ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,765
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,875
Q&A回答数
12,487
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ダウンブローを少しだけ元に戻したい。
11578
 ダウンブローを一生懸命本気で練習しました。
おかげさまで、番手に関わらずアイアンはかなり自信が持てました。というか毎日毎日ほぼアイアンばっかり練習していました、ダフリ&シャンクはまず起こらず、ちょっとこれはドローとは言わないな、フックすれすれだなぁ・・・と言う球が想定出来る程度安定した曲がり幅で出てくれるようになりました。(練習場では)

するとどうでしょう?

 長いウッド、特にDRまでもどうやってもダウンブローでしか打てず、なんというか”ピョイッ”と早い速度で球が出て、出足は低め程度なのですが、すぐに失速する感じで地面に”スコン”と落ちてしまうようになりました。どうやっても200ヤードのネットにぶつける事ができません。

 今のまま仮にコースに出るのであれば、幸い3Wは概ね距離が延びたので、DRより精度が高く打てる分いいかと思うのですが、やはりまたDRが打てるようになりたいと思います。

 どんな事でもいいので是非アドバイスを下さい。

※ボール位置は左足かかと線上に置いてるつもりです。ティーアップ高さは40ミリまで試してみましたが、正直まともに当たりません(28ミリくらいで芯に当てるのがやっと・・・楽に振れるのは20ミリという所です)
 関連用語: アイアン  ウッド  シャンク    ダウン  ダウンブロー  ティー  ティーアップ 
ドロー  ネット  フック  ボール  ヤード 
 回答数:7 | 閲覧数:26671質問者:nobunaga  質問日時:2009/9/9 (水) 0:34 
nobunagaさんのコメント
 みなさま大変ご迷惑をおかけいたしました。
親切なアドバイスいつも感謝してます。
結論から言うと、ちゃんと打てていました。
どうしてそういう事になっていたかというと、練習場でいつもの隣の打席にだったのですが、打席毎に時々マットの方向と床のデザインの向きと、練習場の形等が揃っていなくてだまされる場所がありますよね?
それを織り込んで打っていたつもりが、足のスタンスはあっていても上半身がだまされていて正しくなく、極端に上半身だけクローズになって打っていたようです。今思うと”今日は切り返しのタイミングがはっきり掴めないなぁ”と思っていたんですよね。

ゴルフのミスの6割がスタンス間違い、3割がクラブ選択ミス。という言葉を誰かに聞いていたので気をつけていたのですが・・・

コースでもティーがそういう風になっている所で、3連続OBを出した事があるのでこれからもそういう事にはもっと意識を払って行こうと思い、逆にいい勉強になりました。

今日も練習してきたのですが、ハンドファーストだけを意識して”らく〜”に振ってきました。今日はドローはドローでもストレートに近い感じの、低く伸びる球が沢山出て良く飛んでました。時々トップしましたけど(笑)

みなさんの教えてくれた事は、今後また迷い道に入った時に思い起こす事として、”ゴルフメモ(練習&コースに持って行き、おかしい時に読み返す用のマイ参考書)”に書き留めて置きましたので決して無駄には致しません。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. シロナ  回答日時:2009/9/9 (水) 8:55
1672
練習熱心で素晴しい!

が、アイアンとドラ(ウッド?)は打ち方が違います。

よく同じと言う人がいますが、うそです。

ただ、今までのお話を読む限りちょっと違うのでは・・・

ちなみにダウンブローではなくハンドファーストの意識が大切です。

すべてのスイングの基本は其処です。(バンカー、ロブ以外)

また、同じ玉が3ヶ月(500x4wx3m=6000)続いたら、初めて修得したかもしれない・・・と思ったほうがよいです。

一番いいのは独学ならビデオを正面、後方から撮ってみてください。

多分、あれれ・・・・・・と思うでしょう。プロにつきましょう。

ちなみにシャンクは上達の途中必ず出ます、特にドロー打ちは。
2. YU-SO-YO  回答日時:2009/9/9 (水) 10:18
1700
私もアイアンとドライバーのスイングは別だと思います。

ドライバーは若干のアッパーブローでとらえるのが基本だと思いますので、右利きの場合、アドレス時に腰からの体幹軸が若干右側に傾くのが正解です。
スイング中は左足へと体重移動しますが、この時にアドレス時に作った軸の傾きはキープしたまま振りぬけば、それほど低い球にはならないと思います。
3. わし  回答日時:2009/9/9 (水) 15:19
1656
私はウッドもアイアンも同じスイングがよいと思っています。(話はそれますが、ダウンブローも意識しないほうがよいと思っています。それは良い(?)スイングをした結果、客観的にみればそう見れるだけであって、意識して作る形ではないと思っているからです。)

但し、変える点が2つだけあります。それはボールの位置とスタンスの幅です。(当然クラブの長さによって前傾角度も変わりますが)例えば、FWの時は左足踵線上、DRの時はそれよりボール1個左、アイアンの時はFWよりボール1個右で、スタンス幅はDRで40cmでクラブが短くなるにつれ狭まって、ウェッジで25cmぐらいでしょうか(実際には私はボールの位置をもっと変えてしまっていますが)右足、あるいは頭の位置からみればボールはクラブが長くなればなるほど、左に遠くになります。
また、本質問に関連しそうなチェックポイントは重心位置とインパクト時の頭の位置です。アドレス時の体の重心はクラブに関係なく真ん中、インパクト時の頭の位置はアドレス時と同じになります。

試しに、壁に頭を付けてアドレスし、ドライバーとウェッジを想定して(ボールの想定位置およびスタンス幅を変え)、重心は体の真ん中にあることを確認して、体を動かしてみてください。ショットと同じ感覚で体を動かすことはできますでしょうか?

問題なく体が動けば、この回答は無視してください。問題の原因はそのほかのところにあるということになりますので。
4. Ninja  回答日時:2009/9/9 (水) 18:44
1609
こんにちは。
アイアンとドライバーのスイングの性質は別物だと私も思います。アイアンのダウンブローはそのままに。
同じ感覚と言えるのは、構えるまでの事前の動作と、打ちに行くまでのスイングのテンポでしょうか?

アイアンの習得には続けて何百球と打つと、身体が覚えて良い球が多くなるかと思います。

普段どういった順番で、各番手を練習されてるか存じ上げませんが、いきなりドライバーに持ち替えたりしてると、意識とは別に身体が勝手にアイアンと同じ動きをしてしまうかと・・・

参考になるか??ですが。

アドレスのチェックを基本に立ち返ってやってみてください。
ボールの位置だけでなく、スタンス幅(タイト〜ワイドにしたり)・グリップ・目線・球との距離など、1球づつ丁寧に確認しながらのショットを、いつもティーグランドに立つ時と同じルーティーンで。

極端にグリップを短く持って打つのも良いかと。

あと、実際のラウンドと同じような想定にして、例えばPAR5のホール。
ドライバー→FW/アイアン→ウェッジと1球づつ持ち替えて、1打目何ヤード飛んで、残り何ヤードを・・・って感じなイメージでシミュレーションしながら打つと、1打の集中力が保てるし楽しみながら練習できますよ!
5. 嫁よりゴルフ  回答日時:2009/9/9 (水) 19:08
1581
単にリストを使って打ち込んでいるだけになっていませんか?。単に打ち込むだけですと、確かにアイアンではフック系の球筋になると思いますが、ドライバーの場合は、ヘッドの入射角が鋭角となり、結果としては、良くて高さ3m程度のライナーボール、悪ければ低空チーピンボールorど天ぷらが出ます。

両足をくっつけて、手の力を抜いてフェース面でボールを運ぶイメージでボールを打ってみてください。最初は、たぶん打ち込んでしまうかもしれませんが、続けている内にボールを運べるように打てると思います。それが出来るようになったら、徐々にスタンスを広げて打ってみてください。

ここから先は、nobunagaさんと同様に、正しいスィングを求めて日々悩む者の参考意見ですが…

アドレス時にボールの真後ろにフェースをセットするかと思いますが、その際、体重移動を行わずに打った場合には、フェース面はボールの地面に接する地点で最下点を迎えることになると思います。(所謂払い打ちというやつです。例えば両足踵をくっつけて打った場合です)

これに対して、左サイドに体重移動した場合には、ヒッティングポイントがアドレス時より微妙に前にズレルことにより、結果として、スィングの最下点の手前でボールを打つことになりますし、ハンドファーストにもなるかと思います。(結果、ボールの先のターフが取れるということになります。)これは別にヘッドを鋭角に打ち込むということではありません。

よくトーナメント中継をビデオ録画し、これはというプロのスィングをスロー再生してみたりするのですが、この前のフジサンケイで最終組を回っていた武藤俊憲プロのスィングをスロー再生してみたのですが、バックスィングの最中に左足への体重移動がスタートし、スタンス幅の中ではありますが、左サイドに大きく体重を移動させ、ヒッティングポイントをアドレス時より前にずらしておりました。解説者もここまで左サイドに体重移動させるのは武藤プロぐらい?みたいなことを言ってましたが…

長くなりましたが、体重移動を正しく行ってボールを打っているのであれば、ヘッド軌道が鋭角ではないかと思いますので、ドライバーはボールの置き場所を左側にずらす程度で対応可能と考えます。ただ、あまり大きく左に移動しすぎると、振り遅れてしまい右プッシュのオンパレードになりますので要注意です。また、前上がり、前下がり、左足下がりといったライでは、体重移動を控えるのは言うまでもないかと思います。(これは、ゴルフの熟練度にもよると思いますが…)
6. 芝刈大好  回答日時:2009/9/9 (水) 19:21
1711
ウッドとアイアンはスイングが同じか違うのか?
どうも、この辺は意見が分かれそうですね?
その人の考え方、イメージに因って捉え方が変わってくるのでは?と思います。
それはそれで良いのではないかとも思います。

私は以前、周りの人からよくアッパーで振ってるよ。と言われていました。(ウッドは特に)

元来、私のスイングはインサイド軌道が強く、しかもアッパー軌道(故にバックスピン量は極少プラスフェースの下目にあたる所謂トップボール)の為に弾道に充分な浮力が得られず、失速する傾向にありました。その為に、当時大流行の高反発クラブは使い物になりませんでした。スキルも無いのにプロモデルの様な巷では難しいとされるモデルばかり使っていました(ある意味そのおかげで今のスイングに到達できたとは思ってますけど、回り道であった事は認めます)
弾道さえあがれば勝負できる自信はあったので、スイングを見直して(それまで判ってはいたものの直せなかった部分はあります)真剣に勉強(練習)して判った事、それはアイアンもウッドもイメージは同じ。違うのはボールの位置(セットアップ)と体重移動の量。

また、ビハインド・ザ・ボールのイメージもつかむ事ができたお陰でヘッドを走らせる事をマスターできたのも大きかったですね。


恐らく、nobunagaさんの今のスイングは(見ていないので、あくまでも想像です)ダウンブローの意識が強いあまり上体が突っ込んだ状態になっているのではないかと思います。アイアンの様な短いクラブではそれでも多少は何とかなっても、長いクラブは誤魔化せませんから(普通はウッドはカーボンでしょうから、スチールより動きが大きい事もあり)上から打ち込んでバックスピン過多になっているのではないでしょうか?

スイングはウッドもアイアンも同じイメージで良いとして(違うという意見は置いておいて)その同じツモリの大元であるダウンブローをもし間違って覚えていたとしたら、結果は見えていますよね?もう一度、よく見直してみたら如何でしょうか?


そして、「ビハインド・ザ・ボール」 これを研究してみる事を強くお奨めします。
7. Titxon  回答日時:2009/9/10 (木) 12:06
1661
おそらくドライバーの時はコックをほどくタイミングが早くなっていると思います。

アイアンはその重みで無意識にハーフウェイダウン(シャフトが地面と平行になるポジション)までコックが解けずくると思いますが、DRは軽く長いので意識的にコックをハーフウェイダウンまで維持するとヘッドがしっかり走ってドロップしなくなるでしょう。

あと、グリップのテンションが強すぎると思われます。
肩とグリップの力を抜いていきましょう。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop