ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,155
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,933
Q&A回答数
12,868
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
右手に手袋をしないのは・・・
12407
 女性の方は結構多くの方が右手にも手袋をしてるのに対して、男性はほとんど左手にだけ手袋をなさってますけどあれはどうしてなのでしょうか?
僕としては
 右手が擦れてマメが出来るのは下手な証→だから右手には必要ない
的な事なのかなぁ、と思うのですが、そうだったら僕は見栄より上達する事が大事なので右手にもして思いっきり練習したいのですが・・・

 なんとなく一人だけ手袋してるのも空気読めない人と思われるので気になってます。
 回答数:7 | 閲覧数:47356質問者:nobunaga  質問日時:2009/8/31 (月) 21:15 
nobunagaさんのコメント
毎度毎度ありがとうございます。
見事にみなさんの見解が割れましたが(笑)

左手は掌にばっかりマメができます。(中・薬・小指の付け根&手相の”て”の上の棒の下辺にグリップの形に沿って)
左手の”て”の所はもうなんというかエグれみたいになって固まり、擦れてもなんともなくなったのですが。
右手のマメは左手の人差し指と接触している所の薬指に出来ているのです。(つまりクラブと擦れているのではなく指同士でなっている)

という事でみなさんの意見を総合して
一人で練習場に行く時は基本手袋をして練習し、時々両手素手でスレ具合をチェックしておきつつ、コースに行く時は涼しい顔して左にだけして、アプローチで大オーバーしても”チッ。フライヤーしちまった”とか言うようにします。

シロナさんの言う”同伴者になめられたら負け”これなかなか思い当たるフシあります。イイ蹴りが入った時に笑うタイ人思いだしました。

ゴルフ深いや・・・
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2009/8/31 (月) 21:49
1692
右手にグローブをはめてても、おかしいとは思いません。
以前、何かの本で、「右手のグリッププレッシャーを抜くために右手に軍手をはめる」という記事を見た気がします。
それと同じ効果があるかもしれませんね。

見栄より上達する事が大事。正にその通り。
「良い」と思ったことは、なんでも試すべきだと考えます。

現に私も、晩秋〜春先位までは右手に手袋をしています。
と、言ってもゴルフ用グローブでは無く、100円ショップで売ってる指先の無い毛糸の安物ですが・・w
朝一ショットや夜の練習場などで、手がかじかむのを防げたり、手袋の指先が無いので、ラウンド中ポケットの中のティーとか探すのも簡単。
指が出てるので滑ったりもせず重宝していますよ。
2. 芝刈大好  回答日時:2009/8/31 (月) 23:56
1801
いろんな事を、次から次へ疑問を持つ人なのですね?
余程探究心が旺盛なのですね? そういう向上心のある人はかなり好きかも(爆)

右手グローブの件ですが、
そもそも「マメ」はバロメーター的な存在で、グリップが悪いから「マメ」が出来るものです。(厳密に言えば良いマメと悪いマメが有るのですけどね)
右手に出来て良い「マメ」は中指と薬指の第3関節(一番先端側の関節)と第2関節の間の第3関節寄りのみです。その他に出来る様ならグリップを見直すべきです。

右手に「マメ」が出来るのは下手な証拠だからグローブをしないのではなく、「マメ」ができないからではないでしょうか?

何故「マメ」が出来るのか?
それはグリップの中でクラブが固定される事なく、ずれて(擦れて)いるからです。この理屈は判りますよね?
何故固定されないか?
それは、多くの場合、強く握り過ぎの場合が殆んどです。

私は余程の事がない限り右にも当然左にもグローブはしません。(練習でも現場でも、雨が降ってもです)グローブが必要な程滑る事もないですし、困った事もありませんよ。(ちゃんとグローブは持ってますが)
滑ったり、変な場所に「マメ」が出来ればグリップが悪いと言う事が自分ですぐに確認できるので、とても良いですよ。

因みに、滑る原因のひとつにグリップそのものの汚れも多分にありますよ。常に綺麗に保っておく事をお勧めします。

また、右手のエピソードをひとつ。
かつて、かの 帝王ジャック二クラウス が右手を切ってしましたいとまで言った程、ショットに関して悪さをしてしまう物で、如何に右手に無駄な事をさせないかと言うのがナイスショットのカギではないでしょうか?という事からも、右手に「マメ」が出来るほど握ってはいけませんよって事ではないでしょうか?
3. シロナ  回答日時:2009/9/1 (火) 8:45
1705
単純にかっこ悪いから止めた方がよい。

それで100近く打つと、同伴競技者になめられます。

ゴルフはほとんどが同伴者がいます、なめられたら負けです。

ちなみに里見浩太郎さんは両手袋、長袖、大きい帽子、ファンデーションで武装しています。
4. Ninja  回答日時:2009/9/2 (水) 11:24
2088
みなさん、色んな意見があって参考になりますね!

私の場合は、滑り防止でグリップと一体感が必要な時、強く振る時だけグロープしてます。アプローチ〜パターは素手ですね。

ただし、寒い時期は右グローブを愛用してます。
両手の温度差というか、手の感覚を同じにしたいので、ドライーバー〜パターまで、両手グローブのままですね。
確かに、同伴者に「格好悪い」って、なめられますけど・・・スコア良ければ我慢できます。
5. YU-SO-YO  回答日時:2009/9/7 (月) 23:39
1711
右手に手袋をしないのは、
,澆鵑覆そうしているから。
△修靴董△修陵由はクラブを握る役割を担うのはおもに”左手”で、”右手”は握るというより「押して」パワーを伝える役割を持たせているから、
−良いスイングをしている限り、”握らない”のでマメもできないし、
−滑ることの影響はあまり考えなくてよい、
ということなのだと思います。
5佞忘玄蠅魯ラブが滑ってすっぽ抜けないように、まさに”グリップ”させてやる必要があるため、手汗等の影響を受けず、高い摩擦力でしっかりと握るために手袋をするのだと思います。

しかし、右手にグローブをしない方がよいのかという点については、あくまで自分で一番フィーリングが良いと思う(あるいは結果が良い)方法を選べば良いのではないかと思います。
 したがって、両手グローブもありでしょうし、フィーリングが合うなら右手だけグローブというのもありだと思います。
 クラブとの接点は「手」しかありませんので、私は手の感覚というのは非常に大切だと思っています。よく、車も路面と唯一接点のあるタイヤが重要視されますが、それと同じことと考えています。
ちなみに、私は手の感覚は大切にしたいと思っているので、冬でも両手とも素手でグリップしています。(プロ野球の落合氏のようなものですね。「なんでグローブしないの?と言われたことはありません。」)

 この話題とも関連しますが、グリップの素材やグリップの仕方というものもスイング以上に重要だと思っています。(スイングの成否を決めてしまうという意味で)
他人の目は気になさらず、ご自分にベストフィットする型を通されればよいのではないでしょうか。
6. わし  回答日時:2009/9/20 (日) 11:28
1699
消極的には必要がないから。
積極的には感覚を敏感にしておきたいから。

有名はプロではフレッド・カプルスは両手ともグローブをしていません。
プロは左手のグローブですら汚れたり、破れたりしないみたいです。
たまには、練習場で両手グローブなしで打ち、手のどこにも負担がかからないことを確認するのもいいかもしれません。
7. feihon  回答日時:2009/9/24 (木) 16:33
1723
右利きの場合、「左手よりも右手の方が強いのでそれを揃えるタメに右手にはグローブをしない」と本に書いてありました。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱「JAILBREAKテクノロジー」を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2月17日発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop