ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,761
登録商品件数
8,157
Q&A質問数
2,873
Q&A回答数
12,474
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
スイーパーorディガー? スインガーorヒッター?
4361
 毎日毎日一生懸命練習して、ある程度、芯を食う確率が増えました。
練習の中で正しいスイングであっても”払い打ちで打つタイプ”と”ダウンブローのタイプ”とか、”スイングの軌道にたまたまボールがあってついでに打つタイプ”と”ボールをうちぬくタイプ”等の差異がある事を知りました。

 そこで質問なのですが、
1払い打ちのメリット&デメリット&注意点&合うタイプのクラブ
 ダウンブローのメリット&デメリット&注意点&合うタイプのクラブ

2リズム(ボディターン)重視スイングのメリット&デメリット&注意点&合うタイプのクラブ
 インパクト(リストターン)重視スイングのメリット&デメリット&注意点&合うタイプのクラブ
を、思いつくままに教えてください。
自分のタイプの場合だけでも全く結構です。

僕は払い打ち型のインパクト重視的なスイングで、典型的な”ガイジン打ち”なのだそうなのですが、今は良くてもいずれ年齢的に苦しくなると聞くので、ボディターン型も序々に身につけて行こうと思っているのです。
 関連用語: インパクト    スインガー  スイング  ダウン  ダウンブロー  パー  ボール 
リスト 
 回答数:2 | 閲覧数:30020質問者:nobunaga  質問日時:2009/8/9 (日) 8:58 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 芝刈大好  回答日時:2009/8/9 (日) 12:00
1987
確かにスイングタイプは人それぞれなのでしょうが、
今一つタイプの組み分け方と言うか、よく理解できない所があります。

PRギアの試打会があれば、参加してみる事をお奨めします。
PRギアではHSなどに加え、グリップスピードも測定してくれます。
このグリップスピードは速いから飛ぶとか巧いとか体力があるとかの
モノではなくて、スイングのインパクト付近でのプリップの動き方を
測定してデータを取ってタイプ別に組み分けたのだそうです。

グリップスピードの速いグループをリストターン派、
遅いグループをボディーターン派と分類したのですが、
この際、メーカーの人達が適当な言葉が思い浮かばず、たまたまこういうリストターン、ボディーターンという表現になったそうです。

数字的には12位が境目だったと思いました。
これより多いタイプがリストターン派、少ないタイプをボディーターン派として分類しているそうです。

これらに因ってシャフトを選択する時の参考にするのだそうです。

例えばリストを積極的に使う人は弾く(走る)シャフト、そうでない人は粘るシャフトが比較的に合うそうです。
ただ、これらはあくまでも参考程度に留める事が必要で人それぞれ合う合わないは出てくるでしょう。(私がそうでした。メーカーの人も認めています)

私の数字としては、グリップスピードが「7」位で最も少ない部類で典型的なボディーターン派なのだそうですが、この「ボディーターン」という言葉にとても違和感があります。私は積極的に手を振る事を意識して体をあまり回さないドローヒッターなのですから。(メーカーに言わせると、この数字でドローヒッターはとても珍しいのだそうです)

と言う事からもあまり自分のタイプを「型」にはめない方が良いかと思いますよ。
確かに参考にはなりますけどね。

そこで質問のクラブですが、

1、 払い打ちについてメリット、デメリットとかではなくて、バックスピンは少ないでしょうね。
  ウッドは後ろが大きいものや丸型など、アイアンはキャビティーが良いでしょう。

  ダウンブローはバックスピンが安定してかかり、コントロールがしやすいでしょう。
  

2、 ボディーターン派は体を使うタイミングに因ってはスライスやヒッカケ、プッシュがでます。
   リストターンもまたタイミングによってスライス、ヒッカケチーピン、スライスなどが出ます。

思うにボディーターンが良いからボディーターンにしようとか、リストターンが良いからリストターンにしようと言うのはナンセンスではないでしょうか?
それがその人の体の使い方の特徴なのですから。
矯正する事はできても替える事は我々シロウトには並大抵の努力では出来ないと思いますよ。スイングを壊してドつぼにハマるのがオチでしょうね。(毎日ボールを打ってるプロでさえ4,5年位かかりますから)

ただ、いえる事はスイングの基本はダウンブローですよ。レッスンなどでDWはアッパーにとかFWは払い打つ様にとかありますが、あんなのは言葉だけの話で、実際にプロのDWを超スローで見てみてください。完全にインパクト後にヘッドがティーより下に振れていますから。また、FWであっても打ち込まなくてはバックスピンがかからずボールなんて上がりませんよ。
ましてや、アイアンはダウンブローが基本中の基本ですよ。
インパクトでハンドファースト(つまりダウン)になっていなければ、まともに飛びませんからね。

言葉のアヤに誤魔化されて誤解しない様にしてください。  
2. シロナ  回答日時:2009/8/11 (火) 20:09
2376
「はらって打つ、ダウンブローに打つ」じたいおかしい。

上体は腹筋、肩甲骨を意識して、股関節の入れ替えでスイングすればそういう意識はなくなります。

クラブの番手、性能でターフが取れる量が違うのでは?

ショートアイアンで打てば、ダウンブローを意識しなくてもターフは取れるでしょう。

「ターフを取らないではらって打つ」という人は単に正しい軌道で打ててないだけだと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop