ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
28,464
登録商品件数
8,745
Q&A質問数
3,381
Q&A回答数
16,374
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ダイナミックゴールドの真実
1603
先日、ダイナミックゴールド(以下DG)について驚きの事実?をとある方から聞きました。

『実はDGって先調子だった。日本に輸入開始となった当時、英語の解釈を間違えてしまい先調子を元調子としてしまった。気づくのが遅かったのか、そのままになっており今に至る。だから日本人はDGを元調子だと誤解している。本当は先調子なのに。その証拠に私自身、元調子が合わないタイプだがDGは打てるんだよ。』

これを聞いて私は『いや、さすがにそれは無いでしょ』となりました。今でも信じられません。
これを話してくれたのは私が普段から信頼している先輩であり、とても誠実な方です。有名なトップアマなので腕前は折り紙つき。さらにゴルフクラブにも詳しくショップや周りの関係者ともそれなりに人付き合いがあり、仲良くしているようです。今回の件もその辺から出た話のようなので、都市伝説のような噂話よりは信用度があります。

DGの歴史は多少知っています。アメリカの鍬などを造っていた会社(のちの true Temper社)がスチールシャフトを造ったのが始まり。最初はダイナミックという名前で売り出した。当時としては軽くて振りやすいシャフトで人気が出たが先端側の強度不足により折れることが多かった。そこで先端の肉厚を増やして強度不足を解消しダイナミックゴールドとして発売。これにより先が折れる現象は解決。当時はヒッコリー(木製)シャフトやアルミ素材のシャフトなどが有り、折れることは珍しくない時代だったので軽くて丈夫なスチール製シャフトのDGは大ヒット。ロングセラー商品となり今に至る。
というわけで先端の肉厚を増やした影響で先が硬くなり、キックポイントは手元側に来てしまった。というお釣が出たんですね。
つまりDGは先端が硬くなってしまった特殊なしなり方をするシャフトであり、けして癖の無い標準的なシャフトではないという事が言えます。そう考えると『DGって癖あるな〜』と思ってしまいます。癖の無いスタンダードなシャフトと評価されがちなのは長い間使われてきた歴史からくる評価なのでしょう。

このような背景があるのでDGは元調子であると思うのですが、実際はどうなんでしょうね。なにが真実なのかわからなくなりました。

ん?もしかしてDGが出た当初は本当に先調子だった。それは当時、他のシャフトはもっと先端が硬いものが多かった為に比較的DGは先調子の部類に入っていた。
時代と共にシャフト素材や製法が進みDGは結果的に現代では元調子となった。
この推測が正しければ先輩の話とDGの歴史が多少なりにも整合してくるんですよね〜。

みなさんどう思いますか?

もしかして触れてはいけない業界のタブー?
 関連用語: キック  キックポイント  シャフト  トップ 
 回答数:7 | 閲覧数:4831質問者:rioibuban  質問日時:2017/9/7 (木) 16:46 
rioibubanさんのコメント
なるほど。色んな話がごちゃ混ぜになって都市伝説的な話となり、解釈がずれたようですね。

ところでシャフトのキックポイントって昔から存在していたんですかね。20年前は聞かなかった言葉です。存在はしていたけど一般ユーザーまで浸透していなかったんでしょうか。まだリシャフトやカスタムシャフトが一般的ではなかった時代ですからね〜。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. gear66  回答日時:2017/9/7 (木) 17:06
235
当初は全体が同じ肉厚の中調子ですね、全体が弓なりに同じようにたわんだそうです。

現行のDGは元調子です。
先端の細いところが折れたから、そこの肉厚を増やして硬くしたから相対的に手元が柔らかくなり手元調子になりました。QP関プロがそのような解説をした動画を見たことがあります。

僕の場合だと。。。ほぼ同じ重量の
DGS200を使うとスライス系が出ますが、ライフル6.0を使うとフックが出ます。
手元を使うと待てなくてスライス、先調子を使うと先が走るんでフックが出ます。初期のDGはライフルみたいだったんでしょう。
2. アルシビスト  回答日時:2017/9/7 (木) 18:04
228
キックポイント表示は各社マターで統一基準はありません。だからメーカーの中調子表示がやたらに多いですが、この表示に惑わされず、試打で確かめるのが一番です。MGSが始めたとする剛性分布は3点剛性で複数社が採用していますが、ダンロップのミヤザキはインターナショナル フレックス コードと称して4点剛性表示、ほかに5点剛性というところもあります。

ダイナミックゴールドのキックポイントの誤訳というのはおよそ考えにくいですね。先調子はlow kick point、中はmiddle、元はhigh、こんな簡単な単語をどうやって誤訳あるいは取り違えるというのでしょうか。

また、ゴルフクラブ数値ドットコムのホームページ開設者の工房のご主人は、3点剛性を計測し直し、簡単な計算式で調子係数を提唱していますが、それでもDGはフレックス別に元調子か中元調子と判定していますね。

なにより、実際、DGユーザーなら実際に使っていてわかるでしょう。

余情残心
3. エセゴルファーどもが  回答日時:2017/9/7 (木) 20:17
233
忘れたけど、どこかで聞いたことある。
真実は分かりません。
4. assy  回答日時:2017/9/7 (木) 23:45
232
私は昔、PINGマニアだったので、そのシャフトのOEM先であったツルーテンバー社の事、少しだけよく知ってます。
その頃のツルーテンバー社のスチールシャフトは、シャフト全体がダイナミックに大きくしなるダイナミックゴールドというシャフトと先端だけがしなるプロフィットというシャフトがありました。 当時の分類では、ゆっくり振るスインガーはダイナミックゴールド、早く振るヒッターはプロフィットを!という感じで分類してたようです。ただアメリカは日本と違ってスライサーよりもフッカーが多いので、そのうちプロフィットが廃れ、ダイナミックゴールドだけが残ったと聞いてます。
ただPING社はツルーテンバー社に、このプロフィットをベースにしたオリジナルシャフト作成を依頼します。
カースティン・ソルハイムがトウダウンを凄く嫌っていたので、シャフト全体がしなるダイナミックゴールド(元調子)を避けて、トウダウンの少ない先調子のシャフトを好んだのが理由だそうです。
当時の事ですから、本土アメリカでは不人気だった「プロ・フィット」をダイナミックゴールドとして輸出してたかもしれませんね。
5. YU-SO-YO  回答日時:2017/9/8 (金) 11:40
226
下記にダイナミックゴールドのEIカーブがあります。

http://www.truetemper.co.jp/topics/dg-95-105-120/index.html

このデータをどう解釈するかによりますが、先端部分の剛性は高めて設計されているので、少なくとも「先調子」というフレーズは当てはまらないのではないかと個人的には思います。
6. Nob  回答日時:2017/9/8 (金) 14:13
224
この話は聞いたことがあります。
当初の輸入元(だったかな?)が、誤った解釈でDGを先調子と伝えてしまったと。
ハイキックポイント(本来は元調子)を、クラブヘッドを頭(上)として考えて先調子と解釈してしまったとか・・・すぐに訂正されたようですが。
これが残って都市伝説的な話になったと思われます。
7. ヨコヅナ  回答日時:2017/9/8 (金) 21:16
225
剛性測ったら、先調子なんてありえないです。

計測すれば簡単にでたらめだとわかることです。
その方の周辺にいるショップの方技量を疑う話です。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
Be ZEAL 535ドライバーが当たる
本間ゴルフの新製品『Be ZEAL 535』クチコミキャンペーンを開催! 詳細はこちら>
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017年3勝の池田勇太愛用シャフト
池田勇太を2017年3勝に導いたウッドシャフトとは…?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop