になってしますが、現実に結果が出るのは必ずしもそうじゃないから・・・・。
(それは仕事なども同じで、方法論やツールは人によって違う。結果が出せない人ほどマニュアル通りにしか動かない。)
7. 新浦技研  回答日時:2017/2/17 (金) 11:04
4
こんにちは。

マシンテストではないけどゴルフクラシックは結構客観的なデータが多くて重宝しますね。

試打クラブの少ないレフティとしては詳細なデータがあると投資額抑えられてありがたいです。

ということは逆に詳細なデータが開示されちゃうと業界としての総投資額は少なくなってしまって困るのかもしれないですね。
8. ichibo  回答日時:2017/2/17 (金) 15:21
4
個人的見解だが意味がない
なぜならよく言われる 易しさ(許容性が広い若しくは寛容性がある)を数値化するのが目的かと思われるがそもそもその発想自体がセールストークにやられているだけ
実際セールストークでもスィートスポットが10%広がったなど数値化はされているが実際結果が伴わない
本質問もそんな疑問を別軸で数値化し実際との差異を興味的に見てみたいというのが本音だろうが、ネタがバレタマジックほどつまらないものは無いのと一緒

今のところ アマチュアゴルファーは幻想のロジックがさも正しいかのように妄信しているのであえて広告主の利益を損ねるような雑誌編集は絶対しない(まああり得ない)
結論から言うと今のクラブの形状では万人の腕をカバーする万能的な易しいクラブはできないし、仮に革新的な技術が出来たとすれば必ず潰される
それが良くも悪くもゴルフという不公平なスポーツ
9. アルシビスト  回答日時:2017/2/17 (金) 16:07
1
確かにはデータを示さず、飛ぶ飛ぶと連呼する昔ながらの商法にはウンザリですね。

さて、マシンについてですが、今はマシンも関節を増やしたりしてなるべく人間のスイングに近づけるようにしています。ただ、振り心地とか打感は大変重要な要素ですが、これはなかなか数値化できませんね。結局、最後は自ら試打して確かめるしかないですね。

それでも重心距離や重心角、FP値くらいは必ず示してほしいです。無駄な試打をしないためにも。参考まで。
10. ヨコヅナ  回答日時:2017/2/17 (金) 17:49
1
マシンは、むしろきちんと当たるようにするのに手間がかかります。

そのクラブでちゃんと当たるようにキャリブレーションするのに、慣れている人でも数分は時間がかかります。同じ動作を行うには正確ですが、一定の条件を満たさないと前には飛びません。

ライ角が3度変わったら、トゥダウンの度合いが変わってくるので、同じように当たりません。
その都度、設定が必要です。
アイディアは面白いと思いますが、マシンで詳細な検証するのは不可能でしょう。
雑誌のネタにならないのも、手間の割にきちんとしたデータにならないためだと思います。

人間は、プロや上級者なら2,3球もかからずクラブに合わせて打てます。意図的に合わせずに打つこともある程度は出来るでしょう。
人間が打つほうがマシンより優秀ではないかと個人的には思います。
11. zephyr  回答日時:2017/2/17 (金) 20:49
4
個人的意見ですが、メーカーがあまり正確に分析したことを公表したくないと思います。それは何故かというと、クラブが売れなくなるからです。
メーカーは毎年新製品を出す度に、「前作よりも飛びます!」と言いたいはずです。でないとクラブが売れないからです。
ですが、実際はどうですか?
毎回新製品の度に、何ヤードも飛距離が伸びていることなんてまずありません。
10年前のクラブと最新のクラブで、50ヤードも飛距離が違うことなんてありません。
なので、プロの個人的意見やニュアンスで、「○ヤード伸びている。(気がする。)」って言うのです。
なので、マシンテストで正確な数値を毎回出していたら、大して変わっていないのがバレてしまいます。
12. まっちー  回答日時:2017/2/18 (土) 14:24
2
825さんが書いてるようにマシーンでやっちゃうと有無を言わせぬ結果になるから一種のタブーなのでは無いでしょうか?

クラブが売れなくなることは、結果として雑誌の終わりを意味します。ただでさえ売れない時代だすから。こういうところに書き込みするオタクが無駄遣いしてくれなくなったら終わりですよ。私も含め。

所さんの特集おもしろいですね。経費でゴルフクラブ作れるんだから楽しいでしょうね。今度コブラからワンレングスのデシャンボーモデルでるらしいですが、残念なことに下の番手が逆に長くなるんですよね。

デシャンボーはやはり特殊な選手で、所さんの考え方は正しくて、アマチュアは7番や6番あたりから極端に精度が落ちるんですよ。だから、8番くらいまでは今まで通りで、そこから上をワンレングスにするのが一番効果があると思います。

やはり、長いクラブは難しいんですよ、プロでも。コブラがそういう設計で出してたら買ってたかもしれません。
13. こまねこ  回答日時:2017/2/19 (日) 18:28
2
みなさんのご回答、質問者の質問内容からずれてると思います。
質問者はロングアイアンを違うヘッドスピードで打ったらどうなるのか もしくはミート率の良い人と悪い人が打ったらどうなるのか
、つまり上級者と初心者と結果がどうなるのかって事をお聞きになりたいのではないでしょうか。また仮に5Iと5Uと11Wという同じロフトのクラブを使い、同じようにヘッドスピードの違いやミート率での違いの簡単さを知りたいのではないでしょうか?
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
石川遼、R.マキロイ使用ドライバー
話題沸騰中のキャロウェイ『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー 2月17日デビュー! 石川遼、R.マキロイが使用中!
banner
NEW PHYZボールモニター大募集
ブリヂストンスポーツから3月3日に発売される『NEW PHYZ』のボールモニター120名を募集します!詳しくはこちら!
banner
シリーズ3代目 コスパもGood!
クリーブランドRTXシリーズの最新作「RTX-3」が2月18日にデビュー。15,000円という価格も人気の秘密だそうです。
banner
BSグローブモニター結果発表
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
2016年に3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop