ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,765
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,875
Q&A回答数
12,486
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ゴルフスウィングについて
9596
こんにちは。またまた質問させてください。ゴルフスウィングでインパクトの際、よく「腰は30−45度斜め前方を向いているが肩は正面をむいてインパクトする」ということを耳にします。私の場合、このように意識すると肩が開いてスライスしたりします。むしろ体とシャフトを同調させるイメージだとうまく打てます。テレビでタイガーウッズがセカンドショットの前に何度も体とアイアンを同調させるような素振りをしているのを見ました。バックスウィングでできた肩と腰の捻転差をそのまま維持してインパクトを迎えるのでしょうか、バックスウィングでできた肩と腰の捻転差を戻す(腰が肩の戻りを待っている)ようにしてインパクトを迎えそのまま体とシャフトが同調していくイメージなのでしょうか?ご教示の程、宜しくお願いします。
 関連用語: アイアン  インパクト  シャフト  スライス  ライ 
 回答数:6 | 閲覧数:28098質問者:Mickey Rourk  質問日時:2009/9/22 (火) 19:37 
Mickey Rourkさんのコメント
皆さま、ありがとうございます。なるほどタイガーはアプローチショットの感覚で素振りをしていたんですね、納得です。今日、練習に行ってきましたが、やはり「バックスウィングでできた肩と腰の捻転差を戻す(腰が肩の戻りを待っている)ようにしてインパクトを迎えそのまま体とシャフトが同調していくイメージ」の方が自分にはあっているようです。実際にはこれでも30度弱は腰が先行しえいるように思えます。YU-SO-YOさんはこれを支持していただいてるんですね。まだ自分にはこれ以上腰を先行させる技術はないみないです。切磋琢磨して少しでも方向性と飛距離をあげたいと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. nobunaga  回答日時:2009/9/22 (火) 20:29
1690
 僕に回答する資格があるかどうかはアレですが(笑)僕全く同じ事をレッスンで言われています。 僕はインパクトの瞬間30度程度の開きなのでもう少し開く方が更に飛ぶという事です。
 私も普段やっているスイングの方が振り易く当たります。(現時点では)
 そして、そういうスイングになりやすいのは上半身の筋力が多目で腕の長い”外人体型”の人に多いそうです。 しかし、このフォームは欠点ばっかりでなく、長所もあるそうです。それは”再現性が高い”という事なのだそうです。(使う筋肉が少ない分間違いの起る箇所が少ない)
 ですから、ミッキーさんが今後どういうゴルフを目指されるかによって修正すべきかしないべきか考えられたらよろしいと思います。
 そして、忘れがちなのですが、”スピードを速く回そう”でなく”腰を回転させる時期を早める”という事を要求されています。だってフィニッシュの形ではちゃんとターゲットの方を向いてるわけですから、廻す量を増やせというわけではないんです。
 私は、まずはやってみて合わなければ辞めるつもりで今練習していますが、具体的な練習方法は”テイクバックに5秒掛ける”という事を言われています。胸を凹型にしたイメージで肩を少しづつ捻ってトップを作って、切り返しより若干前に”くりっ”と腰を返しながらついでに腕が巻きほどかれるように前にしなっていき、ついでにボールをフェースに乗せて運ぶような練習方法です。多分、飛ばないだろうと思って試しにやってみると意外に飛ぶのが自分でもびっくりでした。
 私は伸びあがり癖もあるので、それもついでに治しているらしいのですが・・・

 参考になるかなぁ?(笑)
2. shingo119  回答日時:2009/9/23 (水) 22:57
1524
下半身主導で,クラブは体に巻きついて戻ってくるだけの体幹主体のスイングをされれば,腰は先行します。
逆に,手打ちスイングをすると,腰と体が同調したねじれのないスイングになりやすいです。

「肩が開いてスライスする」とのことですが,ダウンスイングで「脇が開いている」のではないでしょうか?

ねじれのないスイングでも問題はないと思いますが,
下半身主体の捻転差のあるスイングを身に着けた方が飛距離と方向性はよくなります。
少なくとも,飛距離は格段に違うと思いますし,方向性も一方向にしか曲がらないので,向上するはずです。

はじめは違和感があるかもしれませんが,
手に力を入れず,腰を先行させて腕が自然と戻ってくるスイングを試してみるとそのよさが分かるかもしれません。

腰が回って肩が残っているからこそ,インサイドアウトのスイングができます。(というか,肩が残っていればそれしかできません。)
腰と肩が同調していると,どうしてもアウトサイドインのスイングになりやすいです。

タイガーなどが肩と腰を同調した素振りをしているのは,あくまでもアプローチショットの感覚でセカンドショットを行っているのだと思います。
ゆっくり振って,フェースローテーションをコントロールされているからこそ,そのように見えるのでしょう。
タイガーの正面からのスイング写真を見ると,インパクト時に肩が残っていて腰が先行しているのが良く分かると思います。
捻転差も人一倍大きいと思います。
タイガーのレベルは違いすぎますので,その一場面を参考にしてまねをするのは非常に危険だと思います。

なお,
ねじらないスイングでも推奨されているプロやプロコーチもいらっしゃります。
ナンバ走りという昔ながら日本独自の走り方がありますが,
これを取り入れたスイングがその一つです。

説明をしようと思うとあれこれと記載しなければならず,非常に長くなりますので省きますが,「増田哲仁」氏の書かれた本がいくつもありますので,参考にされると良いと思います。
3. nobunaga  回答日時:2009/9/24 (木) 2:49
1586
 まさか、マイキャディで”ナンバ”という単語を聞くとは思わなかったのですが・・・一応それについては僕、専門家なのでコメントを。

 ナンバは”重心の移動に(結果)脚がついていく”という事が前提なので、必ず”移動”というものが付随します。ゴルフはショット時に歩を進める返る訳にはいかないので、ナンバそのものの動きは出来ません。
 おおざっぱにイメージしてほしいのですが、ボクサーが出すストレートは脚を踏み変えずその場で殴りますが、空手家は元々後ろにあった脚が前に来て突きます。あれがナンバに近いと思って下さい。運動力学的に言うと、空手家の突きの運動エネルギーの4分の一が下半身から、そして残りの4割が体幹から発生してるそうです。
 恐らくナンバ理論の方の言わんとする事は、体幹を捻じる事より前方に送り出す(遅く・重く)事を意識しなさいと言う意味なのだと思います。
人体は重いもので、運動エネルギーは”質量×速度”で成立していますから軽いもの(手やクラブ)を高速で動かすより、重いもの(体幹)を低速で動かすのは等価ですよというような意味でしょう。

 但し、非常に残念な事にナンバは簡単に身に着くものではありません。どんなに運動神経の良い方でも少なくとも2年の修行が必要だと思います。(むしろ運動神経は関係無いかも知れません。)
 練習方法は簡単です。毎日”アキレス腱”の姿勢で膝を90度に曲げ、すり足で畳の部屋を何度も往復するだけです。物凄くキツイですよ(笑)

 なんかゴルフじゃない話になっちゃいましたね。
4. シロナ  回答日時:2009/9/24 (木) 13:07
1726
たった0.1秒無いダウンで30度とか平行にとか考えるのは無理。

単にビデオで見たり、連続写真の世界です。

単純にトップに入った瞬間に、軽く左に乗る。

その瞬間ついていこうとする上体を腹筋でちょっと我慢する。

皆このくらいのことしかしていません、結局コースではリズムが一番ですから。

ただそう書く(教えると)金にならんからね〜。
5. わし  回答日時:2009/9/26 (土) 0:15
1523
形は“腰45度、肩正面”が基本だと考えています。
唯、あくまでもこれは形の描写であって、どうするとそうなるかの説明が抜けています。違う言い方をすれば、インパクトの形はアドレスから始まる一連の動きの経過であり、インパクト時だけ意識して作れるものではないと考えるのが正しいと思います。
結果が満足できるものであれば、あまりかたちにこだわらなくともよいのではないでしょうか。
因みに、”タイガーのからだとアイアンの同調”の意味がちょっとわからないのですが、タイガーに限らず、素振りの時も腰と肩の差はできています。
また、これはあくまでも想像ですが、“腰45度、肩正面”をインパクト時に意識するあまり、右肩が通常より下がりすぎていませんでしょうか?
6. YU-SO-YO  回答日時:2009/9/26 (土) 0:28
1557
間違いなく、後者です。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop